あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。

カテゴリ: ワイン

PB238297

さっきのエントリーでワイナリー巡りをおすすめしておいて、おい!って突っ込まれそうですがw
もしも車でどちらかがワイン飲めない環境にあった場合は、思い切ってワイナリーではなく、
審美眼のある酒屋さんで購入するのも手段の一つだと思います。

『新田商店』 http://www14.plala.or.jp/nittawine/info.htm

店主の新田正明さんは、ワインアドバイザーで、こんな本を出版されています。
彼が選んだワインはもちろん、特別に醸造してもらったワインなどかなりのレアアイテムがあります。
また元々は酒屋さんなので、ワイン以外にも日本酒も豊富にあります。
あと、ワイナリーではすでに売り切れになっているものが、こちらにはまだ残っていることもあるので、
(人気なものはすぐ無くなってしまいますが)
どうしても欲しいものがあったときはチェックしてみることをおすすめします。
 


PB238381

このブログにたどり着く検索キーワードを眺めていると、
改めて「日本ワイン」「山梨 ワイン」で来る方が多いです。

ということで、山梨のワイナリー巡りのご紹介をいたします。
1.時間がないけどワインを色々飲みたい人→ ぶどうの丘のテイスティングがおすすめ
http://budounooka.com/ 
ワインよくわからないけど、とりあえずどんな種類のワインがあるのか知りたいとか、
観光の合間にあまり時間をかけずに楽しみたい人にお勧めしたいです。
地下にあるワインカーブには200種類の甲州市推奨のワインがあり、1100円で試飲ができます。
タートヴァンという試飲用の小さなスプーンのような試飲容器に入れて飲むことができます。
まずは甲州で作られているワインがどのようなものがあるかを知るにはピッタリです。
そこで、好きなワインの傾向とか、好きなワイナリーを見つけて、次回にワイナリーに行ってみるというのがいいかなーと思います。

2.歩かないでワイナリー巡りがしたい人→ワインタクシーがおすすめ
http://www.yamanashi-kankou.jp/y-tabi/nature/bosyuchu/winetaxi2016-10-2017-3sunday-holiday.html 
基本的にはワイナリー巡りは電車や徒歩が基本です。
(地元に友達がいない限り・・・)
タクシーを使うというのも手段の1つですが、結構お金がかかります。
そんな時におすすめなのはワインタクシーです。決められたワイナリーにはなりますが、乗り合いバスのようにタクシーに乗ることができます。

① 石和温泉駅と笛吹・勝沼エリアを結ぶルート
 (石和温泉駅⇔白百合醸造)・・往復
② 笛吹・勝沼エリアのワイナリーを回遊するルート
 (白百合醸造→シャトー・メルシャン→ルミエール・ワイナリー→麻屋葡萄酒→白百合醸造)・・回遊ルート

複数のワイナリーに行ってみたい人にはおすすめです。

3.あまり大移動をしないでワイナリー巡りがしたい→岩崎地区がおすすめ!
PB238399

勝沼ぶどう郷の駅を降りてタクシーで甲州市勝沼町の国道306号線沿い、岩崎(祝小学校)で降ろしてもらいましょう。
この地域にはワイナリーが密集しています。
http://www.pref.yamanashi.jp/koshuwine/winerymap2.php
ダイヤモンド酒造、岩崎醸造、山梨ワイン醸造、勝沼醸造、蒼龍葡萄酒、イケダワイナリー…。
ざっとあげただけでもこんなにあります。どちらも無料、または有料で試飲が可能です。

PB238405

また、少し歩いたところには丸藤葡萄酒、フジッコワイナリー、まるき葡萄酒などがあります。
頑張れば1日で複数のワイナリーのワインを楽しむことができます。
ただし、朝7時くらいに新宿を出る必要がありますが。

PB238382


ワイナリー巡りのおすすめの時期、1番は、11月の第2週〜第3週だと思います。
ちょうどその年の新酒がリリースされる時期だからです。
ただみなさん同じことを考えるのでちょっと混んでると思います。
人気のワインは12月では売り切れている・・・。
冬の時期になると人は少ないですが、寒いです!
観光がてら行くのであれば、4月とかいいんじゃないかな〜。

ゴールデンウィークは電車が混んでるのでチケットが取りづらいし、
車の場合は談合坂がやばいことになるので着くまでに時間がかかります。
あと、収穫が行われる8月末〜9月はばたばたしているのでなるべく避けたほうがいいかなと思います。

私も全てのワイナリーを巡ったことがないので、もしおすすめのワイナリーがあれば教えて下さい^^


 

IMG_7226

私はロンドンが好きです!
これまで、自分が海外に行くとしたらフランス(語圏)か韓国か、という感じでしたが
去年に初めてUKに入国してから、大好きになりました。

ただ自分がこれまで若干不服だったのは、
メジャーなワインしか無い
ことでした。

デパートとかスーパーとか行っても、レアなワインがあるわけでもなく、
日本で流通してるものばかりだなーと思っていました。 
(Bond Street沿いにあるM&Sは割と良かった。唯一日本の甲州、くらむぼんのソルルケトが置いてありました)

それでロンドン市内のワインショップに行ってみたところあるワインショップがものすごくお得&品揃えがよかったのでご紹介します。

Liverpool Street駅のすぐ近くにある、『Uncorked』というお店です。
http://www.uncorked.co.uk/buying-from-us/bishopsgate-shop

ちょうどホリデーシーズンだったので、シャンパーニュの取り扱いが多分これまで見た中で1番でした!
しかもしかも、すごいのが、本当によくみるモエシャン&ヴーヴがほぼ取り扱いがなくて、目の前にあったのはビルカールサルモンやゴセにジャクソン!
フルーリーペール&フィスもありました。
IMG_7223

 センス良すぎくないですか。
お店に入った瞬間に、「あ、この店はできる・・・!(何が)」 って感じで
めっちゃニヤニヤしていたらお店の人に「そんなに嬉しいことでもあったのか」と言われてしまいました。 

IMG_7222

しかもマグナムがごろごろ転がってるのもすごい。東京でもこんな店はなかなかないと思います。
ブルゴーニュやボルドー、イタリア系も充実していました。
そして値段がかなりリーズナブルだと思います。

ロンドンだとBBRが有名だと思いますが、もし美味しいワインを買ってホテルで飲みたい、とか
お土産にワインを買って帰りたいワインラバーの方はこちらのお店を一度訪れることをお勧めいたします。
私は次に来る時も必ず行きます♪ 



多摩モノレールは山梨の若手醸造家グループ「アサンブラージュ」との共催でワイン列車を運行するということで、いってきました。
上北台駅 16:00頃出発 → 多摩センター駅(折り返し) → 立川北駅 17:54頃解散というスケジュールです。
定員150名 という、かなり倍率の高いイベントで、実際3回連続で落選していました。
今回は友達が偶然にも当選したのでご一緒させていただきました。

テーマは「各蔵元のワイン飲み比べ(甲州種とマスカットベーリーA)」と「醸造家の語らいを添えて」だそうです。

アサンブラージュさん(http://www.elevage.jp/)は山梨の若手醸造家のグループです。
他にもいくつかワイナリーのコミュニティーがあるのですが、こちらはメンバーが全員1970年世代の方たちの集いです。
結成当初は若手だったかと思いますが、日本を代表する人気ワイナリーばかりですね。
日本ワインラバーなら垂涎の甲州・マスカットべーリーA飲み比べ。

生産者の方が直接説明&サーブしてくださるのでとても恐縮してしまいます。


開いてる順から次々に出してくださるんですが、当日提供されるワインリストをしばし眺めて、
個人的に飲む順番を推敲します。
どんどん飲んでくと絶対わけわからなくなるので。
私は白が好きなので甲州種だけご紹介します。

・甲州
マルサン葡萄酒 甲州 百2015 かなり濃い。独特の苦味。
マルサンさんは昨年ワイナリーにもお邪魔して、最後ヘロヘロでしたが目がさめる勢いで美味しかったので、また頂くことができて嬉しかったです。百はプレスを強めでしているということで果皮のほろ苦さを強く感じます。

蒼龍葡萄酒 シトラスセント甲州2016 今年の新酒。フレッシュで軽やか。
よくとり鉄で頂くので焼き鳥にあわせる甲州!って勝手に思ってるんですが、今年もフルーティーでいい感じでした。

くらむぼんワイン ソルルケト甲州2016 柑橘系の爽やかさ。
今年のヴィンテージ。ソルルケトも爽やかでドライでシュッとしている印象。繊細な味なので白身魚やカルパッチョなどと合わせるのがいいかなぁと思います。

アルプスワイン Japanese style Wine 甲州2015 透明感がある、THE甲州系
スタンダードな甲州だと思います。色々こねくり回してない王道のスタイル、でも味は現代的な仕上がりというか、嫌みのない素敵な辛口で好きです。

塩山洋酒 甲州おりがらみ2016 無濾過でにごり。やや洋梨みたいな乳酸感
重川、ザルツベルグの表現とは全く異なるニュアンスで、こちらも面白かったです。

麻屋葡萄酒 勝沼甲州シュールリー2015 スタイリッシュ系しっかり辛口
深い果実味の味わいと奥深さ、コクのようなしっかりとした旨みを感じます。甲州とシュールリー製法ってやっぱり良いですね〜。後ろの方に持ってきても全く問題ない(私は)

ドメーヌQ ドメーヌQ φ 2015 甲州・ピノノワール・トレッビアーノ。ものすごい取りあわせ。
ドメーヌQさんのは前週にもいただいていたのですが、ご本人から頂けるとまた美味しさも格別ですね。



参加された方はいかにもなワイン好きという方はそんなに多くなくて、電車好きの人も結構多くいたようです。
気づけばモノレールの夜景とほろ酔い気分で、なかなか味わえない空気感でした。
こういうイベントに参加すると・・・行きたくなります・・・勝沼。

PB088273

11月は色々な匠の技術を見に行く機会がありました。
まずは会社のサークル「大人の社会科見学部」で実施した食品サンプル制作体験。

PB087994

衣です。
揚げているのではなく、ロウをお湯に入れているだけですが、
まるでフライヤーのようです。

PB087996
 
エビを入れて…

PB087997
 
衣をひっくり返していくとてんぷらが出来上がります。

PB088109
 
iPhone6と同じ大きさのエビ天。

PB088262
 

今のサンプルは樹脂で出来ています。

PB088261
 
よく見かけるサンプルが買えるということで、外国人にも人気らしいです。

元祖食品サンプル屋さん、どうもありがとうございました。 

PB238374

そして後半は、日本ワイン好き仲間と、日帰り10ワイナリー+1酒屋+1寺巡りをしました。
飲んだワインは53種類(私は25種類くらい)もはや変態の域。 

当日の足取り。
山梨市駅→新田商店→新巻葡萄酒→北野呂醸造→アルプスワイン→原茂ワイナリーでランチ→大善寺→勝沼醸造→イケダワイン→くらむぼん→ダイヤモンド酒造→マルサンワイナリー→ミル・プランタンでディナー→帰宅
日帰りではここまで出来ないでしょう。車を出してくれた山梨の友達に感謝です。

PB238297

まずは日本ワインといえばの新田さんの経営するお店、新田商店さんへ。
新田さんにいろいろお話を伺う。
至る所に垂涎もののワインが・・・
しかし新酒はもう早々とソールドアウトだったらしい。

PB238303

続いて新巻葡萄酒さんへ。(Facebook
普通に不動産屋さんのようですがれっきとしたワイナリーです。

PB238308

ワインもさることながら、試飲用のワイングラスがかわいい!!と盛り上がる。
笛吹市のワイナリーで以前作ったものらしい。
甲州とデラウェアとマスカットベーリーAをつくっているそう。
試飲の量が普通に多めで大盤振る舞い、ありがとうございます。


PB238314

次は北野呂醸造(http://www.wine.or.jp/kitanoro/)さん。
都内ではほとんど見かけることができません。

PB238321

ちょうど圧搾の液だしをされていた模様

PB238326

甲州、サンセミヨン、シャルドネ、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨンなどを試飲。
シャルドネ美味しかったです。

PB238323

手書きの値札が素敵。干支の湯呑みも素敵。

PB238329

 ネクスト!アルプスワイン(http://wine.jp/alps/
おしゃれな洋館風。
(ここはワイナリーです、レストランではありませんという注意書きがあってうけるなど)
PB238339

 天井たかーい、新酒を幾つかいただく。

PB238354
 
その後原茂ワイナリーでランチを食べて、大善寺へ。
こちらはぶどう寺としても有名なのです。
そして。。。。
PB238365
 
お寺でもワインが飲めるのです。
(そこまでするか

PB238372

岩崎地区までやってきました。
ワイナリーストリートです。
勝沼醸造さんへ。(http://www.katsunuma-winery.com/
1年ぶり3度目。。。

PB238381
 
いつものラインナップをいただきます。
ここにももう新酒なし。はやいよう。。。
PB238382
 
お次はイケダワイナリー。(http://www.katsunuma.ne.jp/~ikedawinery/index.html

PB238387
 
看板犬のシェリーちゃんはお昼寝中。
ここの樽熟甲州ほんとおいしいから買いたい。

PB238393

次です、くらむぼんワインさん。(http://www.kurambon.com/index.html
去年は入れなかったので今年は!

PB238396

たくさんの種類を生産されているんですね!ちょっとびっくり。
全部は飲めなかった。 

PB238399

ソルルケトがすっきり辛口で好きなのですが、ソルオリエントがとても美味しかった。
買いたい。

PB238403
 
猛犬に注意、がユーモラスな、ダイヤモンド酒造さん。(http://www.jade.dti.ne.jp/~chanter/)

親子でワインを生産されています。
PB238409

雨宮さんにご紹介いただきました。お忙しいのにありがとうございます。
あまりちゃん、美味しかったです。
PB238405
 
意匠がワインによってかなり違うテイストになっているのが結構気になっている。
ますかっとべーりーAは好きな方はマニアックにファンがいる模様。
わたしはこちらのシャルドネが本当に美味しくて大好きです。

日も暮れてきたのですが、最後にどうせだからあそこによってこう!と連れて行ってもらった
マルサンワイナリー。(http://wakao-marusan.com/
正直飲み疲れて正常な判断ができてないのですが、とてもさっぱりとしたお兄様でかっこよかった。
そして甲州の白、きりっと辛口で美味しかった。


PB238380

山梨市までは新宿から90分くらいで着くので、思い立ったらすぐ行けるのも楽しいところです。
私たちは修行並みに朝から晩まで飲んでましたが、普通に何箇所か巡るだけでも楽しいですよ。
 

↑このページのトップヘ