あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。

カテゴリ: 旅行

PA098202

10/9
やっと身体がなじんできた頃?
日本ではいつも昼過ぎまで何も食べないけれど、3日目にして朝ご飯も食べれるようになってきた。
今日はニースからモナコに移動。今回は移動に観光ドライバー兼ガイドさんをおねがいしていた。
予約したのはこちら:


http://www.mycotedazurtours.com/

ガイドのミランさんはロマンスグレーの素敵なおじさまだった。

PA098215


モナコへ出発!とその前に...旧市街をみてないという話をすると、「せっかくだから立ち寄りましょう」
と連れて行ってくれた。
旧市街でもMarcheがたっている。

PA098216

昨日のガチマルシェに比べると観光向けっぽい感じだった。
お土産によさそうな石けんとかポプリとか売っていた。


PA098218

ニースのハーバー。すごい船の数。
また空の青さが綺麗だな。
今日は途中で行ってみたかったVillefranche-sur-MerとEzeを経由してMonacoへ。

PA098225


Villefranche-sur-Mer!! Quelle belle plage!!
ニースの海辺は石だったけど、やっぱり砂浜が良いよねと思ってしまう。
北の方の海も行ったけど、やっぱり海は南仏の方が色が綺麗だ。
パリに住んでた画家たちがこぞって移住した気持ちも分かる。
いつか、ゆっくりここに泊まってみたい…。

奥の方に停まっている船はクルーズ船で、ニースに遊びにいくのにあそこから
小さな船に乗り換えてハーバーに向かうらしい。

PA098237
 
そのまま車を走らせて、山道を進んでいきます。
途中マドンナとか、有名人が所有している別荘地などを眺めつつ。

PA098238

かなり上の方まで進んできました。
ここまでくるにはいろは坂なみのくねくねした道を進んできてます。

PA098245
 
指差している方向、切り立った崖の上に見えるのが「鷲ノ巣村」ことEze
中世の面影を残している石造りの街。
かつてニーチェがこの地にて「ツァラトゥストラはかく語りき」の構想を練っていたとか…

PA098267

エズ村の、ちょうど一番上の辺りからのながめ。

PA098262

村の中はこの写真のような小径が入り組んでいて迷路のよう、少しカプリの市街のよう。

PA098290

どこを切っても様になる感じの壁。
この村の住人はほんとに少ないんだとか。

PA098298

そしていよいよモナコへ。
雰囲気で今までの街とは違うとわかった。
完璧に整備されている空間という表現がぴったりのような場所。
モナコに初めて来たときは冬だったし、小雨も降っていたし、あんまり記憶がない。
イタリア人ぽい人のおっちゃんのバールでパニーニ食べたことしか覚えてないので
今回は覚えていたい。

PA098316

ちょうど、衛兵交代の時間に重なったので見学。
この観光客の多さ!
今はオフシーズンで、特にドイツ系のリタイア組の観光グループがとても多かった。
これはちょっと意外だった。アジア人があんまりいない。

PA098324

ロンドンの衛兵に比べると白で粋な感じ?


PA098302

グレース王妃が眠る大聖堂
今でもバラがお供えされている。

PA098413

の、パイプオルガン。
こちらは比較的最近に新しいパイプオルガンにかえたそうです。
音色はこんな感じ。
 


Bach Toccata et fugue en ré mineur BWV 565


PA098391

F1好きな人はたまらないらしい、スタート地点辺りの風景。


 PA098385

Hotel Hermitage
http://jp.hotelhermitagemontecarlo.com/

PA098378

Hotel Hermitage

PA098363

ホテルのお部屋からの眺め。
港がよく見える。


PA098347


ウェルカムシャンパーニュ&ケーキ。
ランチ食べてないけど飲んじゃえということでLaurent-Perrierをいただきます

PA098375

昼からアルコールを飲んでぼーっとしてたら白いバラを届けにきてくれた。
頼んでないよ。こわいよ。
モナコはホテルもセレブってる。
庶民が来ては行けない場所だわ・・・
その後もカーテン締めるだけにホテルの人が来たりする。なにこれこわい。
いろんな意味でカルチャーショックを受ける。

気を取り直してもう一度観光しにいこう。
PA098392
今更感が半端ないけど…今年のうちに…
PA098399
お城の前にあった銅像。
PA098400
 城下街。お土産屋さんやカフェが密集している。
この辺の感じはカプリ島っぽかった。
ここら辺にあるモナコのチョコレートショップで2キロくらいチョコを買う(ほぼ密輸なみ…
板チョコのキャレショコラとボンボンアソート、シャンパンのチョコレートとオランジェットなどを購入。
オランジェットが個人的には一番おいしかったのでまた買いたい。
店員さんもかなり普通に親切なのでモナコでお土産買いたい人はこちらおすすめです。
PA098421
Grand Casino Monte-Carlo
止まってるのはベンツかジャガーとかフェラーリとか(止めていい車が決まっているらしい。)
PA108422
の、お隣にある、LE LOUIS XV
1人300€以上(お飲みものはのぞきます)というおったかーいミシュランの☆☆☆のお店。
そんなお店には分不相応なので行かなかった。
もっと年をとって、似つかわしい身分になって、その頃もまだ星を維持していたら行ってもいい。(上から。
しかしかつてBEIGEの小島景シェフはここで副料理長を務めていたとか…
そのキャリアに改めてすごいなぁとか思ってしまった。(その頃はニースにすんでいらっしゃったという)

PA108467

部屋からの夕暮れ。
どこを切り取っても絵になる街。
世界中から人が来る街。セレブが集まる街ってこういう感じなんだなぁと…
この後ホテルにあるスパで小一時間ほどガチでプールで遊ぶ。
ほんとモナコに何しにきたんだろって言うくらい…
多分ニースでも泳げなかったのでその腹いせに。
がっつり泳いで小腹がすいたので、あらかじめ予約しておいたCafe de Parisへ。
 PA108437
一応こぎれいな格好はしていった。
何飲む〜?といわれ、折角なのでシャンパン行っちゃえ!GoGo!とモエシャンを入れる。
PA108436

何食べよう〜?となったときに、カプレーゼとオニオングラタンスープ(外れなし鉄板)と
ミートソース()を注文
給仕係のおじさまはイタリア系な感じでダンディ☆枯れた感じがかっこいい〜

一応記載しておくと、フランスではパスタは鬼門なのでできれば頼まないにこしたことは無いと思う。
彼らアルデンテという概念がない。
ここのパスタは食べてないけど写真見る限りでは何となく残念な感じがしなくもない。
でも色合い的にはおいしそうだ。

さてさて。シャンパンも進み、そろそろ帰りましょうかとなったときに、
折角なのでカジノでも見ていこうよっていうことに。
PA108441
カジノ。まぁ基本は8割観光客が観光客ぽい格好でたむろしているのですが...
場内は撮影禁止。また入り口手前のオープンスペースの奥にプライベートルームがあって、
そこでは入場料が取られるガチなカジノっぽい感じでした。

ギャンブルは特に興味もないし、カイジとかアカギみたいに
「ざわ・・・ざわ・・・」
という空気でもなくて、そんなもんかなと思いました。

一応スロットマシンもあったのですが、めっちゃ90年代というか鬼怒川温泉のゲームコーナーにありそうなマシンだったので、こんなもんかなと思いました。

イメージ的にはボンド風イケメンおじさまが「ウォッカマティーニ」をバーで頼んでブロンド美女の色仕掛けを鼻で交わす的な展開を期待していたのですが、そんなことは転がってないですよね〜

悔しかったのでカジノの目の前で半沢直樹ごっこを動画でとって遊んでました。

そんなこんなでモナコの夜は更けていきました。



 

10/8 (火)終日ニース。


PA087974

朝8時頃。せっかく海岸沿いのホテルなので朝の海岸を散歩


PA087995

hotel:West End Nice
古いけど海沿いでテラスがついていて気持ちよかった。

PA088004

 ニースの海辺は石だった。19の頃に来たことがあったけど、
そうだったっけ、もう忘れちゃってた。

PA088025
 
空の蒼さと海の碧さの違う色のグラデーションが綺麗だった。




PA088037

シーズンオフの海辺のカフェも、一応早起きして開店準備

PA088042

町歩き。通りがかった先のケーキ屋さんのマカロンが極彩色。
しかも1.2€とは安いなぁ

PA088063

朝市を探して、トラムに乗って着いた場所。
地元の人が本気買いしにくるmarche。


PA088067

どれくらい本気かって言うと、あのバケツ一杯に林檎とかぶどうとかモリモリに入れる。
どうしても食べたくって、リンゴ2個とみかんを買う。
たしか40サンチームだった。爆安でしょ!
お姉さん綺麗だった。

PA088074

トラム用に整備された道沿いに、全部朝市。

PA088079

トラム終点まで行ってみる。特に何もなかったので引き返して、
今度はバスに乗ってみる。
途中下車して歩く。電気自動車のスタンドが街中に割とあった。

PA088093
 

Cathedrale Orthodoxe Russe St-Nicolas a Nice
(14時にならないと開かない。近くのパン屋でサンドイッチを食べて時間をつぶしてから入る)
ロシア以外の正教会でこんなに大きいのはここくらいだそうだ。


PA088107

綺麗に手入れされていた庭には薔薇が咲いていた。

PA088113

またバスとトラムを乗り継いで、Place Garibaldiへ。
さらにバスを乗り換えて、Mont boronへ
学校帰りのティーンが後ろに座っていて、皆Android(Galaxys 3とかXperiaとか)だった。
ニースに来てからiPhoneユーザーを中々みない。


PA088117

 Mont Boron
周辺は公園になっていて下っていけば浜辺につけるらしい。

PA088129

高台に来たので見晴らしの良い場所を探す。
ニースの街が一望できる!綺麗だ

PA088150

オレンジ色の屋根が統一感があってすてき
帰りがけにおっちゃんに話しかけられる。やたらオリーブについて話をされる。
おっちゃんはその後ずっとバスの運転手に話しかけていた。さみしんぼか。

IMG_4038

Figaroに載ってたニースのおすすめジャム屋さん、
Le Clos de Laureに行ってみる


IMG_4040

コワモテのおじさまだが話すととってもSympa!
今度京都に催事に来るらしい。すげぇ。
ジュードーを習っていたから日本文化にはとても興味があってずっと行ってみたかったんだって。
バラのシャンパンでつけたジャムとミニジャムを買う。

PA098175

ちょっと気分が良くなって、せっかくフランスにいるんだしシャンパン飲もうよということになり
肉屋さんでローストチキンのハーフやパンを買ってきて、夕焼けをみながら食べる。



PA098177

 ニース空港が近いからか飛行機が良く飛んでいる。
海辺の喧噪も10月となると少し静かで過ごしやすい。
バカンスシーズンはもっとにぎやかで活気があるんだろうなと思いつつ、紫外線も強くないこの季節は気持ちが良かった。

ニースの駅周辺は結構物乞いが多くて歓楽街チックな場所もあり、
治安が悪そうな雰囲気もあったけど海岸の方は観光客が多いから比較的安全か・・・?
気をつければの話だけど。 

最近記憶の衰えるのが早いと自覚するようになったのと
去年から使い始めたMBAに取り込んだ写真が既に6000枚になってしまい
このままだとまた容量不足に悩まされてしまうと思ったのでこの前の旅行の分から色々整理。

久しぶりにニース→モナコ→パリに行ってきた。
まずは初日の移動分から。
PA077916

スイスインターナショナル161 成田発 10時25分 チューリッヒ 15時50分
機材はA340-300 2-4-2  


PA077920

日本上空。

PA077921

スイスエアは太っ腹でスパークリングワインをくれた。
さらに白ワインもいただいて気分が良い。そして程よく寝た。
12時間ですからね…前半寝て後半起きておく作戦で時差ぼけ回避

PA077939

ロシア上空、川の周りに穴のあいた水がたまった土地が沢山あった。
ちょっと気持ち悪い...

PA077942

チューリヒ上空。
三角の屋根がかわいい。

PA077943

上陸。

PA077945

赤と白が効果的に使われている空港。

PA077948

謎の電車(無人)に乗って乗り継ぎ。

PA077952

トランジットでも何か現地のものを食べたいのがお約束。
ドイツ語風味の英語。
スイスフランは持ってないけどユーロ支払い可能。
店員さんがめっちゃ親切だった。チューリヒいいとこ!

PA077953

プレッツェルが食べたかったの!!
ココアであったまる。

PA077956

愛するBalisto(フランスとスイスでしか見かけない)と
BOUNTY(成城石井が取り扱いやめてしまったので今回大量に持って帰る)をとりあえずキオスクみたいなとこで買う。

PA087960

スイスインターナショナル560 チューリッヒ発 17時05分 ニース着 18時15分 A340-300
欧州線に乗り込んだ瞬間強い香水の香りにノックダウン。
老若男女問わずいろんな香りつけてる。

PA087963

ニース到着。ホテルへ。

PA087968

Promenades des Anglaisという海岸通沿い。

IMG_4010

初日からフレンチを食べる気になれなくて、ふらっと歩いていて見つけた
キューバとかラテン系なお店 La Havaneに入る、店員のお姉さんがモデル並みの超絶美人だった。

IMG_4011

そして料理がめっちゃ美味しかった。
まわりもアメリカ人とかニースの若い子(なんか合コン的な初々しい飲み会をしていた)が多くて、観光客でも入りやすい感じ。(多分)
そして謎のラテン音楽弾き語りがあった。
とにかく北欧系のスレンダー美女店員が美しすぎてやばいという思い出。
もしもまたニースに行くことがあったらまた行きたい
 

 


f:id:amer_sucre:20130504184754j:plain


 雲丹が好きだ。


 


某キュレーションサービスでおいしい雲丹が食べられるまとめを作って、
(「うに」「都内」でぐーぐる検索するとトップにでます。)
会社の有志で「雲丹会」として月に1回程度、おいしいウニを食べに行く(ついでにおいしい日本酒やらを飲んだりする)活動をしています。

この前みんなで飲んでいるときに、銚子においしいウニを食べられる店がある、という話がでて、

じゃあいつ行くのか?

「今でしょ!」

ということで、春の遠足に行ってきました。

せっかくなので、春っぽいことをしたい、という希望でイチゴ狩りもすることに。

当日は雨だったんですが、雨天決行〜!
途中、幕張のPAに立ち寄り、柏餅をぱくつきつつ


川口イチゴ園さんへ。
「アイベリー」という品種がまいうー!ということで、そのイチゴ畑につれてってもらいます。


f:id:amer_sucre:20130421115043j:plain


どーん。
ハウスの中なので雨も関係なかった☆
一面のいちごちゃん。甘〜い香りが広がる乙女空間☆
しかもこの天気でイチゴ狩りに来る人もいないので貸し切りでした。


f:id:amer_sucre:20130421114307j:plain


いちごかわうぃぃよいちご。
30分で1500円位だったかな?

○○狩りにくると半分以上写真撮るのに時間を使ってしまう。
食べろとおこられたのでちょっと食べた。甘くて酸っぱかった。


f:id:amer_sucre:20130421115252j:plain



イチゴの白い花と赤い実ってウェッジウッドの茶器を彷彿とさせますね。
ちなみにお土産も購入できます。家に帰ってまた食べられるのもいいですね。

そして…
話題のウニが食べられる本日のお昼はこちらで!
魚料理 常陸


f:id:amer_sucre:20130421144736j:plain


銚子まで東京から2時間半くらいかかったような..


志村けんさんや有名な人たちもロケなどで訪れているようでした。
お店の中はお昼も過ぎているのに人がいっぱい。
お座敷に通してもらって、今回はお昼の丼ではなくお刺身メインで注文しました。


f:id:amer_sucre:20130421133804j:plain


お刺身の盛り合わせ。白身魚が多めでうれしい


f:id:amer_sucre:20130421134514j:plain


 


ぼたん海老
頭は外してあります。


f:id:amer_sucre:20130421134622j:plain



金目鯛。甘くておいしかった
ほんでもって


f:id:amer_sucre:20130421133809j:plain


ウニです。どーん。
2人前頼みました。これは1人前分。

甘くておいしかった〜!!



今までいろいろウニを食べてみて、種類とか、保存の方法とか、いろいろ味が変わることがだんだんわかってきました。


北海道から直送でおくってもらったウニはとろけたし、おいしいお寿司屋さんのウニは上品なお味でした。イタリアのカプリ島で食べたウニは塩辛かった。
千葉で食べたウニは格別に甘くておいしかった!


きっといちごのせいかな。


 


帰りに銚子のウオッセというところでお土産に銚子のぬれせんべいとヒゲタ醤油を買いました。
銚子は醤油が有名なので、今度は工場見学に行ってみたいな。


今回日帰りの12時間の小旅行だったけど、車でみんなでわいわいいいながら
お出かけできてとっても良かった。


 


会社で知り合った仲間と、たまにおいしいウニを食べて、おいしいお酒を飲んだりして、
っていうのはまぁよくあることだけど、土日にみんなでどこかにいく機会っていうのはあんまりない。
だから、沢山写真を撮ったり、PAのたこ焼きで笑い転げたりっていうのが、すごく楽しかった


また近いうちにどこかに行きましょう。
つぎはさくらんぼ狩りからのウニで!


 


 


 


 


 


↑このページのトップヘ