あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。

カテゴリ: 音楽

画像1


この前通院でたまたま有楽町から晴海通りを渡ろうとして違和感を感じました。

あれ?なんか、あれ?
みたいな。
気づいたら何か空間ができてるんですよねソニービルの向かい。

モザイク銀座阪急ビルがなくなってるんですね。
そういえば閉館してたっけ…と思いつつ、
そこにあるはずのものがなくなるのってすごくしんみりしました。


しんみりといえば、かつてモザイクにも入ってたHMVですよ。確か数寄屋橋店だったかな。よくいったなー。
有楽町にはもう1店舗HMVがあって、銀座インズという高速の高架下の商業施設に入ってました。
大学時代初期はケーキ屋でバイトしていてよく空き時間に有楽町〜銀座の街をフラフラしてたので、HMVは本当によく行きました。ただジャケット見て試聴してるだけで時間潰せたし、POP読むのも好きでした。
残念ながら今はもうどちらもありません。

HMV渋谷店が閉店したというのは自分にとって大ニュース過ぎて、今でもやっぱりセンター街に行くとあの階段をみてしまいます。もう3年も経つなんて信じがたい…。
とにかくあそこに行けば大体なんでもある的な信頼感がありました。
海外のクラブミュージックとかも割とあったりして、特に買いたいCDがなくても、とりあえず渋谷にいったら3階〜4階をフラフラしてました。それで大体何枚か買ってました。

あと渋谷だけじゃないけど店員さんがすごい物知りで、いつもパッとCD見つけてくれたし、例えば有線でいまかかってるこの曲欲しいんです!て言ったらちょっと調べて出してくれたりとか、とても親切なひとが多かったです。

最近は店舗減ってしまったけどたまに目黒に行って買ってます。私はCDはなるべくお店で買いたい派!輸入盤は安いし。

今は音源自体がデジタル化されていたり、レーベル所属してなくても販売が可能なプラットフォームがあったりして、既存の手売りは商売として難しいと思います。

そもそもいまの10代の子たちは本当に音楽にお金を払うという概念が、薄れてる…みんながみんなそうじゃないとは思うけど、多分優先順位はすごく下がってる。

海外のアーティストとかもCDの売り上げをはなからある意味放棄して、Soundcloudや、Youtubeに自らアップしています。
そうする事で話題をつくってiTunesとかで売る努力をしたり、コンサートで稼いでたり…

日本の市場もそろそろ変わるのかなー?

そうなるとますますオフラインのビジネスの幅が狭まる一方だなーと思う。そう言う世界を支持しているのは消費者なんだけど。

でも、渋谷ってイメージ的に日本の中で最先端のカルチャーを発信してないとダメな街で、それなのにヨーロッパやアメリカで流行りまくってるAviciiとかJack BeatsのCDを売ってないTsutayaじゃアカンと思ったのです。HMVならあるからねー。

やっぱり渋谷にHMVが無いのはさみしい。発売日に欲しいものは妥協してTsutayaで買うけど、やっぱりCDはHMVで買いたいー。
とにかく規模小さくて良いから早く復活してほしい。

ちなみにタワレコでも良いんだけど、あの距離は結構ネックだわ。



LADY GAGAのARTPOPを買いました。
発売日当日に渋谷のTSUTAYAで買いました。
AviciiのCDがなぜか蔦屋にはなかったのでヒヤヒヤでしたが、
でもガガ様は流石にありました。よかったよかった。
(渋谷のHMVがなくなったせいで色々不便でございます。
なぜならTSUTAYAの品揃えがおかしいからでございます。)

さっき家に帰ってきてとりあえず1回目を聞いています。
疲れているからなのか、極度にPOPだからなのか、あまり頭に入ってきません。
多分この曲は家のステレオで聞いてはいけない類なのかもしれません。
クラブの大音量で聞いたらさぞかし気持ちいいかもしれません。

でも、我らが爽やかイケメン好青年DJ☆ZEDDプロデュースの曲が3曲もあったので
眠い目をこすりながら聞いてます。

こちらが1曲目のAURA

基本はDJ White Shadowのプロデュースがメインですが、
ドサクサにまぎれてMADEONとかDavid Guetta師匠とかも楽曲提供してて
EDMオムニバス感があります。年末年始はこの1枚でかなり盛り上がりそうな予感!
はやくOWSLAメンがRemixしてくんないかなとか妄想しています。

今回のアルバムはBORN THIS WAYでの表現が支持された(商業的にも、話題的にも)という勝利を皆で祝おうという趣旨の曲がメインのようです。
また、根底にあるのは彼女が敬愛しているAndy Warholの世界観なのだそうです。

最初のFAMEが狂気の固まりだったとすると、リリースの度にPOP側に洗練されていってる感じがしますが、その辺りも踏まえて後でちゃんと聞き込むとします。

通して聞いて最もかっけえなとおもったのは、10曲目DONATELLAからの11曲目FASHION!でございます。
彼女がFASHIONという言葉を使う時、やはり頭に思い描いてしまうのは1人の天才です。
もし、まだアレキサンダー・マックイーンが健在であれば...今の彼女にどんな服をデザインしたでしょう。
悲しみを乗り越え、癒す原動力の一つが音楽だったり芸術なのかなと思ったりします。

そしてポップ・カルチャーこそがアメリカの生んだ最高のアートなのだとしたら、ARTPOPというタイトルはとても美しく感じます。
 

1曲1曲のトラックレビューはプロの人のやつを読んでいただけると雰囲気が分かるかと思います。
 

画像1


11月になった。
今年もあと2ヶ月。残り営業日約40日。
年内に何ができるか?
走り続けるしかないな!

走り続けるためには適宜水分補給をしなければならない。
私にとっての水分補給は良い音楽を聞くことだ。

10月は日比谷野外音楽堂にて、大好きな指揮者、井上道義氏×新日本フィルの野外コンサートを見にいった。

元々彼が気になるようになったきっかけは、ショスタコーヴィチの作品をよく振っていたから。
そして、2007年に日比谷公会堂でショスタコーヴィチ交響曲全曲演奏会を見に行ってからすっかりファンになった。
彼の五番は素晴らしかったー。もう一度聞きたい。

今回は野外ということで、正座して残響込みで聞くというよりはライブ感覚で楽しむがただしいかなと思い、最前列で見てきた。

曲目は
J. シュトラウス
常動曲
久石譲
あの夏へ(千と千尋の神隠しより)、魔女の宅急便、となりのトトロ
マーラー
交響曲第7番5楽章
チャイコフスキー
くるみ割り人形より「あし笛の踊り」

アンコール
ムソルグスキー
展覧会の絵

オケのメンバーはTシャツというラフな出で立ちで。マエストロは背中にヴァイオリンの派手なベストで。
子供も楽しめるコンサートに、ということでMCも陽気に。
ジブリメドレーは美し過ぎて身悶えした。
弾き振りも、いいですね。

そして続くマーラー。いま思い出しても、やはり、凄かった…。

初秋の風の香りに、沈みゆく夕景に、ざわめく木々に、鳴り響く鐘の音というシチュエーションも堪らなく美しかった。
壮大な音の洪水に意識を持っていかれそうになりながら、コンサートホールではない野外ならではの、演奏家の息遣いを楽しむ。
この曲は確かに、ライブ向き。

できればラストだけでなく、全編通して聴きたかった。まあ、7番は70分越えの大作なのでこのプログラムでは無理だけど。

MCで井上さんはこんなことを語っていた。

今は何でも手に入る世界になって、でもそのせいで、いっぱい悩まなくちゃいけない。スーパーにいけば、ジャムだけで何十個も種類があって、そこから選ばなきゃならない。
そんなことを、ずっと昔にいきてたマーラーは、予測していたのかなぁ。


笛の踊りはPA無しで音の振動そのものを楽しんで欲しいという演出をしていた。

予定ではここまでで、最後はアンコール。
(アンコールしてくれるとは思わなかったので、テンションがあがる。w)

展覧会の絵のラスト、Great Gate of Kiev。

この曲は昔から大好きで、とても思い入れがあるので、正直とても嬉しかった。

優美なコラールから鐘が鳴り響くコーダへ。そして主題が壮大なラストに帰結する。ぶるぶる震えた。表現がおかしいが、五感がやられる感じ…

画像1


気づけば日はすっかり暮れていて、楽しい音楽の時間はすぐにすぎてしまったのだけど、今回も、沢山の元気をもらえた。

井上さんの指揮は、見ている人を元気にする。

それはきっと、作曲家や演奏家に敬意があって、その上で御自身がどう表現したいかの信念があって、それが素直に伝わってくるからかなあと思ったりする。
好きだから、そういう感じ方になるのかもしれないけれど。

もし機会があれば、ぜひまたショスタコチクルスをしていただきたい!といううっすら期待をしつつ…。

コンサートホールで畏まって聞くというスタイルではなくて、敢えて野外で気楽に聞いてよ、というスタンスもとても素敵な試みだと思った。

野外クラシックフェスみたいな感じで、在京オケの対バンでプログラム組んだら凄い面白いから、ぜひフォルジュルネあたりで企画していただきたいな。

 


 f:id:amer_sucre:20130504161152j:plain


5月の話になりますが、東京国際フォーラムで行われていた


ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013のコンサートにいってきました。


申し込んだ公演はラムルー管弦楽団/フェイサル・カルイ指揮/ピアノソロ小山 実稚恵の


ラヴェル縛り。亡き王女のためのパヴァーヌ、ピアノ協奏曲 ト長調、ラ ヴァルス。


 


クラシックのコンサートに行くのは2011年12月25日に大阪のシンフォニーホールで行われた大阪フィル・井上道義さんの第九以来なのでかなり久しぶりになってしまいました。


本当はもっと頻繁に行きたいのですが平日18時半開場19時開演に間に合わせるのは難しいので、やっぱり中々行けないです。


22時くらいからミッドナイトコンサートとかやればいいのに…


そういう意味でLFJはゴールデンウィーク中に一日中開催するお祭りなのでとても気軽に参加できます。


今回申し込んだのは佐渡さんが昔在籍していたラムルー管の公演を聴いてみたかったことと、ピアコント長調を久しぶりに聴きたかったからです。


ほかにもいろいろ聴いてみたい公演が沢山ありましたが、あいにくすでに完売。


19時からの公演だったので夕方に出かけていきました。


混雑していましたが、屋台が出ていて野外コンサートも行われていて、かなり楽しい雰囲気。


今年はパリ、至福の時というテーマで、フランス系の作曲家がメインで取り上げられていました。


f:id:amer_sucre:20130504163418j:plain


スパークリングワイン!


テンションあがりますね。ほかにもビールやサングリアなんかもあって昼下がりに飲みながら音楽を楽しめるなんて最高じゃないか。てな感じです。


 


このイベントは有楽町・丸の内界隈で街をあげてのイベントになるので、期間中こんな催しもしていたようです。↓有楽町駅前でフラッシュ・モブ



 フラッシュモブって海外ではかなり流行ってますが日本ではあまり見かけない...これ見たかったなぁ。

19時からの開演に間に合わせて東京国際フォーラムのホールAへ。


5000人収容でほぼ満席って相当ですね。チケットが破格なんですが改めて集客力の高さを感じました。


パヴァーヌは甘美でただただ美しくて涙腺がゆるみそうになりました。
ピアコンはのだめでも使われていたしかなり有名だと思いますが出だしのピアノの音が美しすぎて鳥肌。小山さんのピアノとても心躍る素敵な演奏でした。


個人的にも軽快でジャズの空気が感じられるこの作品がとても好きです。


La Valseは初めて知ったのですが原曲はラムルー管がかつて初演した曲だったのですね。


退廃的に変化していきながら、とても華やかな演奏で心地よかったです。


 


演奏終了後、客電がつかないなと思っていたら主宰のルネ・マルタン氏が登場。
『ラムルー管はLFJ東京では初の登場ですが、日本とはとても深い縁があります。
17年間、長い間日本人の指揮者とともに歩んできました。皆さんもご存知でしょう、ユタカ・サドさんです。』


えっ!まじで!


ホールにいた観客が全員奇声をあげていました。「えー!!!ぎゃー!!」みたいな。


クラシックのコンサートでこんなサプライズ、あり!?


佐渡さんの指揮、いままで見たことないし、しかもオケのメンバー増えてるということは演奏するんですか!
挨拶も程々におもむろに指揮台の上に。


そして流れ出したスネア。
ボレロだー!!!!


まさか佐渡さんとラムルー管で聴けるなんて、信じられない!!多分もう一生ない!!


アドレナリンが高まり過ぎてやばい!


佐渡さんが両手でオケを煽る度に熱がこもっていきました。とにかく熱い。


脳内ではこの前フィギュアで踊られてたコストナー姐さまのお姿とジョルジュ・ドンのバレエが再生されていました。


ラストはブラボーの嵐。


そういえばオケのメンバーも感極まったのか泣いていました。


1度のコンサートで、同じオケで、新旧の首席指揮者の演奏が2回楽しめるなんてことは通常では考えられないだけに、終わってからもずっと余韻が残っていました。


うまくいえないんですけど、やっぱり指揮者の価値観や音楽性によってオケの音ってこんなに違うんだなということが初心者でもはっきりわかりました。


 クラシックって結構敷居が高い雰囲気があってコンサートとかも中高年のお客様が多いし未就学児は入場不可だったりしますが、そんなに堅苦しくない感じで聴きに来れるのはとてもいい試みだと思います。 海外の有名指揮者の名演をCDで聴くのも素敵ですが、やっぱり生演奏ってライブなので、 演奏者の息づかいが直接感じられるのは躍動感があって、興奮します。 このイベントでは子供のためのコンサートもあって、情操教育にはぴったりだと思います。


  


公式のレポートはこちらをご覧ください。http://www.lfj.jp/lfj_report/2013/05/post-991.php


 


 


 


 今回も長いよ。 

f:id:amer_sucre:20130512003748j:plain


2013年にKRAFTWERKのコンサートが9年ぶりに日本で行われています。 
先行予約で購入できた2公演分をずっと楽しみにしていました。
でも、やっぱりどうしても見たい...先行予約でもすぐに売り切れになってしまった


THE MAN MACHINE.


当日券売ってないだろうな
でも赤坂近いから散歩ついでに雰囲気を味わってこようかな
なんて思ってたら、Twitterで当日券販売の情報が!!!Wirklich!?
思わず忘れかけたドイツ語が出てきてしまうくらい驚いたので速攻家をでました。


当日券に並んでいる方は3名、グッズに並んでいる方はすでに50名(!
信仰心の厚い方々が沢山いらっしゃいました。バッグを購入したい方は午前中から並ばないとだめなのかも...


無事に当日券を購入できました。ウドーさんありがとう。これで参拝できるよっ



f:id:amer_sucre:20130512004251j:plain


16時開場で、沢山の人が集まっていました。
全体的に赤とか黒とか青とかな服を着た人が多かった!
昔のTシャツを着てきてる人とかもいて、気合いはいってる感じでした。
みんなすごいうれしそうだった。


緞帳にはいつものグラフィックが浮かび上がっています。
今回は3−Dコンサートということでメガネを渡されます。
また、通常のコンサートと違うのは、8枚のアルバムの楽曲をテーマに毎回選曲が微妙に違うということです。
スマートフォンでの写真撮影はOKということで撮影した写真を掲載しています)


f:id:amer_sucre:20130512004318j:plain

 

そして、参拝...もとい
開演。

イントロのTHE〜で声援と拍手。
1曲目は THE MAN MACHINE

初めて見たときに感じた衝撃をまだ覚えてるくらい

VJが凄かった。

今はDJが後ろでVJ流すのは当たり前だけど、当時は凄いなって思った。


f:id:amer_sucre:20130512004340j:plain

 

後半。

AUTOBAHN,RADIOACTIVITY,TRANS-EUROPE EXPRESS

と定番曲が続きます。

RADIOACTIVITYは日本語歌詞で歌っていました。
5/12 追記:RADIOACTIVITYの日本語版歌詞は日本でだけ歌っていた訳ではなく、
ロンドンのTATE MODERNでも日本語版で歌われてたのですね。


(神の深い怒りと悲しみを感じました…思わず泣きそうになってしまった)
TEEはライブ向きの曲だと思います。
というか今回かなり重低音がゴリゴリいうようなアレンジをしていて身体が勝手に動きました。

 

そして、

NUMBERS

からの


この業界に入った理由の半分はこの曲です。

というのは嘘です。

でもこの曲を聴きながら作業するとすごく集中できるのでおすすめです。

 

 

f:id:amer_sucre:20130512004412j:plain

 

そして

一番好きな曲

COMPUTER LOVE

 

原曲もComputerliebeもTHE MIXバージョンも好きだけど
今回のもすごくすごく素敵だった〜

この曲はCOLDPLAYTALKという曲でサンプリングとして使われています。


 

f:id:amer_sucre:20130512004429j:plain

 

TOUR DE FRANCE は1983と2003の両方。

繋ぎの部分がかっこ良かったです。

 

今回とても嬉しかったのはEXPO2000(PLANET OF VISION)を演奏してくれたこと。このアレンジも凄い良かった〜クラブでかかってたら普通に踊れるよ。

 

 

f:id:amer_sucre:20130512004448j:plain

一番綺麗に撮れたHerr Ralf Hütter.

 

楽しい時間はあっという間ですね。

でも、正直また日本に来てくれるとは思っていなかったから

今回とても嬉しかったです。


大学生の時に初めて「THE MIX」を聴いて以来、ずっと彼らの音楽を愛しています。2002年はずっと「COMPUTER WORLD」を聴いていました。その年の9月に初めてコンサートに行きました。Cité de la Musiqueというコンサートホールで、既にチケットはソールドアウトで、さらにその頃は全くお金がなかったけど、どうしても見てみたくて現地に行ってアラブ系の人から70ユーロでチケットを買いました。最初100ユーロっていわれたけど、超絶悲しい顔をしたら70まで負けてくれた(それでも正規の2倍だった)。


すでに開演していたので、慌ててホールの中に入ったとたん、その世界に引き込まれました。音と映像のシンクロがすごくて、まだまだ若造だった自分は、とても衝撃をうけました。


あの頃はSONYのVAIO4台でプレイしていました。


そして2004年3月に渋谷AXで行われたコンサートにも運良く行くことができました。新譜のTOUR DE FRANCEのツアーということでアルバムの曲をメインで演奏していました。スペーシーな感じに仕上がっていてとても感動しました。


あの頃は、まだYoutubeもSoundcloudもなくて、ライブの余韻に浸ることなんてできなくて、いわゆる新宿西口の怪しいCDショップでブート盤を買っちゃおうかな~なんてかなり本気で悩んでいたこともありました(でも結局お金なかったのでトリビュート盤買うくらいしかできなかった)


10年近く時が流れて、ようやく「COMPUTER WORLD」な世界観が現実なものになってきたなぁと思いました。


そして、今回の曲のアレンジがかなり今っぽい感じになっていたのも驚きの一つでした。さすがでした。音源欲しいなぁ。


ストーンズのミックジャガーみたいに、まだまだ現役で、長生きしてほしいです。

ちなみに、KRAFTWERKファンの多くが良く「神」とか「参拝」とか「詣で」とかいうことを言っているのですが、これはかつて日本にあった有名なファンサイト「KRAFTWERK神社」から来ているものです。サイトは閉鎖されてしまったのですが、情報量が多くて本当に参考になりました。
ありがとうございました。



 

↑このページのトップヘ