あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。

カテゴリ: 音楽


今年はようやく日本の音楽業界もスタンスが変わるとおもいます。
くるくると言われ続けたSpotifyの日本上陸は結局まだ来てないのですが!!
それの上位互換といってもいいくらい良いアプリになっている「AWA」
みんな使った方がいいよ。
AWAに足りないのはアーティストのプレイリストが楽しめないことだけど、 
国内向けにローンチするなら755みたいに人気のあるアーティストと契約して作ってもらえばいいわけだし
多分成り立つと思います。

そして、ずっと応援していた「LINE MUSIC」もティザーサイトが公開されています。

そして、Appleも音楽に本腰入れてきましたね。個人的にはBeats1のラジオ配信が興味ありますが
どうせなら年中無休でフェスの配信でもしてくれたら月3000円くらい払ってもいい。
そしてこの方のブログがかなり自分的にもしっくりきた。




定額配信ってどうなの?
という疑問を持っている方も多いと思います。

さいきんの若い子って音楽全然聞いて無くない?
ランキングチャートやばいじゃん。
そう思っている人も多いと思います。

でもこのイシューについては私は1つだけささやかな反抗をしたい。

私はTwitterで完全な音楽アカウントを持っています。
基本的には自分が傾倒しているEDM系リスナーのフォロワーしかフォローしていません。
大体300人弱ですが、14歳~20歳がメインです。

EDMの人気はヨーロッパやアメリカで爆発的に人気になってから周回遅れで日本にもようやく定着し始めました。リスナーの半分は10代だし、単調なビートで何のひねりもないサウンドがもてはやされていることに従来の洋楽ファンの方は辟易しているという話もききますw。
当然、それらはオリコンのランキングでは10位以内に入ることはないです。
だって握手券をつけてCDを売ることを目的としてないから。
 
彼らはどうやって新曲を聞いてるんでしょうか。
好きなアーティストはTwitterでフォローしてれば、新曲のティザーをどこかに上げてます。
または自分の仲間内でRTしまくって、誰かが教えてくれます。
基本的にはいまの子たちはiTunesやBeatpoatなどで買う人が多いし、もっというと「買わない」です。
YoutubeやSoundcloudで済ます人が多いです。
でも、皆流行りの曲(主にUSチャートやフェスでかかる曲)はほとんど把握しています。
正直言って情報量の違いに驚かされます。
今や売上=流行ではないんです。 
彼らはなんでそんなに貪欲に日本でたいして流行ってない曲を聴きまくってるんでしょうか。

DJのイベントでは、自分の曲をひたすらかける人よりは流行りの曲のアレンジをかける人の方が多いです。
より多くの曲を知っていないと盛り上がることができません。
日本ではあまりかからない曲もあります。
でもイベント行くとみんな狂ったようにジャンプしてるし、みんなでシンガロングできます。
この共通体験の共有というものに、今の10代の人たちは非常に敏感だと感じます。 

「Iの時代からWEの時代へ」
と誰かがTwitterでつぶやいていましたが、その通りだと感じました。

音楽というものを「形ではなく」「空気のように」受け取れる人たちがいまの若い世代だと思います。
よくわからない音楽ライターのライナーノーツなんかより自分たちの方がよっぽど情報をおえていたりして、
ブログで発信している人も多いです。
好きなアーティストの音楽とはいつでもつながってたいし、誰より多く情報がほしい。
好きなアーティストが渋谷で寿司を食べてたら場所を特定して会いに行って自分の音源を手渡ししちゃうような子たちもいます。
フェスのためにマイアミやベガス、韓国くらいまでならノリで行っちゃうような人たちがわんさかいます。
正直言うと、デビューしてないふつーの素人の方が、よっぽど行動力があるように思えます。 

これは自分がすきなジャンルがそうだからであってすべてのジャンルに当てはまるとは限りません。
ただ、EDMというジャンルのシーンはアーティスト自ら発信して拡散し、イベントで本領発揮するという今のシステムに非常に適していると感じています。
流れてくる音楽をただひたすら消費するのに、1枚2000円もするCDを毎回買っていたら、破産します。
そういう意味では、定額制の音楽消費システムは非常に理にかなっています。

別に音楽を聞かなくなったわけじゃない、フォーマットが今の形に合わなくなってきただけ。
それを日本でも証明する年が「2015年」であってほしいし、そうであるべきだと思います。
そして、日本のマーケットが小さいと感じるのであれば、海外のマーケットも視野に入れて活動できるプラットフォームになってほしいです。
音楽に国境なんてほとんどなくなっている、という認識が加速しそうな、2015年の初夏の夜です。

39


Jay-Zが先日買収した定額音楽配信サービスTIDAL(http://tidal.com/us)が、3月31日に海外31カ国で利用可能になるそうです。

Jay-Zがストリーミングサービス買収、Spotifyの対抗馬なるか  



TIDALのPVに参加しているのはBEYONCE(まぁ奥さんだから当たり前)、Nicki Minaj、Rihanna、Madonna、Kanye West、Daft punk、Calvin Harris、Usher、、、そうそうたるメンバーが参加しています。
そして今日、この PVに参加しているアーティストたちがTwitterやFacebookのアイコンをブルーに変更して、参加表明をしていました。




このプロモーションはかなり話題になっていて、日本でも洋楽好きな人たちがかなりざわついていました。(そして案の定日本は未対応ということでがっかり。)
そしてColdplayも参加することを知って少し驚きました。以前Spotifyに今後アルバムを掲載しないということを発表して話題になっていたからです。(Why Coldplay and Adele Aren't Bringing New Albums to Spotify

TIDALの特徴はストリーミング配信の中でも圧倒的に高品質な点。
44.1kHz/16ビット FLAC/ALAC形式を1141kbpsというCD音質を誇ります。
さらに、ネットワークプレーヤーのLINN DSに連携しセットリストを組んでスピーカーで流すことが出来るようになるそうです。(【CES】LINN DSがロスレス・ストリーミング配信に対応 - KAZOO Serverもアップデート )

興味深いのは自身もアーティストであり、プロデューサーであるJay-Zが
「音楽の定額配信サービス」をどう育てたいのかです。

サブスクリプションモデルのスキームについては以前からSpotifyでも問題にあがっていた
「アーティストに対する取り分の少なさ」から不信感が広がり、大物アーティストがこぞって脱退していたりします(クリエイターを搾取しているのはSpotifyではなくレコード会社だった )。昨年もティラー・スウィフトが曲を削除し話題になっていました。

そこに来て、今回の取り組みに過去のミリオンアーティストがこぞって参加しています。
定額配信サービスは既に確立されたアーティスト側の取り分が少ないということで敬遠 されてましたけど、その辺は加味されてるから皆参加しようと思ってるのでしょうか。まだ全然詳しいことを知らないのですが、その辺りがクリアになっているからの参加なのだろうと推測していますがいかがでしょう…


それにしても月額料金が $19.99 
とはけっこう高くないですかね。日本円で2400円?
自分の感覚での話ですが、世の中の人間で一番「流行の」音楽を聴いているのは
10代〜20代前半だと思います。
そう考えたときに、Youtubeで十分間に合う「持つ必要の無い世代」の子たちが、毎月2400円もの大金を支払うのでしょうか?
熱狂的なファンがいる人たちなら払うかもしれません。
でもそれならファンクラブから搾取した方が手っ取り早そうです。

そうなると、おそらくターゲットは「ちゃんとした音楽を楽しむ」ことに喜びを感じる大人
=30代以降の音楽愛好家、ということになるのかな、と思うのですが、
ハイレゾ音源のストリーミング配信にテンションがあがる人たちってどれくらいいるんでしょう...。

もし、TIDAL主催のストリーミングライブを会員だけ閲覧できるとか、それこそULTRA並みのコンサートに参加できるとか、そういううまみが無いと一定の売り上げを上げるのが難しい気もしますが、
きっと素晴らしいコンサルタントがついているでしょうから、引き続き見守っていきたいと思います。


 

2015-02-09-17-00-33


http://www.summersonic.com/2015/news/index.html#0209b



やった!!!

ポーターロビンソンが幕張に来るー!!
(彼のことは以前イケメンDJとして取り上げたのでそちらを読んでちょ)

月曜12時に発表がでて、心臓バクバクでした。
ジャミロクワイが来るって時もここまで興奮しなかった。

そしてThe Prodigyとマリリンマンソンさん…えっ怖い!楽しい!どうしよう!
and more!とかいてあるけど、もはやアンドモア要らないです!あの、絶対連れてきて!!!!
ほんとに。まじで。あっついでにmadeonくん連れてきて!!!

他にもDJ組増えると思いますが誰が来るかな?
今年はULTRA3日間やるということなので、ULTRAで大枠になってるAfrojackやHardwell、Martin Garrixとかはそちらにまた出るような気がします。

しかもソニマニの前に、electrox osakaとElectric ZooというEDMフェスが連続してGWにあるのよね。(ラインナップすら発表されてないが、STEVE AOKIは絶対来そうw)
何と無くそっちに今回は力入れてくると思ってたので、ポーターはかなり驚きでした。(もしかしたらあの二組だと若いウェイ勢が食いつかないと踏んだのかもしれない。でもまだそこまで知名度無いしな。。)

ちなみに本人が来日を明言してるKnife Partyがいつのタイミングで来るか界隈でかなり注目されてて、もしかしたらソニマニで来るかもしれません。そうなったら戦争状態な激しい一夜になるでしょう…


そしてSUMMER SONICには!!

2015-02-09-16-59-38



エレクトロニカの大御所というか、いたいけな10代の私をこんなゴリゴリな電子音楽好きにした人達のうちの一組、The Chemical Brothersが来るとか!
しかもいままでフジだったのにサマソニに!!しかもファレルも来るとかやばたん!!


ケミカルブラザーズはその昔学生の時に単独のコンサートの予定があってとても楽しみにしてたのに、当日機材トラブルで中止になってしまって、それから何度か来日してるのですがあまり行きたいと思わなかった。

フジロックのイメージが割と強いのですが、中の人ががんばったのでしょうか。

サマソニはソニマニから行きます!

spotify

今年もはやいもので1月が速攻過ぎましたね。
1月を振り返ると本格的にSpotify使ってたなと思います。
結局2014年度の日本上陸はなかったですが、今年こそあるのか、それとも頓挫してしまうのか…。
とりあえず便利なものは便利です。(邦楽とかいらないんで)さっさとはじめてほしいです。
と言う訳でテンション高めにイケた1月に聞いてた曲を紹介します♪
(特に1月発売と言う訳ではないですが年末年始に発表された曲をメインで)

Jack Ü - Take Ü There (feat. Kiesza) (Zeds Dead Remix)

Zeds DeadのRemix。
個人的には原曲より100倍くらいいいと思う。。TRAP飽きたし!(Zeds DeadがTRAPパートをばっさりカットしているところが非常に好感を持てたしヘビロテ要因でした)
というかそろそろSkrillexはDiploから卒業した方がいい。彼の良さが半減している。Dog Blood再開と聞いて狂喜したのはBoys Noizeとの暴力的なサウンドが今のぬるいシーンをもう一度盛り上げてくれると思うから。
まぁDiplo先生人気ありますからね…その方が儲かるんでしょうが、食われちゃったらコラボじゃないと思うんですわ。(某David Guetta先生しかり…)

Jack Ü - Take Ü There (feat. Kiesza) (Tchami Remix)
 
ちなみに同じ曲をフランス人のオサレDJがRemixしたらこうなった、の図。疾走感ぱない。
この人もTRAP部分にぶっこんできてますね~!!!
そうなんやわいらこういうゴリゴリ系がスキなんじゃ!!!


deadmau5 - Some Chords (Dillon Francis remix)
 

鼠先輩、でかいお家も買ったし、2015年からすごい飛ばしてる印象がある。
Dillon Francisはやっぱりやればできる子。ってか普通にカッコいい。
原曲の良さを最大限に生かしつつ、自分のカラーを入れるってのは中々難しいですよね。
聞いたらDillonっぽい、でもmau5っぽい。
madeonのRaise Your Weapon Remixに通じるものを感じます。
そしてやはり巷でも一番人気っぽいですね、このバージョン。


deadmau5 - Some Chords (Dillon Francis Remix) Live on the Honda Stage in NYC
 
11月のNYで行われたHonda StageのDeadmau5の公式動画。
自分の曲のRemixをさらにアレンジしてドヤっちゃうあたりが本当に超絶こじらせ男子すぎる。



Tiga - Bugatti (Boys Noize Acid Mix)
 
Dog Blood再開という話を聞いてからずっとBoys Noizeづいてます。
2005 年に自らが設立した<Boysnoize Records>の主宰者で、フランスにも結構所属アーティストがいて、バスティーユあたりに石を投げたら誰かに当たるんじゃないのっていう位向こうではメジャーなんですけど、日本ではまだまだですねぇ…去年WOMBでライブやってて本当に行きたくてたまらなかったのに行けなかったのが残念。
これは最近Mixした楽曲で1/27に公開されたばかりです。が、カッコいい。

BOYS NOIZE - Yeah '1010 / YEAH Single'
 
ついでにこの曲が1月1番聞いてました。
2010年にリリースされてるのですが、最近知りました…。
というか5年前の曲なんて思えないっ
普通に今でもかかってそうだし。 

2月の注目はセレーナ・ゴメスと熱愛発覚なZEDDの新曲、3月にはMADEONのファーストアルバム発売と、中々楽しみなことが続いてます。そして3月にはマイアミでUltraがやるので、寝不足になりつつ、脳内フェスしてようと思います。



2014-08-16-01-03-43

とうとう2015年になってしまいました。2014年はULTRA Japanが初開催されるなど日本の中でもEDMをはじめとするエレクトロ系ミュージシャンの来日や楽曲プロデュースなどの話題が多く、盛り上がって来たなぁと思う今日この頃です。
そこで。
2014年を思い出す(思い出せる!)はずの、EDM系楽曲を10曲選びました。
(書いているときは大晦日だったのですが、気づいたら30分経過してたw)

1. Afrojack -Ten Feet All
 

Afrojack先生は今年知ってる限りでは3回ほど来日するなど、すごくすごーく日本と相性が合うようですね。この曲は年明け〜夏ごろまでいろんなお店でかかってました。

2.Calvin Harris - Summer
 

世界一稼いでいるという噂の(23億円)Calvin Harrisさん!!イケメソだし歌も歌もうまいしでめっちゃ人気もあります。夏に流行りまくりました。

3.David Guetta & Showtek - Bad ft. Vassy
 
フランスが生んだちゃらいキラキラハウス出身のDavid Guettaさん。今年は離婚したりTomorrowlandで決まっちゃったりと色々ありましたが、このShowtekとのコラボ曲は結構いい感じですね。Hardstyleって感じですね。

4.Deadmau5 - Avaritia
 
冷静沈着なプログレハウス&毒舌&ネズミ頭を武器に至る所で話題&物議を巻き起こしているDeadmau5さん。日本好きとか言いながら一度も来日してないってどうゆうこと!?来年こそは必ず来てほしい〜

5.Dillon Francis, Sultan + Ned Shepard - When We Were Young

TRAPのお祭り番長といえばDillon Francis、いつもおちゃらけてて笑顔が素敵な彼ですが、作る曲には何となく影があるというか、ブラックユーモアというか、闇を感じるんですよねえ...そういうとこが結構好き。

6.Madeon - You're On
 
フランスの美少年ことMadeonきゅん!!!!!!!!
彼のRemixも大好きなのですがこの新曲はかなりヘビロテしてます(進行形)

7.Martin Garrix - Animals
 
若干18歳ながらもうメインスターダムにのし上がったMartin GarrixくんのAnimalsはもー聞き飽きたよーって位聞いたので入れないとね。初来日も済ませましたが次回はぜひ単独来日してほしいです。

8.Nicky Romero & Vicetone - Let Me Feel (ft. When We Are Wild)

今年はSEKAINOOWARIの楽曲をプロデュースするなど(本人はいっさいプロモしてませんがw)中々日本との距離が近づいて来た感のあるニッキーーーーーーロメィロー先生。オランダ特有のゴリゴリハードスタイルと思いきやメロディラインは結構美しくてセンス良いなと思います。来年は来日してくれー!

9.Mat Zo ft. The Knocks - Get Down 2 Get Up

ロンドンの若手DJでPorter RobinsonともコラボしているMat Zo.今年は春に来日するなど、今後注目されるべき、要チェックな方です。彼の曲はファンクっぽいというか聞いていて無意識のうちに踊りたくなる感じで好きです。

10.Skrillex - Recess

今年久しぶりにリリースされたSkrillexのRecessは今までのゴリゴリなブロステップではなくて新たな境地に挑戦している意欲的なアルバムで賛否両論ありましたが最終的に多分一番聞いていたと思います。やっぱり彼は特別な存在で、音楽だけじゃなくて人間的にも尊敬できるし見習うべき所が沢山ある人です。


有象無象に生まれてくるパーティーアンセムの中で10年後も聞きたくなる曲はどれくらいあるでしょう。今回取り上げた曲は少なくとも私は10年後も聞いていると思います。
年末年始で皆で集まって食べたりのんだりすることも多いと思いますが、やっぱり音楽も少しは楽しく盛り上がるものをさりげなくかけたいですよね。私の場合気づいたらパイ投げしてるかもしれませんが。。

ということで、今年も楽しくパーティーしよう!

↑このページのトップヘ