あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。

カテゴリ: ミュージアム


このルミネの広告に心射抜かれた系女子も多かったと思うのですが、
2015年1月から3月にかけて、蜷川実花さんの個展が都内各地で開催されます。


◆品川の原美術館
蜷川実花:Self-image
2015 年 1 月 24 日[土] - 5 月 10 日[日]


見どころ:
1. 蜷川実花初のセルフポートレイトを中心とした展覧会。「生身に近い、何も武装していない」と作家自身が語る特別な写真群(=Self-image)を紹介する。
2. 華やかで鮮烈な「蜷川カラー」のイメージとは異なる、新たな魅力を提示する。
3. 元邸宅という原美術館の親密な空間を活かした展示構成とする。(プレスリリースより抜粋)
 

開館時間 11:00 am - 5:00 pm(水曜は8:00 pmまで/入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日 月曜日(祝日にあたる 5 月 4 日は開館)、5 月 7 日
入館料 一般1,100 円、大高生700 円、小中生500 円/原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日は小中高生の入館無
料/20 名以上の団体は 1 人 100 円引
交通案内 JR・京急「品川駅」高輪口より徒歩 15 分/都営バス「反 96」系統「御殿山」停留所下車、徒歩 3 分/京急「北品
川駅」より徒歩 8 分 
東京都品川区北品川 4-7-25 〒140-0001
Tel 03-3445-0651(代表) Fax 03-3473-0104(代表)
ウェブサイト http://www.haramuseum.or.jp 

◆8/ART GALLERY/TOMIO KOYAMA GALLERY
蜷川実花 展
noir
2015 年 2 月 4 日[水] - 2 月 23 日[月] 

見どころ:  ― 生と死の輝き ―

「蜷川実花」の名前から多くの人が連想する、「Acid Bloom」「Liquid Dreams」「FLOWER ADDICT」などのシリーズの、花々や金魚、今をときめくアイドルやモデルを捉えた写真の鮮烈な色あいは、「蜷川カラー」とも呼ばれ、明るく開放的な生の雰囲気に満ちています。しかしその光に対するものと同じくらい、彼 女の目は影にも向いています。生と死を表裏一体に捉えたような「noir」、目黒川に散る桜を繋ぎ止めるように一心不乱に撮影した「PLANT A TREE」など。そこには、「黒の中には色が溢れ、色の中に黒は潜む」(『noir』)という作家の言葉にも表れる、豊かな黒、闇を見出せます。(小山登美男ギャラリー HPより抜粋)
 
渋谷ヒカリエ 8F 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
(多分入場無料) 
http://www.tomiokoyamagallery.com/exhibitions/mikaninagawa-exhibition-8tkg-2015/#.VL8KtUesX7w
 
◆三宿 CAPSULE  /  カフェ SUNDAY 
蜷川実花展 「Portraits & Flowers」 
2015 年 2 月 21 日[土] - 4 月 12 日[日]
 
 見どころ:
2015 年春、東京・三宿のスペースCAPSULE とカフェ SUNDAY において、同時開催。 これまでに国内外で80 以上の個展を開催し、『さくら ん』『ヘルタースケルター』の映画監督や、セリーヌ、 ETRO などファッションブランドとのコラボレーション などジャンルを分たず益々活動のフィールドを広げる 蜷川実花。今回CAPSULE ではアイドルやモデルなど 華やかなポートレイト作品を展示します。  (小山登美男ギャラリー HPより抜粋
 
CAPSULE:http://www.capsule-gallery.jp/ 
SUNDAY:http://www.sunday-cafe.jp/

個人的にはこちらのギャラリー&カフェに展示される作品に興味があります。

◆最後に、伊勢丹にてポップアップストア開始! 

蜷川実花さんの作品はいつもハイコントラストな色彩と独特の構図が素敵だなと感じます。
去年課題で「展示プランを考える」というのがあって、彼女の作品を何点か選びました。
作品を眺めながら、どういう風に展示すればより魅力が伝わるのか?ということを考えていたので、今回の展覧会はとても楽しみにしています。
あれから4ヶ月くらい経って、作家と作品に対する考え方も少し深くなったと思うので、改めてもう一度取り組んでみたい…。

また、仕事における考え方を読んで改めて素敵な方だと思いました。

【ランチ対談】「言葉」をあまり信用してないのかもしれない 蜷川実花(写真家・映画監督)×森川亮<前編>

特に渋谷で働く皆さんにはヒカリエの8/はとても近いし魅力的なアートスペースだと思いますのでこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

現在「日本科学未来館」で開催されている、「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地(http://odoru.team-lab.net/)」に行ってきました。
いつもフットサルで対戦させていただいているチームラボ株式会社が発表したデジタルアート作品を中心とした巡回展です。

結論から言うと、
「めっちゃくちゃ身震いするほどすばらしい!!!!」
の一言につきます。 
アートとテクノロジーの融合で未来を見るという、自分にとってもいつか目指したい分野で、同じ業界の企業が
単独で巡回展を行うというのは純粋にすごいと思うし、あこがれます。
会場提供の日本科学未来館のあいさつからも、さまざまなことが読み取れます。 
2014-12-23-19-11-38


展示内容はご自身の目で見ていただきたいので、少しだけ。
今回の展示で目指したのは、遠近法ではない日本の伝統的絵画技法である平面的な技法をチームラボ的に解釈した「超主観空間」の構築。
■踊る!アート展
2014-12-23-16-42-02

※すべて撮影OKです。
Nirvana(部分)
チームラボ, 2013, アニメーション, 6min 20sec (9:16 x 8)
 
2014-12-23-16-28-31
 
花と屍 剝落 十二幅対 / Flower and Corpse Glitch Set of 12
チームラボ, 2012, デジタルワーク, 1min 50sec (9:16 × 12)
 
■学ぶ!未来の遊園地
2014-12-23-16-02-57

Connecting! Train Block
teamLab, 2014
2014-12-23-16-17-01

3D Sketch Town
teamLab, 2014

プロジェクションマッピングやインタラクティブアートなど、日本ではまだまだ芸術作品としてよりは商業的な観点で見られることが多いこれらのジャンルですが、今回は全身で体験できるような作品が多く、まさに踊り、学ぶ、未来の遊園地を楽しむことができます。
 
私が訪問した2014年12月23日は、関連イベントとして、「チームラボメンバーと巡る企画展ツアー」と題したチームラボ社員である工藤岳氏によるギャラリートークが開催されていました。学生や20代の若者が多く、チームラボという会社が若い人たちに興味をもたれていることを感じました。
工藤氏が展示作品についてのコンセプトから実際に制作時にどのようなことをテーマにしていたか、などについて細かく説明されていました。製作者自らが利用者に対して語る機会があるというのは双方にとってもとても意味のあることのように思いました。
説明がなくてただ見ているよりも、感情移入に差が出ます。
(これを良いと思うか、客観的に見たいから必要ないと思うかは人しだいかもしれませんが。。。)

また、スペシャルトーク「猪子寿之×石黒浩 -僕らのつくりたい、未来の人間」と題してチームラボ代表の猪子寿之氏、ロボット工学者の石黒浩氏、日本科学未来館展示企画開発課長の内田まほろ氏による90分のトークセッションが行われていました。(http://japanese.engadget.com/2014/12/27/2/
2014-12-23-18-34-43


これは内田氏が猪子氏、石黒氏の作品・展示を担当したことによって、2人には共通点を感じたらしいです。
ジャンルの違いを越えてこの2人の対話によって「未来」を考えるというトークセッションをしたら面白いのでは…ということで、この機会が生まれたと説明していました。
 定員400名で、10代、20代の男女が目立ちました。また、同時に「ニコニコ生放送」によるインターネットによるライブ配信を行っていました。実はトークセッションを見ながらニコ生も確認するという社員かというくらいマニアックな見方をしていたのですが、約8800人程度が閲覧していたので、このトークセッションには合計約9200名程度が参加したことになります。武道館や代々木体育館が8割くらい埋まってる感じですね。すごい!
 
2014-12-23-18-33-45


猪子さんも石黒さんも議題に対し時にはユーモアを交えながら白熱した議論が展開されていました。
話が全方向に飛んでいくので、コーディネーターさんも大変そうでしたが、非常に面白い議論を聞けました。
特に猪子さんが仰っていた「最終的に人は物質に捉われない社会になっていって、そこから肉体が開放されて、初めて主観で動けるようになる。そういう社会を目指したい」というお話に、その場の参加者は熱心に耳を傾けていました。
また石黒さんが「一般企業で働ける気がしなかったから研究者を目指した」とさらりと言っていたり、「ほとんど誰も理解できないところにイノベーションの本質がある」ということを言っていました。そして、同じく「人間の脳の大きさを考えてまだ利用されていない部分があるとしたらその使われてない部分を使うような社会にしたい」ということを仰っていて、表現方法は異なるけれどお2人の感覚は近いものがあると感じました。
また、ニコニコ生放送で配信を鑑賞している利用者は発言を聞きながらコメントによって意見や野次を飛ばすなど、双方向ではないものの同時鑑賞による意見交換が行われていました。でもこのように見知らぬ人同士で活発な意見交換ができるというのは特に日本では貴重だと思います。
 
今回紹介した日本科学未来館のように、関連イベントの1コーナーのなかで、企業経営者の目線、学術研究者の目線、担当キュレーターの目線という3方向での意見を聞くことで1つのテーマに対する見方を伝えるという試みは非常に画期的でした。作品を作り出すアーティストや、同じ目線で物事を見ている人を専門的な目線で見つけ出し、新たな発見や価値を共有する、というのもキュレーターの役割として非常に重要なのだなあと思いました。

展示は1月31日までなので、まだ見ていない方はぜひ!
---
チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地
会期 2014年11月29日(土)~2015年3月1日(日)
会場 日本科学未来館
〒135-0064 東京都江東区青海2−3−6
開館時間 10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週火曜休館。
主催 日本科学未来館/チームラボ/日本テレビ放送網/BS日テレ
共催 ゆりかもめ
協賛 日本マイクロソフト株式会社/株式会社PFU/ソニー株式会社/ぺんてる株式会社
後援 文部科学省/TOKYO FM/TOKYO MX/テレビ神奈川/りんかい線

日本科学未来館
チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地
ニコニコ生放送 【猪子寿之×石黒浩】僕らのつくりたい、未来の人間@日本科学未来館http://live.nicovideo.jp/watch/lv203577699

2014-12-06-10-44-34

奈良原一高『「王国」より沈黙の園』
約3ヶ月、今通っている学校の「ポートレート写真」のクラスに参加していました。
そこで、講師の方から、奈良原一高の『王国』という写真展がとても良かったので興味がある人は一度行ってみてとおすすめされていました。

奈良原一高写真集 時空の鏡
奈良原 一高
新潮社
2004-05-20




たまたま国立近代美術館に行く用事があったので見に行ってきました。

2014-11-30-13-54-37

閉館1時間前くらいに展示室に行ったのですが、40名くらいの方が鑑賞していました。
今回の展示では1971年に発表された「王国」の作品87点が展示されていました。
展示の内容は北海道の修道院と和歌山の刑務所で撮影されており、どちらも男性のみ・女性のみの閉鎖空間で営まれる日々の瞬間を切り取っています。外部から隔離された空間の中で、一方は世俗から自らの意志で離れ、また一方は罪を犯し「娑婆」にいられなくなった人々…例えば同じ「読書をする」行為を撮影した写真があったのですが、同じ行為の写真でも、一方は非常に静謐な、透き通るような空気が流れるもの、他方は鬱屈した、夢も希望も無いような表情を浮かべ、緊張感のある空気が流れるもの、と全く異なる印象を受けました。

二つの場所に生きる人の対比が面白いと感じました。

また、同時開催の『MOMATコレクション』展の一部で、デビュー作となる『人間の土地』シリーズを展示されています。
こちらは最近ファンも多い軍艦島14点、黒神村8点の作品が展示されています。個人的にはこちらの展示室から作品を見ていくと、『王国』の作品群への流れがすごくスムーズな気がするので併せて見るといいと思いました。
同じく70年代に発表したシリーズ『ブロードウェイ』の一部も展示されており、奈良原一高の初期の仕事をまとめて見ることのできる機会となっていました。


『奈良原一高 王国』

2014年11月18日(火)~2015年3月1日(日)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館 ギャラリー4
時間:10:00~17:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(11月24日、1月12日は開館)、11月25日、12月28日~2015年1月1日、1月13日
料金:一般430円 大学生130円
※高校生以下および18歳未満、65歳以上、キャンパスメンバーズ、MOMATパスポートをお持ちの方、障害者手帳などをご提示の方とその付添者1名は無料
※12月7日、2015年1月2日、1月4日、2月1日、3月1日は無料観覧日
http://www.momat.go.jp/Honkan/naraharaikko/

PC073444

そういえば、最後の授業のときに、先生が
「写真はどこまでいっても絵画の再構築でしかない時代が長かったから」
とさらりとおっしゃったのですが、その言葉が印象的で忘れられません。

一方で、写真という技術の誕生や時代の変化によって、絵画の世界においてもそれまでの歴史画、肖像画、風景画、静物画といった固定されたジャンルを飛び越えて、内面を表現するという自由を探求することができるようになりました。
この2つのジャンルの相関関係というものが、今自分の中でとても興味深く、今後も探求していきたいテーマだなと改めて感じています。

2014-11-01-10-15-17
11月の連休に、また関西に行ってきたのですが、
今回は新神戸にある「竹中大具道具館」に行ってきました。
こちらは「
消えてゆく大工道具を民族遺産として収集・保存し、さらに研究・展示を通じて後世に伝えていくことを目的に、1984年、神戸市中山手に設立されたのが日本で唯一の大工道具の博物館「竹中大工道具館」です。(引用:竹中大工道具館HP)
ということで、大工道具の歴史に迫る・また建築に携わる人々のハブになる・ものづくりを応援するをこと目指した博物館です。
2014-11-01-12-02-30

館内は写真撮影OK。
そして多くの資料が手で触れることを許可しています。

2014-11-01-12-02-57

さすがに鋭利な刃物などはガラスケースに展示されていますが^^;

2014-11-01-12-02-13

江戸時代に使われていた宮大工の方の彫刻刀です。
木造建築や自社仏閣が好きな方ならかなりはまってしまうこと間違い無しな場所です。


2014-11-01-11-51-50

博物館の特色として、実際の資料約30000点をはじめ、映像資料の公開にも力を入れています。
この写真は凸版印刷が作成したCGによる当時の建築技術の分析のVTRですが、こうして分解してみると非常に高度な技術があることが分かります。
特に釘を用いない木造建築のレベルの高さは本当にすごいなと思います。

また、竹中大工道具館では、教育普及活動の一環として出張授業のプログラムを組んでいます。
薬師寺の再現に携わった愛媛の鍛冶・白鷹幸伯氏について書かれている小学校
5年生の国語科学習「千年の釘にいどむ」という教材をもとに、実際に白鷹氏がつくった釘と現代の釘とを比較し、和釘の製造工程の紹介を行っているそうです。
過去の記憶をたどっていくと、児童教育の国語科では文章理解や内容把握を求められますよね。
国語が苦手だと思っている人の中には、「回答するプロセスを導くこと」の部分で躓くこともあるのかなと思います。
文脈をつかむということは論点を整理する力や、文章内に隠されていることを理解する力が必要です。
恐らくそれは文字ではわかりにくいけれど、疑似体験をすることや、想起しやすいものに置き換えることで、少しずつパターン化できるのではないかなと思っています。
そういう意味で、釘や鉄の性質を、実際に触れて、違いを比較して、実感として理解することで、文章の中にこめられている本質を見出す作業の補助ができるのじゃないか。。。と思いました。

最近教育について考える機会が増えているのですが、特にアウトリーチや産学連携という堅い言葉ではなくても、
学習指導要領や地域の教育施設で使われているテキストを事前に把握し、自分たちの地域に住んでいる子供たちが何を学び、何を考えているのかを把握しておくことはとても重要なことのように感じます。
だって、それは10年後、20年後に必ず返ってくるから・・・

博物館側が副教材として利用できる体験学習を提供することで、地域社会に貢献する。
そういう動きが少しずつ生まれているということの紹介を僭越ながらさせていただきました。

2014-11-30-18-40-41

山種美術館の撮影OKのブロガー内覧イベントがあったので行きました。

2014-11-30-17-44-32

広尾から歩いて数分の美術館では
・東山魁夷と日本の四季
という展覧会が開催中です。
http://www.yamatane-museum.jp/exh/current.html

約50人ほどの方が参加され、カメラやスマートフォンなどで作品の魅力をリアルタイムにレポートするという興味深いイベントでした。

2014-11-30-17-42-27


魁夷の画業を師や仲間の作品とともに、美術館館長のギャラリートークを中心に鑑賞しました。
東山魁夷の特徴ともいうべき美しい青の色を日本の四季を通じてたのしむことができます。

2014-11-30-17-50-26


特に印象深かったのがライティングによる作品の見え方です。

2014-11-30-18-14-03


満ち来る潮
という9mの作品なのですが、フットライトが付いてないときと、

2014-11-30-18-11-41


フットライト点灯時で見え方が全く違います。特に波の部分の明るさがフットライトを使うことでより輝いて見えました。

こちらの作品は東山魁夷自らが、フットライトにて照射して欲しいと指示があったそうです。


2014-11-30-18-48-04

また、京洛四季の作品は川端康成からの勧めでなくなりつつある京都の古き良き時代と四季の移ろいを描いた作品でした。

2014-11-30-19-17-17

この前長野で東山魁夷の作品を見てきたばかりだったのでとても親しみをもって作品と向き合うことができました。

また、普段は作品保護と著作権保護の観点から撮影禁止ですが、今回特別に撮影させていただき、改めて美術館で撮影することの意義と撮影しない意味について思考を巡らせることができました。

山種美術館の皆さん、青い日記帳のTakさん、素敵な企画をありがとうございました!

こちらの展示は2015年2月1日まで開催されているのでご興味のある方はぜひいってみてください!


↑このページのトップヘ