あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。

カテゴリ: ギークおでかけ

P7226265


http://abc.android-group.jp/2015s/ というイベントで開催されたLT大会を企画しました。
当日は忙しくて写真を撮る暇が全くなかったのでこんな写真でごめんなさい。
↓中継の動画です。



参加してくださった皆様ありがとうございました。
へっぽこ司会で「えーと」「あのー」を連発してたり、抑揚がないと野次られたり、いろいろLTのお作法がなってないとDisられたりしましたがわたしはげんきです!
(言い訳すると、某劇場で影アナをやっていたこともあったのですが、そのときも葬式アナウンサーといじられていたことをついさっき思い出しました)
もっと弄り芸とか磨ければよかったんですが時間ばかりが気になってオンスケで終われることしか考えられませんでした…


普段はこういうイベントで前に出たりはしないのですが、、、
今回のイベントの「共に作る」という趣旨に賛同したのと、コミュニティとして成熟感のある空気をちょっと変えたいなと思ったのが大きいです。
プラットフォームとして成熟していて、勉強会等も多岐にわたっているジャンルではあるんですが、わたしが担当している学生部のメンバー(というか若い人たち)の発想がすごく面白くて、わたし自身刺激を受けていまして…
1時間話しただけですぐ仲良くなってしまう柔軟性とかが大人になると少なくなるのかなと思って、技術のある大人とスポンジのような学生をうまくつなげることで、(リクルート的な目的ではなく)業界全体を盛り上げていきたいなというのが活動している中でずっと根底にあります。
学生も一部の意識高い子たちはスタートアップとかこういうtech系のイベントにも来てますが、まぁ大多数はあまり…来ないかなぁ…という印象が以前はありましたが、最近のABCでは学生も結構来てくれるようになり、コミュニティの中でじわじわ広がって来つつあるような気も少しだけですがしています。
なのでそういう空気感とか、 教えあう文化みたいな部分とか、コミュニティの良さみたいな部分をもっと出したいなぁと思いました。

今回いろいろ勉強になりました。
そんなにへりくだらなくていいんだよ、好きにやりなよ、と諭してくださった方もいました。
線引きが難しくて、強制はしたくなくて、しかも3連休最終日にダーターで出てもらうとか、応募してくれた人に対して、恐縮してしまうし、一方で応募しようと思ってくれた人に対して早めに締め切ってしまったことは反省しています。
誰も応募してくれなかったらどうしよう…と半泣きで相談した人にでますよ!と言ってもらえたり、たくさん激励をしてもらいました。
毎日すごく不安な気持ちでいましたが、たくさんの方に見ていただいて、たくさんの面白いLTをしていただけて、本当に素敵なLT大会になりました。
そしていつも運営スタッフの人が全然内容をみないまま終わることが多かった中で、事務局長・実行委員長がそろって同じ会場にいるということは多分いままでなかったと思うので、個人的な野望は達成できました。賛同してくださったみなさまどうもありがとうございmさひた。

自分の夢の先にはこのようなイベントをコンスタントに開催する必要があったりするので、とても勉強になりました。
お付き合いくださり、ありがとうございました。
スピーカーの方、いろいろお世話になったみなさん、お時間あればぜひ飲みに行きましょう・・しんがりで!
 

2014-08-20-22-57-27

ドラえもんが!!


2014-08-20-22-58-39

ヒルズに!

2014-08-20-22-51-12


きてるーー!!

2014-08-20-22-59-33

どこでもドアも!!



2014-08-20-22-54-15

空気砲!!

2014-08-20-22-55-36

タケコプター!!

2014-08-20-22-47-30

ミニドラー!!!


ヤバい!
2014-08-20-22-47-03

かわいい…


2014-08-20-23-03-20

かわいい!


2014-08-20-23-10-00

ドラやきデカイw

2014-08-20-22-52-40


素敵すぎる。
みんな童心に帰ってる。


これは来るべき。
http://www.tv-asahi.co.jp/summerstation/area/66plaza/

このイベントは8/24までらしいので、行ける人は今週末までにGOGO!
夜11時までやってるみたいです


こんばんは!
今日はウルトラスペシャルミラクルなことがありました。

ご縁がありまして、Vineに面白い動画を沢山アップしている
Reika Oozekiさん
H!RAさん
もりすけさん
とお話しさせていただきました!

日頃から、
『最近の若けぇ奴らは何を考えとんねん…わからん…まじつら…マックでバイトしよ…』
とうんうん唸りつづけていて半年経ちましたが、
今回ようやく
世界的に有名な若いVinerズとお話しして、今月2度目の目から鱗がボロボロ剥がれる体験をしました!

皆さんとてもしっかりしていらっしゃる…

というのが、全体の印象。


将来の夢ややりたいことがきちんとあって、それを叶えたいという気持ちがすごく伝わってきました。

そして、何かに熱中できることが、たまたまスマートフォンのアプリというコンテンツだったこと。

きっかけも、
たまたま好きなアーティストが使ってたから。とか、
テスト勉強の息抜きにノリであげてみた。
とか、
特別有名になりたくて始めたわけじゃないっていうのが印象的でした。
フォロワーも皆さん何万人もいるのですが、あくまで一般人だよ!とお話しされてたのが印象的でした。


皆さんのお話を伺いながら、色々と自分の高校時代を思い出していました。

自分の高校時代は話題の情報元の大半が
『テレビ』『音楽、CD』『雑誌』『深夜ラジオ』
って感じでした。それが最新ソースであり、知るべき情報でした。
自分から情報発信するなんてありえなかったし、話題は誰より早く知るべきもので、常に受身でした。ホームページもほぼ無いに等しかったし。
できてラジオに投稿するか駅の伝言板に『合言葉はbee』と書き込む位ですよ(古い


でも、彼らにとっては情報元は
『有名人のTwitterやInstagram』『Youtube』『ブログやサイト』であり、フォローさえしておけば自動で情報がはいる。分からないことはすべてGoogle先生が教えてくれる。
その気になれば『ニコ動』や『ツイキャス』で発信することができる。

この差は大きいなと改めて感じました。

『Vine』が面白いと思っている理由は、画像より何倍も情報量が多い動画という形式を使い、更に6秒の制限を加えることで、等間隔でコンテンツを消費してシェアできる手軽さがあるということです。
発信側も、決まった6秒間の中で、オリジナリティを最大限に発揮できるよう色々な工夫をしています。
さらに、最初から海外のサービスを日本でも使えるっていうのが大きいかな、PCの世界観じゃこうはならなかったでしょう。YoutubeやTwitterだって認知されるのにすごく時間がかかったけど、Vineはリリースされてまだ2年。
スピード感が全然違うし、学生でもローカライズされてなくても面白ければつかってくれるんだなーということを改めて。
(もうネットはアーリーアダプターだけのものじゃないよ!)
新しいオモチャを使い倒せるのは、若い子達の発想力や遊びゴコロなんだろうなー…

全ての若い子にそういう行動力があるわけじゃないにしても、こうして新しいサービスを使いこなして、自分たちのフィールドに取り入れていってる姿はとても新鮮だし、打てば響くのはとても楽しいなと感じました。

逆に、今まで確固たる基盤のあった業界が苦境にたっていて、免罪符のように
『若者の⚪︎⚪︎離れ』をうたっていたりもしますが、価値観や世界観が根本的に違うことを心の底から感じて変わろうとしないと、どんどん差が広がってしまうように思えてなりません。

反面、スマホがあればなんでもできるわけじゃなく、まだまだ、不便なことはたくさんあります。
彼らのようなスマホネイティブ世代を熱中させられるサービスをどんどん作っていきたいと改めて強く思いました!!


image


ギークな界隈の人にはとっても有名な村上総裁が主宰する「ふくゆき会」というのがありまして、こっそり参加しています。

ふくゆき会は総裁と一緒に飲んだりたべたりわーいっていう会だと思っていたのですが、本当はもっと深い趣旨がありそうですが詳しくはまだわかりません。


今回は「マグロ解体ショー」というイベントをされるという事で、先週の日曜日に行ってきました。
詳しくはこちらの総裁のブログをご覧ください。
ふくゆき会でマグロを解体して寿司にして食べる会、152名来て頂き有難うございました!

会場は表参道の素敵な感じのイベント会場でした。
こんなところで鮪さばくの?と一瞬帰りたくなりました。

最終的に参加された方は150人を越したという事で総裁の集客力すごいなと思いました。
受付はA8.ネットの綺麗な方と渋谷界隈で知らない人はいないんじゃないかっていう位顔が広くてかわいいミヤちゃんがやっていました。

総裁とまぐろ
image


一番盛り上がっていた、胴体のところから赤身が出てきたときでしょうか。
人だかりができていたのであまり見えなかったけど…
奥の方まで参加者の方がスマホを上にあげて撮影されていました。

image


鮪の解体について説明してくれた職人の方。
今回は35㎏のクロマグロだったそうです。


image


歓談している間にも、どんどん解体されて、お寿司とお刺身がふるまわれました。
職人さんの早業で切り身になっていきます。
すごく盛況で解体してから1時間もしないうちに完売となったようです。

image

当日はお酒の持ち込み可という事だったので、お祝いも兼ねて2本のロゼワインをもっていきました。
一つは本当に家で転がっていた軽いボルドーのミシェルリンチというロゼです。
カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨンメインでかなり辛口のものでした。
香りが強くなく食前酒向きで、赤身の邪魔にならない感じでした。

もう一本は表参道の紀伊国屋で買っていったスペインのロゼのカヴァです。
本当はブランドノワールのシャンパーニュでも持っていこうと思ったのですが売ってませんでした。
代わりにソムリエさんおすすめの鮪にあうものを見繕っていただきました。
しかしこちらは気づいたらH出さんが美味しくいただいたという事で、元々イベントで用意されていたスパークリングワインを頂きました。
コノスル スパークリング ブリュットだったと思います。
シャルドネメインでリースリングとピノノワールのブレンドということでしたが、トロ部分の鮪によく合ってとてもおいしかったです!
いままでコノスルはあまり飲みませんでしたが、こちらは海鮮によく合います。おすすめです。
多分開栓してから少し時間を置いた方が香りが開いてくる感じでした。
と言う訳で個人的に探していた、気軽に飲めるニューワールド系のスパークリングを見つけることができて気分が良かったです。
image


普段よく会うエンジニア系の方とかが多いかなと思いきや、こういう会に初めて参加した方が多かったようで、
ちょっと新鮮でした!
総裁ご馳走様でした&お疲れ様でした★
また楽しいイベントを企画してくださいね。

PC119298

渋谷の銀だこでよくご一緒させていただくはてなのkiyoheroさん(イケメン)に
「今度ランチ食べに来てください^^」とお誘いいただいたので、お言葉に甘えさせてもらって
はてなさんのランチタイムにお邪魔させていただきました(´∀`∩
場所は青山の根津美術館の隣です!おしゃれ~

PC119300

入り口がおしゃれな感じです。クリスマスだからリースが飾ってあったりしてかわいい!

PC119303

会議室で少しだけお話し。POLYCOMです。

 PC119313

広報のkiyoheroさん。
京都のエンジニアの方にも声をかけていただいて、テレビ会議しながらランチさせていただくことに。
セッティングしていただいてありがとうございます!
さりげない優しさが素敵です!!

PC119317

まかないランチは日替わり。シェフが毎日作ってオフィスまで届けてくれるという…
そして窓の外はとてもきれいな紅葉が広がっていました。雅な世界。

PC119315

業務用の炊飯器にテンションが上がる。
これさえあればわたしもおにぎりバーを営業できるのに…

PC119318

こんな感じで各自で盛り付けできます。
給食みたいな感じで楽しい。★

PC119322

一緒に行ったプロジェクトメンバーの盛り付けセンスが素晴らしかったので写真を撮らせてもらう。
見切れているけど箸の袋が「hatena」になってる!細かい。
(お土産に持って帰りました)

 PC119327

ランチ中は京都のエンジニアの方と仕事に関するまじめな話から、休憩中の過ごし方などゆるいお話まで
1時間ほどお話しさせていただきました。
仕事で少しだけ関わらせていただいたので、その時のお話から、
GitHubでの情報共有やプロジェクト進行のお話など、普段なかなかできないお話をさせていただきました。
仕事の進め方など参考にしたい部分も多かったです。

お忙しい中おつきあいいただき本当にありがとうございます!!

はてなさんのオフィスランチは今までも沢山の方がブログに書かれていますが、
「同じ釜の飯を食う」というのはお互いを 一緒に働く「仲間」として認識するという意味でとても有効な気がしました。
一緒にランチを食べて、仕事やそれ以外の雑談を話すことで、コミュニケーション円滑化の一環になるような…。
私たちはお邪魔させていただいた感じでしたが、ご飯を食べるスペースの空気感が居心地がよくて、ついつい長居してしまいました。^^; 
全部の会社でこの制度を取り入れるのは難しいですが、半期に1回くらいはみんなでカレーでも作って食べるみたいな時間を作っても良いかもしれないなぁなんて思いました。 

普段はあまり他の会社に外出する機会が多くないので、とても新鮮で楽しかったです!
どうもありがとうございました(o´∀`o)
 

↑このページのトップヘ