あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。

April 2017



すごく好きな写真家の石川竜一さんの新作展示が、京都の銀閣寺近くの劇場で開催されているということで、行って来ました。

"この度、地点と赤々舎は、石川竜一写真展『草に沖に』を開催いたします。

共に京都に拠点を置く、劇団「地点」と出版社「赤々舎」の初めての共同プロデュースとなります。"


ということで、場所はもともと舞台をしている劇場。期間限定でギャラリーとなっています。




今回の作品は、草。
それも路上に自生している雑草です。

本当に面白すぎる観点ですが、劇場内のファンタジックな雰囲気とフレームに飾られた比較的小さめなプリントは一見お洒落な感じでした。
しかしそれを取り囲む、大きく引き伸ばされた人々のポートレートは、どぎつい個性で、圧がすごいです。
私はこの人の作品と対峙すると、睨めっこのように、こちらが降参するまで目を逸らさずに見続けてしまいます。
人々の瞳にものすごいエネルギーを感じるのです。

果たして草は…。

一見すると路傍の花のような雑然とした草。
しかしよく見ると、やはり石川さんらしい、不思議な生きる力に満ちた草。
権力や名声とは真逆の場所にある、道端の草の写真。
素敵な木のフレームに収まり、お洒落に陳列されているが、何処かから飛んで来て生かされている、草。

それはとても面白くて、何処に行くにもカメラが無いと落ち着かないと前に語った石川さんらしくて、いくら見てても飽きないです。

京都に行く機会がある方には本当にオススメしたいです。KYOTOGRAPHIE関係ないけど。


地点×赤々舎 石川竜一写真展
『草に沖に』
 
会期: 2017年3月25日(土)〜4月25日(火)
13:00-20:00 会期中無休 
*3/25土は18:00よりOPEN
入場無料
 
会場: アンダースロー 京都市左京区北白川久保田町21地下 

■京都市営バス17・203系統、5・204系統「銀閣寺道」下車→徒歩約1分
*JR京都駅からはバスターミナルA2のりばより17系統へのご乗車が便利です 

■京阪「出町柳駅」出入口7番下車→徒歩約25分
■出町柳駅よりタクシー利用の場合→所要約5分、800円程度




毎年サポートスタッフで参加している、KYOTOGRAPHIEが今年も始まりました。




今回のテーマは『LOVE』

『愛』と呼ぶ感覚や概念は、個々のバックグラウンドによりそれぞれ異なります。

愛に対するイメージは一人一人異なる。
どんな形であれ、欲望であれ、誰しも何かに愛を感じている。
定性的な感情を作品として残し、他者の愛を写真と古都の空間の中で読み取るという行為はとても素敵だと思います。


個人的に気になっているのは、二条城で開催しているアーノルド・ニューマンの『マスタークラス』と、建仁寺 両足院を会場にした荒木経惟の『机上の愛』です。
特に両足院は昨年のアルノ・ラファエル・ミンキネンの作品のインパクトが熾烈だったので、今回はどんな展示になっているのか楽しみです。


また、ギャラリー素形を会場にしているジャダ・リパの『The Yokohama Project 1867-2016』も、中々に興味深く、是非見ていただきたい…と思います。

この会場は入場無料です。

ということで是非来てください!

今年は5/14まで開催しています。

『愛』については長年自分にとって因縁めいた呪縛であり、肯定的な印象を持てませんでした。
そんな人間が作品を作るという行為に挑戦した時に行き着いたのは、祖父のカメラ愛と彼の思想への理解という私なりの愛情でした。

圧倒的な作品群に多くを学び、半ば思考停止中の作品制作を、非常に悩みながらもじりじりと密度を濃くしていくために、本格的に再始動させなければ…と考えています。


↑このページのトップヘ