あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。

June 2015

Capri3_28
 引き続き、カプリ島の写真です。
カプリ島の写真を見続けたらいますぐカプリに行きたくなるわー

Capri3_10
 
ランチも終わってショッピング。
カプリ島はどこにでもカプリサンダル屋があって、見ると買いたくなります。

Capri3_22
 
ん?

Capri3_21
 

もう1回オーダー⭐️
このお店は日本人の有名人もよく来るんだヨってお姉さんが言ってて、
写真も見せてもらったんですが、確か吉瀬美智子さんがお買い上げしてたみたいだった。

Capri3_24
 

そしてアナカプリからまたカプリの市街地に戻ってきました。
昼間はバスもかなり混みこみだった・・・

Capri3_25

市街地は高級ブティックが軒を連ねていて、本当にバブリーな感じでした。
ただ10月だったのでそんなに混んでなくてゆっくり歩けたけど。
お土産を買うのにお店をちょこちょこ見ました。
Capri3_32
 

甘いものは別腹⭐️的な、ペストリーショップ

Capri3_30

カプリに来てもう1つ行きたいところがありました。
それはサン ジャコモ修道院 Capri3_27
 
修道院の中の回廊がなんでかとっても好きなんです。

Capri3_26
 
ちなみに中はもう立ち入り禁止だったので、柵から撮ったのですが
周りに誰も人がいないから結構かなり怖かった。
明るいからいいけど夜だったらめっちゃ怖いね。

Capri3_29
 
この辺りは市街地から近いのに人が全然いなかった。
カプリ島は本当に青の洞窟とちょっと市街地の周りにしか人がいなくて、しかもみんな本当に日帰りで帰ってしまうので、ゆっくりできていいんだけど、もったいないと思う・・・

Capri3_31
 
至る所に極彩色の花が咲き乱れていて美しかった。
この島にきたいと思ったきっかけは佐々木希ちゃんが表紙だったSWEET 2012年1月号のカプリ島特集だったんですが。 
その撮影を蜷川実花さんがしていて。
珍しくレトロな色彩になっていてすごく素敵だったんです!

本当にあの時SWEET買ってなかったらここに来ることもなかったわけで、編集の方に感謝しています。

Capri3_42
 
そして晩御飯はこちらで・・・・
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187783-d2227659-Reviews-E_Divino-Capri_Island_of_Capri_Province_of_Naples_Campania.html 

かなり入り組んだ道の中をいく隠れ家的なお店。
Capri3_35


まるで人のお家に招待されたような素敵なレストラン⭐️⭐️⭐️
オシャレすぎる。
女主人の方がめちゃめちゃカッコよくて。
時間が早かったからか誰もいなくてゆっくりさせてもらいました。

Capri3_34

シャンデリアも素敵!!!

Capri3_37

とりあえずイタリア語しかない!
でもイタリア語1ヶ月毎日勉強したからとりあえず単語はなんとなくわかる

ブルスケッタと、ローストビーフのサラダと、豆のスープパスタを頼む。
Capri3_38

ブルスケッタは味が2種類!!
ツナと揚げナスだったかな。

めちゃめちゃ美味しくて、お代わりしたくなりました

Capri3_39

ローストビーフのサラダ
パルミジャーノがかかってて・・・味付けはシンプルにバルサミコで・・・
美味しすぎました

Capri3_40

そして、これ!!!!
ラビオリの皮みたいなパスタで
なにこれ?って思ったんだけど
これがめちゃくちゃ美味しくて・・・
多分イタリア滞在中で一番美味しかった。
シンプルで優しい味付けで・・・
Capri3_41

 かなりお腹いっぱい。
もしカプリにまた来れたら絶対また来たい!!!

ごちそうさまでした。

Capri3_45

お腹いっぱいになったので、カプリの街を散策。
Capri3_46

ちょっと下北の北口の闇市みたいな感じになってる。
エズもこんなかんじだったな。
Capri3_47

ほんとに誰もいないので、神隠しに遭わないかちょっと心配になる

Capri3_49

 人気のある場所に出るとちょっと落ち着く。
ここのお店は夜遅くまでウェイウェイな感じの人が集まってた。

Capri3_48
 
帰路へつくバス。
Capri3_50
 
泊まってたホテル。
夜になるとライトアップがなんかエロい・・・
もとい
ムードがある

Capri3_53
 
こんなところで生まれ育ったら、価値観かなり違ったかもしれない・・・・
そんなことを考えていたら眠れなくなった。

Capri3_54
 
悶々としていたらやがて窓の外が明るくなっていた。
もうチェックアウトしてローマに向かうんだ、と思うとちょっと寂しくなった。


Capri3_56
 そして何気なく窓の外をみたら、なんと虹が・・・・


 

虹がーーーーーー!!!!!

と大騒ぎする。
Capri3_59
 
消えてしまうまで、ずっと見ていた。

Capri3_61
 

私の中ではとても楽しい思い出になったカプリ島の滞在でした。
 




6月はお休みが少ないのであまり展覧会に行く時間がありませんでした。
このたびご縁がありましてとある美術館の教育普及ボランティアスタッフをさせていただくことになりました。
これから研修があるのでとてもドキドキしていますが、来館した方に色々なことを感じ取って帰ってもらう、
そのほんの少しのお手伝いができればいいなと思っています。
そして初めて公立美術館のスタッフとして実地で学べる貴重な機会を頂けてうれしく思っています。 

---
◆東京都庭園美術館
フランス国立ケ・ブランリ美術館所蔵 マスク展
2015年4月25日(土)–6月30日(火)
〈エンサイクロペディア・シネマトグラフィカ〉上映会
日時:2015年6月20日(土) 16:00~17:30ごろ(開場15:45)
ゲスト:関根秀樹(古代技術史・民族文化研究家)
コーディネーター:下中菜穂(ECフィルム上映チーム)

◆東京オペラシティ アートギャラリー
高橋コレクション展 ミラー・ニューロン
開館時間:
11:00 ─ 19:00 (金・土は11:00 ─ 20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
2015年4月18日[土]─ 6月28日[日]


◆松岡美術館
創立40周年記念 特別企画 
わたしの好きなシロカネ・アート
あなたが選ぶ、松岡コレクション「日本の美」
2015年4月7日(火)~6月28日(日)
6月27日(土)午後3:30~ 演奏:武蔵野音楽大学学生(バリトンと弦楽によるアンサンブル)
〒108-0071 東京都港区白金台5-12-6
TEL:03-5449-0251 FAX:03-5449-0252


◆国立新美術館
マグリット展
東京都港区六本木7-22-2
開館時間
10:00~18:00 金曜日は20:00まで
会期
2015年3月25日(水)~6月29日(月)  

◆八王子市夢美術館
特別展 戦後日本住宅伝説
―挑発する家・内省する家
会期
2015.6.14(日)- 2015.7.20(月・祝)
開館時間
10:00-19:00 入館は閉館の30分前まで
休館日
月曜日 ただし7月20日(月・祝)は開館

◆印刷博物館 
ヴァチカン教皇庁図書館展Ⅱ
http://www.printing-museum.org/exhibition/index.html
2015年4月25日(土)~2015年7月12日(日)
所在地 
〒112-8531
東京都文京区水道1丁目3番3号 トッパン小石川ビル
開館時間 
10時~18時(入場は17時30分まで)

◆三井記念美術館 
フィラデルフィア美術館浮世絵名品展 春信一番!写楽二番! 
2015年6月20日(土)~8月16日(日)
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階
TEL.03-5777-8600(ハローダイヤル)

◆東京国立近代美術館
No Museum, No Life?―これからの美術館事典
国立美術館コレクションによる展覧会
2015.6.16 - 9.13
住所 〒102-8322 東京都千代田区北の丸公園3-1
開館時間 10:00-17:00、金曜日は20:00まで(入館は閉館30分前まで
---

8月だけどこれは行きたい!
東京オペラシティ アートギャラリー 
鈴木理策写真展 意識の流れ
期 間:
2015年7月18日[土]─ 9月23日[水・祝]

しかし行きたい美術館が沢山ありすぎ問題…。
時間が無いよう。夜間開館してほしい… 。
 


今年はようやく日本の音楽業界もスタンスが変わるとおもいます。
くるくると言われ続けたSpotifyの日本上陸は結局まだ来てないのですが!!
それの上位互換といってもいいくらい良いアプリになっている「AWA」
みんな使った方がいいよ。
AWAに足りないのはアーティストのプレイリストが楽しめないことだけど、 
国内向けにローンチするなら755みたいに人気のあるアーティストと契約して作ってもらえばいいわけだし
多分成り立つと思います。

そして、ずっと応援していた「LINE MUSIC」もティザーサイトが公開されています。

そして、Appleも音楽に本腰入れてきましたね。個人的にはBeats1のラジオ配信が興味ありますが
どうせなら年中無休でフェスの配信でもしてくれたら月3000円くらい払ってもいい。
そしてこの方のブログがかなり自分的にもしっくりきた。




定額配信ってどうなの?
という疑問を持っている方も多いと思います。

さいきんの若い子って音楽全然聞いて無くない?
ランキングチャートやばいじゃん。
そう思っている人も多いと思います。

でもこのイシューについては私は1つだけささやかな反抗をしたい。

私はTwitterで完全な音楽アカウントを持っています。
基本的には自分が傾倒しているEDM系リスナーのフォロワーしかフォローしていません。
大体300人弱ですが、14歳~20歳がメインです。

EDMの人気はヨーロッパやアメリカで爆発的に人気になってから周回遅れで日本にもようやく定着し始めました。リスナーの半分は10代だし、単調なビートで何のひねりもないサウンドがもてはやされていることに従来の洋楽ファンの方は辟易しているという話もききますw。
当然、それらはオリコンのランキングでは10位以内に入ることはないです。
だって握手券をつけてCDを売ることを目的としてないから。
 
彼らはどうやって新曲を聞いてるんでしょうか。
好きなアーティストはTwitterでフォローしてれば、新曲のティザーをどこかに上げてます。
または自分の仲間内でRTしまくって、誰かが教えてくれます。
基本的にはいまの子たちはiTunesやBeatpoatなどで買う人が多いし、もっというと「買わない」です。
YoutubeやSoundcloudで済ます人が多いです。
でも、皆流行りの曲(主にUSチャートやフェスでかかる曲)はほとんど把握しています。
正直言って情報量の違いに驚かされます。
今や売上=流行ではないんです。 
彼らはなんでそんなに貪欲に日本でたいして流行ってない曲を聴きまくってるんでしょうか。

DJのイベントでは、自分の曲をひたすらかける人よりは流行りの曲のアレンジをかける人の方が多いです。
より多くの曲を知っていないと盛り上がることができません。
日本ではあまりかからない曲もあります。
でもイベント行くとみんな狂ったようにジャンプしてるし、みんなでシンガロングできます。
この共通体験の共有というものに、今の10代の人たちは非常に敏感だと感じます。 

「Iの時代からWEの時代へ」
と誰かがTwitterでつぶやいていましたが、その通りだと感じました。

音楽というものを「形ではなく」「空気のように」受け取れる人たちがいまの若い世代だと思います。
よくわからない音楽ライターのライナーノーツなんかより自分たちの方がよっぽど情報をおえていたりして、
ブログで発信している人も多いです。
好きなアーティストの音楽とはいつでもつながってたいし、誰より多く情報がほしい。
好きなアーティストが渋谷で寿司を食べてたら場所を特定して会いに行って自分の音源を手渡ししちゃうような子たちもいます。
フェスのためにマイアミやベガス、韓国くらいまでならノリで行っちゃうような人たちがわんさかいます。
正直言うと、デビューしてないふつーの素人の方が、よっぽど行動力があるように思えます。 

これは自分がすきなジャンルがそうだからであってすべてのジャンルに当てはまるとは限りません。
ただ、EDMというジャンルのシーンはアーティスト自ら発信して拡散し、イベントで本領発揮するという今のシステムに非常に適していると感じています。
流れてくる音楽をただひたすら消費するのに、1枚2000円もするCDを毎回買っていたら、破産します。
そういう意味では、定額制の音楽消費システムは非常に理にかなっています。

別に音楽を聞かなくなったわけじゃない、フォーマットが今の形に合わなくなってきただけ。
それを日本でも証明する年が「2015年」であってほしいし、そうであるべきだと思います。
そして、日本のマーケットが小さいと感じるのであれば、海外のマーケットも視野に入れて活動できるプラットフォームになってほしいです。
音楽に国境なんてほとんどなくなっている、という認識が加速しそうな、2015年の初夏の夜です。

Capri2_2

カプリ島2日目。
Hotel Capriでの朝食。
誰もいなーい!!
Capri2_1
 
誰もいないのに、こんなにたくさん食べ物がある
なぜなぜ!?


今日はアナカプリに行きます。
青の洞窟は波が高くて無理っぽい。
アナカプリは昔ながらのカプリの面影を残す町。
実はカプリの観光名所はアナカプリ地区に多く集まっています。
そこで、アナカプリからさらにFAROという灯台にCapri2_7

向かうよ。

Capri2_8
 
今日はM.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8で撮影しました。
このレンズすごい好きです
でもこの頃は何の知識もなくただレンズが交換できることが楽しくて撮ってました…

Capri2_12
 
絶壁
Capri2_10
 
これが灯台
青い空に良く映える色でした。

CApri2_16
 

Capri2_11
 
バスからずっと一緒だった、ジブリに出てきそうなマダム3人。
Capri2_14
 
多分夏のシーズンだったらオープンエアのカフェなんだろう 

Capri2_15
 
気持ち良さそう

Capri2_17
 
バスでアナカプリまで戻ります。
カプリは島の中に山があるのでいろは坂なみにうねうねしてます。
結構運転荒いです。

PA113718
 
次に向かったのはアナカプリの市街地にある「ヴィラ・サン・ミケーレ」。
ローマ時代、アウグストゥス帝の別荘跡にスウェーデンの医師で、作家でもあったアクセル・ムンテ(Axcel Munthe)がサン・ミケーレの礼拝堂を移し、別荘に改築したそうです。

PA113716

書斎と寝室

PA113714

古代の彫刻がたくさん。

PA113719

 秘密の花園みたいな庭園。
PA113730
 
ダリアが咲いていた。日本風の菊もあってちょとびっくり。



PA113732

カプリ・ブルー!!
こんなお家に住んでる人がいるとかすごすぎる。

PA113735

青い。

PA113741

出口付近のお土産やさん。
陶器が有名なのかな。

PA113742

おなかもすいてきたからランチじゃ。
夜は雑誌に載っていたお店に行こうと思っているから昼は軽めに。

PA113746

軽・・・めに・・・・

どーん。てなかんじの
パニーニ!!!

エクセルシオールのパニーニとは明らかにサイズが違う!

PA113745
 
なぜかソイソースが売ってる。
え、パニーニにかけるの・・・??

謎なお店でした。 

↑このページのトップヘ