あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。

January 2015


このルミネの広告に心射抜かれた系女子も多かったと思うのですが、
2015年1月から3月にかけて、蜷川実花さんの個展が都内各地で開催されます。


◆品川の原美術館
蜷川実花:Self-image
2015 年 1 月 24 日[土] - 5 月 10 日[日]


見どころ:
1. 蜷川実花初のセルフポートレイトを中心とした展覧会。「生身に近い、何も武装していない」と作家自身が語る特別な写真群(=Self-image)を紹介する。
2. 華やかで鮮烈な「蜷川カラー」のイメージとは異なる、新たな魅力を提示する。
3. 元邸宅という原美術館の親密な空間を活かした展示構成とする。(プレスリリースより抜粋)
 

開館時間 11:00 am - 5:00 pm(水曜は8:00 pmまで/入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日 月曜日(祝日にあたる 5 月 4 日は開館)、5 月 7 日
入館料 一般1,100 円、大高生700 円、小中生500 円/原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日は小中高生の入館無
料/20 名以上の団体は 1 人 100 円引
交通案内 JR・京急「品川駅」高輪口より徒歩 15 分/都営バス「反 96」系統「御殿山」停留所下車、徒歩 3 分/京急「北品
川駅」より徒歩 8 分 
東京都品川区北品川 4-7-25 〒140-0001
Tel 03-3445-0651(代表) Fax 03-3473-0104(代表)
ウェブサイト http://www.haramuseum.or.jp 

◆8/ART GALLERY/TOMIO KOYAMA GALLERY
蜷川実花 展
noir
2015 年 2 月 4 日[水] - 2 月 23 日[月] 

見どころ:  ― 生と死の輝き ―

「蜷川実花」の名前から多くの人が連想する、「Acid Bloom」「Liquid Dreams」「FLOWER ADDICT」などのシリーズの、花々や金魚、今をときめくアイドルやモデルを捉えた写真の鮮烈な色あいは、「蜷川カラー」とも呼ばれ、明るく開放的な生の雰囲気に満ちています。しかしその光に対するものと同じくらい、彼 女の目は影にも向いています。生と死を表裏一体に捉えたような「noir」、目黒川に散る桜を繋ぎ止めるように一心不乱に撮影した「PLANT A TREE」など。そこには、「黒の中には色が溢れ、色の中に黒は潜む」(『noir』)という作家の言葉にも表れる、豊かな黒、闇を見出せます。(小山登美男ギャラリー HPより抜粋)
 
渋谷ヒカリエ 8F 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
(多分入場無料) 
http://www.tomiokoyamagallery.com/exhibitions/mikaninagawa-exhibition-8tkg-2015/#.VL8KtUesX7w
 
◆三宿 CAPSULE  /  カフェ SUNDAY 
蜷川実花展 「Portraits & Flowers」 
2015 年 2 月 21 日[土] - 4 月 12 日[日]
 
 見どころ:
2015 年春、東京・三宿のスペースCAPSULE とカフェ SUNDAY において、同時開催。 これまでに国内外で80 以上の個展を開催し、『さくら ん』『ヘルタースケルター』の映画監督や、セリーヌ、 ETRO などファッションブランドとのコラボレーション などジャンルを分たず益々活動のフィールドを広げる 蜷川実花。今回CAPSULE ではアイドルやモデルなど 華やかなポートレイト作品を展示します。  (小山登美男ギャラリー HPより抜粋
 
CAPSULE:http://www.capsule-gallery.jp/ 
SUNDAY:http://www.sunday-cafe.jp/

個人的にはこちらのギャラリー&カフェに展示される作品に興味があります。

◆最後に、伊勢丹にてポップアップストア開始! 

蜷川実花さんの作品はいつもハイコントラストな色彩と独特の構図が素敵だなと感じます。
去年課題で「展示プランを考える」というのがあって、彼女の作品を何点か選びました。
作品を眺めながら、どういう風に展示すればより魅力が伝わるのか?ということを考えていたので、今回の展覧会はとても楽しみにしています。
あれから4ヶ月くらい経って、作家と作品に対する考え方も少し深くなったと思うので、改めてもう一度取り組んでみたい…。

また、仕事における考え方を読んで改めて素敵な方だと思いました。

【ランチ対談】「言葉」をあまり信用してないのかもしれない 蜷川実花(写真家・映画監督)×森川亮<前編>

特に渋谷で働く皆さんにはヒカリエの8/はとても近いし魅力的なアートスペースだと思いますのでこの機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

現在「日本科学未来館」で開催されている、「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地(http://odoru.team-lab.net/)」に行ってきました。
いつもフットサルで対戦させていただいているチームラボ株式会社が発表したデジタルアート作品を中心とした巡回展です。

結論から言うと、
「めっちゃくちゃ身震いするほどすばらしい!!!!」
の一言につきます。 
アートとテクノロジーの融合で未来を見るという、自分にとってもいつか目指したい分野で、同じ業界の企業が
単独で巡回展を行うというのは純粋にすごいと思うし、あこがれます。
会場提供の日本科学未来館のあいさつからも、さまざまなことが読み取れます。 
2014-12-23-19-11-38


展示内容はご自身の目で見ていただきたいので、少しだけ。
今回の展示で目指したのは、遠近法ではない日本の伝統的絵画技法である平面的な技法をチームラボ的に解釈した「超主観空間」の構築。
■踊る!アート展
2014-12-23-16-42-02

※すべて撮影OKです。
Nirvana(部分)
チームラボ, 2013, アニメーション, 6min 20sec (9:16 x 8)
 
2014-12-23-16-28-31
 
花と屍 剝落 十二幅対 / Flower and Corpse Glitch Set of 12
チームラボ, 2012, デジタルワーク, 1min 50sec (9:16 × 12)
 
■学ぶ!未来の遊園地
2014-12-23-16-02-57

Connecting! Train Block
teamLab, 2014
2014-12-23-16-17-01

3D Sketch Town
teamLab, 2014

プロジェクションマッピングやインタラクティブアートなど、日本ではまだまだ芸術作品としてよりは商業的な観点で見られることが多いこれらのジャンルですが、今回は全身で体験できるような作品が多く、まさに踊り、学ぶ、未来の遊園地を楽しむことができます。
 
私が訪問した2014年12月23日は、関連イベントとして、「チームラボメンバーと巡る企画展ツアー」と題したチームラボ社員である工藤岳氏によるギャラリートークが開催されていました。学生や20代の若者が多く、チームラボという会社が若い人たちに興味をもたれていることを感じました。
工藤氏が展示作品についてのコンセプトから実際に制作時にどのようなことをテーマにしていたか、などについて細かく説明されていました。製作者自らが利用者に対して語る機会があるというのは双方にとってもとても意味のあることのように思いました。
説明がなくてただ見ているよりも、感情移入に差が出ます。
(これを良いと思うか、客観的に見たいから必要ないと思うかは人しだいかもしれませんが。。。)

また、スペシャルトーク「猪子寿之×石黒浩 -僕らのつくりたい、未来の人間」と題してチームラボ代表の猪子寿之氏、ロボット工学者の石黒浩氏、日本科学未来館展示企画開発課長の内田まほろ氏による90分のトークセッションが行われていました。(http://japanese.engadget.com/2014/12/27/2/
2014-12-23-18-34-43


これは内田氏が猪子氏、石黒氏の作品・展示を担当したことによって、2人には共通点を感じたらしいです。
ジャンルの違いを越えてこの2人の対話によって「未来」を考えるというトークセッションをしたら面白いのでは…ということで、この機会が生まれたと説明していました。
 定員400名で、10代、20代の男女が目立ちました。また、同時に「ニコニコ生放送」によるインターネットによるライブ配信を行っていました。実はトークセッションを見ながらニコ生も確認するという社員かというくらいマニアックな見方をしていたのですが、約8800人程度が閲覧していたので、このトークセッションには合計約9200名程度が参加したことになります。武道館や代々木体育館が8割くらい埋まってる感じですね。すごい!
 
2014-12-23-18-33-45


猪子さんも石黒さんも議題に対し時にはユーモアを交えながら白熱した議論が展開されていました。
話が全方向に飛んでいくので、コーディネーターさんも大変そうでしたが、非常に面白い議論を聞けました。
特に猪子さんが仰っていた「最終的に人は物質に捉われない社会になっていって、そこから肉体が開放されて、初めて主観で動けるようになる。そういう社会を目指したい」というお話に、その場の参加者は熱心に耳を傾けていました。
また石黒さんが「一般企業で働ける気がしなかったから研究者を目指した」とさらりと言っていたり、「ほとんど誰も理解できないところにイノベーションの本質がある」ということを言っていました。そして、同じく「人間の脳の大きさを考えてまだ利用されていない部分があるとしたらその使われてない部分を使うような社会にしたい」ということを仰っていて、表現方法は異なるけれどお2人の感覚は近いものがあると感じました。
また、ニコニコ生放送で配信を鑑賞している利用者は発言を聞きながらコメントによって意見や野次を飛ばすなど、双方向ではないものの同時鑑賞による意見交換が行われていました。でもこのように見知らぬ人同士で活発な意見交換ができるというのは特に日本では貴重だと思います。
 
今回紹介した日本科学未来館のように、関連イベントの1コーナーのなかで、企業経営者の目線、学術研究者の目線、担当キュレーターの目線という3方向での意見を聞くことで1つのテーマに対する見方を伝えるという試みは非常に画期的でした。作品を作り出すアーティストや、同じ目線で物事を見ている人を専門的な目線で見つけ出し、新たな発見や価値を共有する、というのもキュレーターの役割として非常に重要なのだなあと思いました。

展示は1月31日までなので、まだ見ていない方はぜひ!
---
チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地
会期 2014年11月29日(土)~2015年3月1日(日)
会場 日本科学未来館
〒135-0064 東京都江東区青海2−3−6
開館時間 10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日 毎週火曜休館。
主催 日本科学未来館/チームラボ/日本テレビ放送網/BS日テレ
共催 ゆりかもめ
協賛 日本マイクロソフト株式会社/株式会社PFU/ソニー株式会社/ぺんてる株式会社
後援 文部科学省/TOKYO FM/TOKYO MX/テレビ神奈川/りんかい線

日本科学未来館
チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地
ニコニコ生放送 【猪子寿之×石黒浩】僕らのつくりたい、未来の人間@日本科学未来館http://live.nicovideo.jp/watch/lv203577699

PC073406

改めまして、明けましておめでとうございます。
1年の計は元旦にあり。とはよく言ったもので、1月1日はやはり特別な日だと感じざるをえません。
澄んだ空気にお屠蘇にお節。家族皆でご挨拶。
そういう空気感がとても好きだし、私は日本人だし、日本で生まれ育って良かったです。

さて、2014年は自分にとって色々と悩み、迷い、人生は短い、と改めて感じた1年でした。
思考を巡らせてそのまま終わってしまうのか?
それとも失敗し続けてもとにかく歩を前に進めるのか?
そう考えたときに、自分の性格的にも、たとえ間違った選択だとしても《私の周りには優秀な人が沢山いるから間違っているときは必ず誰かが指摘してくれると信じて》とにかく前に進む努力をしたいと自然に思うようになりました。

それは多分、沢山の人との出会いがあったからです。

結果を出したい、という気持ちを、もっと貪欲に持ちたいです。
言霊、というのは確かにあると感じていて、どこかに文字にしておくことで、自己暗示にもなるし、人に言った手前結果を出さないということは恥ずかしいので、誰も見てないかもしれないけどここに書いておきます。

1.資格を取る
2.ゆるくなる
3.自炊をする(再)
4.行った所の無い所に行く
5.マスターピースを作る

多くは語りませんが、2015年はこれを目標にします。

上の写真は、私が尊敬している勝沼のワイナリーである勝沼醸造のブドウです。
日本の「甲州」種を世界に、という無謀とも言える夢を本気で追いかけているワイナリーです。
日本のワインは、フランスは勿論、ナパやチリ、南アフリカのワインにおよばないかもしれません。
それでも敢えて日本固有の品種にこだわり、品質をあげようと努力するその姿勢に惹かれています。
その大きな夢に比べればちっぽけな夢かもしれませんが、自分に出来ることを精一杯していく所存です。自戒の念を込めて、ここに書きました。 

IMG_7397
元旦に、こういうエントリーを書きました。


あれから1年。
とうとう2015年になりました。
明けましておめでとうございます。
怠け者のあいたむは6つの目標についてどれくらい達成できたのでしょうか。

ーーー

◆ Suicaを失くさない
今年の戦歴:
Suica:1枚
Icoca:1枚
紛失しました・・・・・・(ノ≧ڡ≦)

Icocaはこの前京都行ったときにもう一枚買って来たんですが、12月に失くしたと思って本気で泣きそうになりましたが、昨日偶然傘の中からでてきました(謎)
ほんで、漸く鞄につけられるコードリール付きのカードケース(ハリーポッターの奴)を買いました。
これで失くさないと思ったのですが、鞄買えたら付け替えるの面倒なので、スペアを持ち歩くようになっちゃいました。(ノ≧ڡ≦)

さっさと指認証とかになれば良いと思う。

◆ 自炊
飲み会の数を減らしたから結構家で食べていました。
私の友達に肉の火入れがむちゃくちゃプロみたいな人がいるのであんまり書きたくないけど、、、
今年はなんかキッシュをよく焼いていた気がします。
煮豚の腕は少しあがりました。いつでもラーメン屋のチャーシュー作れます!ただし3日ください

最近たまに巷で調味料がブームになりますが(今は塩レモンとか)、
個人的には塩麹とゲランドの塩と100円ローソンで売ってる白だしとヒゲタ醤油の本菱は神★だと思います。
4種の神器と呼んでいます。
今年はがんばって、お弁当作りに挑戦してみたいと思います。

◆ お酒の質をあげる、そして量を減らす


量→11月、12月は一定期間断酒していたので、アルコール量は結構減りました。
ただ今家にワインが1ダースくらいあります。ワインセラーが欲しいですが高いです。

質→最近目黒と根津に素敵なワインバーを紹介してもらって月1くらいでお友達と3人〜6人くらいで行っています。たまに恵比寿のワインバーMさんや新宿御苑の礼華さんなどで持ち込みワイン会に招待してもらって飲むようになりました。美味しいです。やっぱりブルゴーニュのワインは美味しいです。
(大事なことなので2回言いました)

★最近飲んだおすすめワイン★




シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ ムルソー プルミエ クリュ レ ペリエール[2007](750ml)白アカシアの花や白桃の香りがする華やかなムルソー。
京都のワインバーで頂いたのですがもう一度飲みたい。


最近ニュージーランドのワインにはまっていて、よく飲んでるのですが、こちらのスパークリングはシャンパーニュ製法で作っていて繊細な味が楽しめます。値段もそんなに高くないのでおすすめです。

◆ 仕事に関係のない本を月に1冊は読む
残りの3ヶ月はひたすら研究用の本ばかり読んでいて最後は気持ち悪くなっていました。
ひとまず近所の図書館の蔵書数が多いのでかなり重宝していたのですが専門書はさすがに少ないのでよく国立新美術館のアートライブラリーや東京国立博物館、国立国会図書館に行ってました。でも貸し出しはしてもらえないのでその場で気合いで読むか、コピーしてもらいました。
国立新美術館のアートライブラリーは入りやすくて司書の方も親切なのでもし展覧会で行かれたらついでに見てみたら良いと思います。日本で開催された過去の展覧会の図録はほぼあります。
読んだ本はここに書いても全然面白くないのですが、今回は最後なのでちょっと変化球で雑誌をご紹介しようと思います。


ガールフレンド特集。
POPEYEを熟読してこじらせちゃってるロールキャベツ系男子とつきあってみたい人生だった。
「ガールフレンドに密着大作戦!」とかもうタイトルだけで半笑いですがPOPEYE好きです!
モデルもカッコいいので女子も読むべき!
ちなみに

これ、一昨年のものですがかなり充実した内容で良いです。
何度かパリに行ってて普通のガイドを買うのはちょっと、という人にはぜひお薦めしたい。
 

私が知ってたCLASSYと言えばJJを卒業した30代女子が買う「CLASS」なファッションを取り扱う雑誌というイメージだったので最近の路線変更には驚くばかりです。特に着回しコーデはNAVRまとめにまとめられるなどおかしな感じになってるらしい。


あと、ちょっと衝撃だったのは最新号の↑「冬を乗り切る〜」で取り上げられてる「ZARA、GAP、UNIQLO、PLST、無印良品をフル活用」というキャッチコピー。CLASSYよ、おまえもか、、と言った感があります。しかし一応H&MやFOREVERなど安くて素材が残念な店を載せてないのは最後のプライドなのでしょうか。GAPやユニクロや無印の品質は結構安定しているし、コットンやウールやカシミアなど、素材にこだわるものもあるからでしょうかね。
 


この雑誌を読んでるといつもどこかに行きたくなるのですが、こちらは夏の京都特集ということで、ひとりでもふらりと入れそうな気軽なお店からミシュランに取り上げられているお店まで素敵なお洋服とともに紹介されているのでとても見ていて楽しかったです。
写真もすごく素敵でした。こういう写真撮りたいな。

◆ お店の運営とかやってみたい
→お店の運営なんて無理よー無理無理wって感じでした。
ネット通販とか出来る人はすごいね。
今年は1日店長とかやってみたいです。好きなお酒しか出しません!メニューはおにぎりと豚汁です!

◆ 資格を取る
1.TOEICの件ですが、正直な所手を広げすぎてしまったので、今年の1月から再開することにしました。でも途中で気づいて諦めて良かったです。諦める勇気必要。

2.学校に通っていた件ですが、12月25日に全てのレポートの提出が完了しましたっ!!
超褒めたい。正味10本のレポート+スクーリング課題を9ヶ月で出すという(1年じゃなかった)スパルタ通信教育で何日徹夜したか覚えてないし、正直10月末の頃は「もういいやもう1年延長しよう」と諦めてました。しかし、担当教員からの叱咤激励を頂き、また家族からの熱いサポートのおかげでなんとか提出できました。この後最終考査があるのでそれで確定します。後1ヶ月がんばります。
IMG_2217

私にとって2014年は勉強の年でした。といっても知識を詰め込むというよりは、視野を広げるために必要なことであり、楽しかったです。また、新しく知り合った仲間は学生さんからリタイア組まで様々ですが、様々な事情を抱えながら、明確な目的があって参加していて、非常に触発されました。

今年も色々な事が起きると思いますが、今決めている目標に近づけるよう、日々の積み重ねを大事にしていきたいと思います。 

2014-08-16-01-03-43

とうとう2015年になってしまいました。2014年はULTRA Japanが初開催されるなど日本の中でもEDMをはじめとするエレクトロ系ミュージシャンの来日や楽曲プロデュースなどの話題が多く、盛り上がって来たなぁと思う今日この頃です。
そこで。
2014年を思い出す(思い出せる!)はずの、EDM系楽曲を10曲選びました。
(書いているときは大晦日だったのですが、気づいたら30分経過してたw)

1. Afrojack -Ten Feet All
 

Afrojack先生は今年知ってる限りでは3回ほど来日するなど、すごくすごーく日本と相性が合うようですね。この曲は年明け〜夏ごろまでいろんなお店でかかってました。

2.Calvin Harris - Summer
 

世界一稼いでいるという噂の(23億円)Calvin Harrisさん!!イケメソだし歌も歌もうまいしでめっちゃ人気もあります。夏に流行りまくりました。

3.David Guetta & Showtek - Bad ft. Vassy
 
フランスが生んだちゃらいキラキラハウス出身のDavid Guettaさん。今年は離婚したりTomorrowlandで決まっちゃったりと色々ありましたが、このShowtekとのコラボ曲は結構いい感じですね。Hardstyleって感じですね。

4.Deadmau5 - Avaritia
 
冷静沈着なプログレハウス&毒舌&ネズミ頭を武器に至る所で話題&物議を巻き起こしているDeadmau5さん。日本好きとか言いながら一度も来日してないってどうゆうこと!?来年こそは必ず来てほしい〜

5.Dillon Francis, Sultan + Ned Shepard - When We Were Young

TRAPのお祭り番長といえばDillon Francis、いつもおちゃらけてて笑顔が素敵な彼ですが、作る曲には何となく影があるというか、ブラックユーモアというか、闇を感じるんですよねえ...そういうとこが結構好き。

6.Madeon - You're On
 
フランスの美少年ことMadeonきゅん!!!!!!!!
彼のRemixも大好きなのですがこの新曲はかなりヘビロテしてます(進行形)

7.Martin Garrix - Animals
 
若干18歳ながらもうメインスターダムにのし上がったMartin GarrixくんのAnimalsはもー聞き飽きたよーって位聞いたので入れないとね。初来日も済ませましたが次回はぜひ単独来日してほしいです。

8.Nicky Romero & Vicetone - Let Me Feel (ft. When We Are Wild)

今年はSEKAINOOWARIの楽曲をプロデュースするなど(本人はいっさいプロモしてませんがw)中々日本との距離が近づいて来た感のあるニッキーーーーーーロメィロー先生。オランダ特有のゴリゴリハードスタイルと思いきやメロディラインは結構美しくてセンス良いなと思います。来年は来日してくれー!

9.Mat Zo ft. The Knocks - Get Down 2 Get Up

ロンドンの若手DJでPorter RobinsonともコラボしているMat Zo.今年は春に来日するなど、今後注目されるべき、要チェックな方です。彼の曲はファンクっぽいというか聞いていて無意識のうちに踊りたくなる感じで好きです。

10.Skrillex - Recess

今年久しぶりにリリースされたSkrillexのRecessは今までのゴリゴリなブロステップではなくて新たな境地に挑戦している意欲的なアルバムで賛否両論ありましたが最終的に多分一番聞いていたと思います。やっぱり彼は特別な存在で、音楽だけじゃなくて人間的にも尊敬できるし見習うべき所が沢山ある人です。


有象無象に生まれてくるパーティーアンセムの中で10年後も聞きたくなる曲はどれくらいあるでしょう。今回取り上げた曲は少なくとも私は10年後も聞いていると思います。
年末年始で皆で集まって食べたりのんだりすることも多いと思いますが、やっぱり音楽も少しは楽しく盛り上がるものをさりげなくかけたいですよね。私の場合気づいたらパイ投げしてるかもしれませんが。。

ということで、今年も楽しくパーティーしよう!

↑このページのトップヘ