画像1


ワインが好きです。
最近感動したのはこのEgly OurietのRatafia。シャンパーニュをしぼった葡萄果汁にブランデーを添加したもの。美味しすぎてあとで楽天でぽちりました。

昔はドイツの甘口ワインが好きでした。
昔リューデスハイムに住む知人のお家にいったときに、ドイツの白ワインが甘くて好きです。といったところ、

まだまだ。あまちゃんだねえ。

と言われて早10年。

白ワインは、昔より辛いのが好きになりました。
美味しい赤ワインは好きです。でも高いです。

飲み会にいってもワインを飲むことが多いです。

でも別にセレブってる訳では無いんです。

私が居酒屋でワインを頼む理由は、

混ぜ物じゃない=出自がわかる=多少は安心
というのがあります。

知っているか!
歌舞伎町の怪しい居酒屋では焼酎がわりに謎のアルコールで酒を提供している事を!

昔そんな類の店で酷い目にあってから居酒屋でお酒を飲むのにすこーし抵抗があります。

しかし、ワインは割りものなし。
中国の怪しいワインに当たらなければ、多少微妙でも酔いつぶれません!

前説が長くなりましたが、諸々の理由から、ワインは好きです。

しかし、ワインエキスパートの資格やソムリエの資格がある訳も無く、好きな傾向のワインしか飲まないので嗜好は非常に偏っています。エチケットもとっておくなんて事もしないので、美味しかったワインの名前も忘れがちだったりします。


そんな折、Vinicaというアプリを、夏から使い始めているのですが、これがめちゃくちゃ良いです。

画像1


自分が飲んだワインのラベルを撮って投稿するだけのアプリですが、
これがすんごいのは、黒子の方が、数日後に自分が飲んだワインをDBに登録してくれるのです!!

こんなサービスあります?
なかなかないですよ!
ものすごい人力サービス!
大好きです。

画像1

ワインの登録は、前後のラベルやボトル、またグラスや一緒に楽しんだ料理も登録できるようになりました。

いままでは前のラベルを登録する感じだったのですが、おそらくワインと関係ない写真や純粋なワインの写真以外にも写り込む画像が多かったためかと思われます。
とても…細やかですね。

他の方の投稿を見てるのもとても楽しいです。

自分の中で死ぬまでに飲んでみたいとおもうワインがいくつかあるんですが、それを毎日飲んでる人がいたりしてじっと手をみたくなります。

また、自分が買わない赤ワインの感想をただ読んでるだけでも、ワインを飲んだ気分になります。

こういうサービスは、多分PCメインであれば、やたらワインオタクみたいな人が集まりすぎて初心者帰れ的な空気になりやすそうです。

でもアプリから始めたところがとてもにくいです。
スマホユーザーの普段使いのワインを投稿、というコンセプトが自然体で素敵だし、DLしたてのひとも始めやすそうです。

一つ気になるのは、投稿したあとのコミュニケーション自体が生まれにくい感じがしますが、今後に期待しています。