002
今日は祖父の19回忌でした。
祖父はカメラが好きな人でした。
国鉄職員で教官をしていた祖父はメカニックが好きな頑固者でした。
怖い人、とみられていました。
でも孫の自分を、彼なりに大事に愛してくれました。
彼が好きだった街の一つは浅草で、去年その街をテーマに写真集を作りました。


001
生前わからなかった彼のことを、写真を通じて感じ取るようになりました。
シャッターを押せば誰でも何かは写すことができる機械。
いつ、なにを、どう切り取るか、で出てくる絵が変わる不思議な機械。

自分が望む姿形を取り出すことはまだまだ遠いけれど、カメラがあれば、いつでも彼と対話ができる。
そんな機械を残してくれてありがとう。