P1260644
(今年一番お世話になったザ・リッツ・カールトン東京様から見える景色。https://www.ikyu.com/concierge/9321

今日は大晦日ということで、2017年を振り返って一番印象に残ったこと。
やはり転職でした。
前の会社は自分が働く意味を作ってくれた人が沢山いました。
日本の中でも(アジアの中でもかな)トップクラスのエンジニアとデザイナーに囲まれていて、
その体験こそはお金では変えられない価値があり、財産になると思う。
気になったあなたはこちらをチェック★⇒ https://engineering.linecorp.com/ja/careers
(超どうでもいいけど、No Bordersのところ、No Bonusと空目したよ)

前職では「みんなをHAPPYにするサービスを作りたい!」を目標にしていました。
最初は「検索」をトリガーとして、途中で「人と人をコネクトする」ハブとして、そして「集合知」をベースとしたメディアとして。
どのプロジェクトも足りない頭で考えを出し切って、出来たこととできなかったことがありました。
会社という組織に属している会社員にとって、与えられた課題と、叶えたい夢を同時に仕事にするのは難しいことです。
後者については、事業優位性の説明もできなかったし、少しだけ諦めていました。
諦めた先に自分に何かできることはないのか?と考え、
オフラインの基盤があるサービスで、いまとは違うアプローチが出来ないかなと転職をしました。

悩んでいたときに話を聞いてくださった教授が自分の絵空事に興味を持ってくれて、アドバイスいただき、同時に「消費者行動の情報接触を起点とする態度変容」ということを真面目に勉強してみたいと考えるようになりました。 
ああ、自分は消費者行動に興味があって、その手段が検索であったに過ぎなかったのだと。
ネットの情報を整理するということだけではなく、流通経路に興味があって、だから学芸員の資格をとって情報の収集、展示と集客手段にすごく拘っていたのだと。 

P6091034
オフサイトミーティングとして行った葉山の貸別荘。https://www.ikyu.com/concierge/9317
転職してからは新しい事業部の立ち上げを担当することで、 
サービスECについても宿泊事業についても知識も経験もないため、がむしゃらに動いた1年でした。 
今までのルールが全く通用しないことが多くて、戸惑うことも多いのですが、ただ本当にありがたいのは、自分みたいな欠損人間に対しても非常に優しく接して下さる方が多く、「人のつながり、温かさ」に心から感謝した年でした。

また昨今の「人々のライフスタイルの価値観の変換期」に、直接ユーザーの声を聞いてフィードバックするという、エキサイティングな事業をできていることがとても楽しいです。 

今は自分が前の会社に入った時に状況が似ていて、躍動感に溢れています。だから自分に出来ることを全部したいし何かプラスになることができればと考えています。


DSC_4203

話は変わって自分はシャンパンがすごく好きなんですが、
モノづくりをしている人にこそシャンパンを本当に飲んでほしくて。


最近は料理のトレンドがクラシックから劇場型やストーリー性が重視されていることもあり、
ワインも今はナチュラルさや仕上がりをライトにしているものが求められています。
作り手の一定の品質を保つための努力は聞けば聞くほどすさまじく、一つのモノを磨き上げることの大変さを感じるために飲んでいます。

今年の5月に、シャンパンの作り手で神みたいな人(アンセルム・セロス氏)に会いに行き、
質問させていただきました。
『あなたにとって良いシャンパーニュを作るには何が一番重要ですか?』
彼は混じりけのない瞳でこう返してくれました。
『 Il faut arrêter du travail. Laissez faire la nature. 』
働くことをやめること。自然に任せること。
あんまりいじくりかえさない。自然と向き合うこと。土と対話すること。
この言葉がとても衝撃でした。

何にしても、手法とか戦略とか、いじくる手立てを考えてしまうのが世の常ですが、
彼の言った言葉はとてもシンプルで、自分が相手にしている人と向き合い、対話をすることが大事だと。
私たちが使うサービスって、モノでもAIでもない、ヒトが使うんですよね。
仕事において、このことを強く意識しました。
今年は種まきばかりでしたが、来年は色々と人が楽しくなるような、HAPPYなモノづくりをさらにしていこうと思います!