毎年サポートスタッフで参加している、KYOTOGRAPHIEが今年も始まりました。




今回のテーマは『LOVE』

『愛』と呼ぶ感覚や概念は、個々のバックグラウンドによりそれぞれ異なります。

愛に対するイメージは一人一人異なる。
どんな形であれ、欲望であれ、誰しも何かに愛を感じている。
定性的な感情を作品として残し、他者の愛を写真と古都の空間の中で読み取るという行為はとても素敵だと思います。


個人的に気になっているのは、二条城で開催しているアーノルド・ニューマンの『マスタークラス』と、建仁寺 両足院を会場にした荒木経惟の『机上の愛』です。
特に両足院は昨年のアルノ・ラファエル・ミンキネンの作品のインパクトが熾烈だったので、今回はどんな展示になっているのか楽しみです。


また、ギャラリー素形を会場にしているジャダ・リパの『The Yokohama Project 1867-2016』も、中々に興味深く、是非見ていただきたい…と思います。

この会場は入場無料です。

ということで是非来てください!

今年は5/14まで開催しています。

『愛』については長年自分にとって因縁めいた呪縛であり、肯定的な印象を持てませんでした。
そんな人間が作品を作るという行為に挑戦した時に行き着いたのは、祖父のカメラ愛と彼の思想への理解という私なりの愛情でした。

圧倒的な作品群に多くを学び、半ば思考停止中の作品制作を、非常に悩みながらもじりじりと密度を濃くしていくために、本格的に再始動させなければ…と考えています。