あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。



仰々しいタイトルに敢えてしてみたくなるくらいアッサリと、今年のベストが決まりそうな勢い。

カッサンドル展



『キュビスムやバウハウスから影響を受け、1920年代に制作した幾何学的でダイナミックなポスターは、時代の先駆的な表現として、グラフィックデザイン界に「革命」とも言うべき大きなインパクトをもたらしました。カッサンドルのポスターに共通する壮観な構図とスピード感は、機械と大量消費の時代をまさに体現していたのです。』

今回展示されていた作品の中でも一番心を打ったのは、《ラントランジジャン》1925年という作品。
放射線が他人の耳を介して中心の人の耳の中に繋がる、とても目を引く作品だ。

新規創刊する夕刊の広告だが、人々の声を繋げて耳に届けるということを図形化している。

シンプルかつ明確なメッセージをいかに図形化するか?という試みは、スマホの小さなスクリーンにおいても常に試行錯誤を繰り返していて、終わりのない回答を求めて彷徨っている。

彼の言葉で、
どこまで突き詰めて研究したのか。理論のない作品に説得性はない。
という趣旨のことが書いてあった。

表現としていかに確立させるか、新しい概念を生み出すか、ということの研究の積み重ねの結果に無駄を削ぎ落としたミニマリズムが存在することを改めて、90年前のポスターから読み取った。

特に同じパターンのポスターの連続性が生み出す立体感や主張が人の視線にどう影響するか?は、本当に課題だと思うし、もっと学ばなければならない。

ただなんとなく、みんながトレンドだと言ってるから、ではなく、理由を突き詰めて考えたい。

とても学びの多い展示だったので、本当に心からオススメします。

カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命
2017.2.11 [土・祝] - 3.26 [日]

休館日 月曜日 (3月20日は開館)
開館時間 10:00 ~ 17:30 (入場は17:00まで)

観覧料
一般1000円 (800円)、大高生800円 (640円)
※( ) 内は団体20名以上の料金。
※中学生以下、障害者手帳をご提示の方 (付き添いの方1名を含む) は無料です。

主催 埼玉県立近代美術館

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ