鎌倉近代美術館 通称カマキン。
1月31日の展覧会終了とともに閉館が決まっています。
神奈川県立近代美術館鎌倉館(http://www.moma.pref.kanagawa.jp/public/HallTop.do?hl=k)は2016年2月1日(月曜)以降、収蔵品の移転作業等に伴い、関係者以外は建物内への立ち入りはできなくなります。今後は鎌倉別館と葉山館で行っていくそうです。

DSC_0231

神奈川県立近代美術館は日本で初めて建てられた公立の近代美術館です。
建築はコルビジュエに師事した坂倉準三。
日本語・英語・フランス語・ドイツ語での表記があるのが、今では少し珍しいかもしれません。



DSC_0236

2016年3月をもって鶴岡八幡宮の境内の定期借地権が切れるため、閉館の運びとなるそうですが、
建物自体はそのままにしておく方向で調整しているそうです。

12時ごろに行ったのですが、入るのに長蛇の列でした。

DSC_0241

老朽化が激しいということでしたが改装すればまだまだ全然大丈夫のような気がして、
鎌倉の自然が身近に感じられる美術空間がなくなってしまうのは残念だと思いました。
(実際は葉山に新しい美術館が建ったので企画展などはそちらで開催されるようです。)
自分が去年お世話になった大学の授業で、こちらの6代目の館長の話を伺った際に、
「関東に住んでる人、もし時間があったらなくなっちゃう前にいってごらん。」
と言われていたので、本当にギリギリでしたが来れてよかったです。

DSC_0255
 
館内は撮影ができないのですが、中庭のところにこのような張り紙が。
公共の美術館が拡散ツールに使うのはTwitterなんだなぁと思いました。
ミュージアムウィークのイベントも行ったり地道な活動が定着しているようです。

DSC_0268

館長のお話をみんなで伺いました。
実際には200人くらいがこちらにいました。
こちらの美術館は外と中の空間設計が非常に優れていて、
美術館のベストな空間は地下だけど外光が自然に入ってくる空間なので内外を散策したりととても居心地の良い空間になっていることをあげていました。
(これも野外です。寒かったです。笑)
もしつぎの施設が宗教施設として利用されるとしても、この気の流れのようなものがうまく取り込まれたら良いなと語っていました。


 DSC_0277

こちらのイサムノグチの彫刻<<こけし>>は、以前イサムノグチ展で展示されていたもので、
そのままここに所蔵されたそうです。
そもそも北大路魯山人がイサムノグチに鎌倉にある自分の工房の敷地内に宿を貸してくれたことがあったらしく、縁があったのですね。



明日で展覧会が終了なのでお時間がある方がいたらぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。