Capri3_28
 引き続き、カプリ島の写真です。
カプリ島の写真を見続けたらいますぐカプリに行きたくなるわー

Capri3_10
 
ランチも終わってショッピング。
カプリ島はどこにでもカプリサンダル屋があって、見ると買いたくなります。

Capri3_22
 
ん?

Capri3_21
 

もう1回オーダー⭐️
このお店は日本人の有名人もよく来るんだヨってお姉さんが言ってて、
写真も見せてもらったんですが、確か吉瀬美智子さんがお買い上げしてたみたいだった。

Capri3_24
 

そしてアナカプリからまたカプリの市街地に戻ってきました。
昼間はバスもかなり混みこみだった・・・

Capri3_25

市街地は高級ブティックが軒を連ねていて、本当にバブリーな感じでした。
ただ10月だったのでそんなに混んでなくてゆっくり歩けたけど。
お土産を買うのにお店をちょこちょこ見ました。
Capri3_32
 

甘いものは別腹⭐️的な、ペストリーショップ

Capri3_30

カプリに来てもう1つ行きたいところがありました。
それはサン ジャコモ修道院 Capri3_27
 
修道院の中の回廊がなんでかとっても好きなんです。

Capri3_26
 
ちなみに中はもう立ち入り禁止だったので、柵から撮ったのですが
周りに誰も人がいないから結構かなり怖かった。
明るいからいいけど夜だったらめっちゃ怖いね。

Capri3_29
 
この辺りは市街地から近いのに人が全然いなかった。
カプリ島は本当に青の洞窟とちょっと市街地の周りにしか人がいなくて、しかもみんな本当に日帰りで帰ってしまうので、ゆっくりできていいんだけど、もったいないと思う・・・

Capri3_31
 
至る所に極彩色の花が咲き乱れていて美しかった。
この島にきたいと思ったきっかけは佐々木希ちゃんが表紙だったSWEET 2012年1月号のカプリ島特集だったんですが。 
その撮影を蜷川実花さんがしていて。
珍しくレトロな色彩になっていてすごく素敵だったんです!

本当にあの時SWEET買ってなかったらここに来ることもなかったわけで、編集の方に感謝しています。

Capri3_42
 
そして晩御飯はこちらで・・・・
http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187783-d2227659-Reviews-E_Divino-Capri_Island_of_Capri_Province_of_Naples_Campania.html 

かなり入り組んだ道の中をいく隠れ家的なお店。
Capri3_35


まるで人のお家に招待されたような素敵なレストラン⭐️⭐️⭐️
オシャレすぎる。
女主人の方がめちゃめちゃカッコよくて。
時間が早かったからか誰もいなくてゆっくりさせてもらいました。

Capri3_34

シャンデリアも素敵!!!

Capri3_37

とりあえずイタリア語しかない!
でもイタリア語1ヶ月毎日勉強したからとりあえず単語はなんとなくわかる

ブルスケッタと、ローストビーフのサラダと、豆のスープパスタを頼む。
Capri3_38

ブルスケッタは味が2種類!!
ツナと揚げナスだったかな。

めちゃめちゃ美味しくて、お代わりしたくなりました

Capri3_39

ローストビーフのサラダ
パルミジャーノがかかってて・・・味付けはシンプルにバルサミコで・・・
美味しすぎました

Capri3_40

そして、これ!!!!
ラビオリの皮みたいなパスタで
なにこれ?って思ったんだけど
これがめちゃくちゃ美味しくて・・・
多分イタリア滞在中で一番美味しかった。
シンプルで優しい味付けで・・・
Capri3_41

 かなりお腹いっぱい。
もしカプリにまた来れたら絶対また来たい!!!

ごちそうさまでした。

Capri3_45

お腹いっぱいになったので、カプリの街を散策。
Capri3_46

ちょっと下北の北口の闇市みたいな感じになってる。
エズもこんなかんじだったな。
Capri3_47

ほんとに誰もいないので、神隠しに遭わないかちょっと心配になる

Capri3_49

 人気のある場所に出るとちょっと落ち着く。
ここのお店は夜遅くまでウェイウェイな感じの人が集まってた。

Capri3_48
 
帰路へつくバス。
Capri3_50
 
泊まってたホテル。
夜になるとライトアップがなんかエロい・・・
もとい
ムードがある

Capri3_53
 
こんなところで生まれ育ったら、価値観かなり違ったかもしれない・・・・
そんなことを考えていたら眠れなくなった。

Capri3_54
 
悶々としていたらやがて窓の外が明るくなっていた。
もうチェックアウトしてローマに向かうんだ、と思うとちょっと寂しくなった。


Capri3_56
 そして何気なく窓の外をみたら、なんと虹が・・・・


 

虹がーーーーーー!!!!!

と大騒ぎする。
Capri3_59
 
消えてしまうまで、ずっと見ていた。

Capri3_61
 

私の中ではとても楽しい思い出になったカプリ島の滞在でした。