image

国立新美術館にて開催中の
オルセー美術館展
印象派の誕生 描くことの自由
という企画展に行きました。

オルセー美術館のコレクションは4年前にも来ていたし、去年も行ったしどうしようかな…とおもったのですが、

ある方から、
今回の企画展はストーリー性がつよくてなかなか面白い切り口だった

という感想を聞いたので、勉強も兼ねて行って来ました。

主催が国立新美術館、オルセー美術館、読売新聞社、日本テレビ

ということで、かなり派手な感じでした。

実はここ数日たまたま印象派の書籍を読んでいて、ある程度知識が人並みについてからだったので、企画者の意図したい展示の内容をすこし理解できて、面白かったです。


特にこちらの書籍が、今回の展覧会の内容にかなり近く、参考文献にされてたのではないかとおもってしまいました。

構成はマネの初期作品に始まり、途中活躍したサロン的画家、続いて印象派展に出品した画家の作品群が続き、マネの晩年の作品で終わるという、なかなか面白い構成の展示でした。

特に今回細かく考えられていたのは、
オルセーの中でも日本人に愛されている印象派の求めた技法や描きたかった世界を、平易な言葉で、みやすく、わかりやすく展示する
という部分かなと思いました。
全部で9のテーマに分けていて、かなり細かいのですが、一つの展示室に配置する作品は平均で8点程度と、頭の中がインプットでパンパンにならない程度で次のテーマに移れるので、理解がしやすいと思いました。
また、作品にたいしてスペースがかなり広いので、大混雑ながらも比較的ゆったりと見ることができました。
(みんな大体2分位で次の作品に移るので、すこしまってれば見れます。
当時絶対的権力と唯一の発表の場であったアカデミーに、過去の画家の技法を現代化することで本人の意図に反して反旗を翻していると誤解され、サロンに落選しつつも権威に認められたかったマネと、新しい技法を確立するのに夢中になり、受からないサロンから飛び出して自分たちでグループ展を開こうとしたマネやドガ、ルノワール。
その対比がすんなり入ってきました。

また、出口に最も近い場所にクレマンソーのポートレートの作品があったのも印象的でした。
当時なかなか認められなかった印象派の作品や画家の魅力をいち早く理解した後の首相の画がラスト近くにあるのは意図を感じました

ただ一つ欲を言えば、マネが不遇の時代を過ごす原因となる作品は展示されていなかったのは残念というかもったいなかったです。

可能なら草上の昼食があれば、どうしてマネがあんなに批判されてしまったのか?

どうしてマネがグループ展には一度も参加しないながら印象派のメンバーから慕われ、新しい道を切り開いたのか?ということの理解がしやすかったのでは、と思いました。
(無理なのは充分承知の上での妄想です

普通に印象派がお好きな方ならとても満足される内容かと思います。

来月までなのでお好きな方は是非。