こんばんは!
今日はウルトラスペシャルミラクルなことがありました。

ご縁がありまして、Vineに面白い動画を沢山アップしている
Reika Oozekiさん
H!RAさん
もりすけさん
とお話しさせていただきました!

日頃から、
『最近の若けぇ奴らは何を考えとんねん…わからん…まじつら…マックでバイトしよ…』
とうんうん唸りつづけていて半年経ちましたが、
今回ようやく
世界的に有名な若いVinerズとお話しして、今月2度目の目から鱗がボロボロ剥がれる体験をしました!

皆さんとてもしっかりしていらっしゃる…

というのが、全体の印象。


将来の夢ややりたいことがきちんとあって、それを叶えたいという気持ちがすごく伝わってきました。

そして、何かに熱中できることが、たまたまスマートフォンのアプリというコンテンツだったこと。

きっかけも、
たまたま好きなアーティストが使ってたから。とか、
テスト勉強の息抜きにノリであげてみた。
とか、
特別有名になりたくて始めたわけじゃないっていうのが印象的でした。
フォロワーも皆さん何万人もいるのですが、あくまで一般人だよ!とお話しされてたのが印象的でした。


皆さんのお話を伺いながら、色々と自分の高校時代を思い出していました。

自分の高校時代は話題の情報元の大半が
『テレビ』『音楽、CD』『雑誌』『深夜ラジオ』
って感じでした。それが最新ソースであり、知るべき情報でした。
自分から情報発信するなんてありえなかったし、話題は誰より早く知るべきもので、常に受身でした。ホームページもほぼ無いに等しかったし。
できてラジオに投稿するか駅の伝言板に『合言葉はbee』と書き込む位ですよ(古い


でも、彼らにとっては情報元は
『有名人のTwitterやInstagram』『Youtube』『ブログやサイト』であり、フォローさえしておけば自動で情報がはいる。分からないことはすべてGoogle先生が教えてくれる。
その気になれば『ニコ動』や『ツイキャス』で発信することができる。

この差は大きいなと改めて感じました。

『Vine』が面白いと思っている理由は、画像より何倍も情報量が多い動画という形式を使い、更に6秒の制限を加えることで、等間隔でコンテンツを消費してシェアできる手軽さがあるということです。
発信側も、決まった6秒間の中で、オリジナリティを最大限に発揮できるよう色々な工夫をしています。
さらに、最初から海外のサービスを日本でも使えるっていうのが大きいかな、PCの世界観じゃこうはならなかったでしょう。YoutubeやTwitterだって認知されるのにすごく時間がかかったけど、Vineはリリースされてまだ2年。
スピード感が全然違うし、学生でもローカライズされてなくても面白ければつかってくれるんだなーということを改めて。
(もうネットはアーリーアダプターだけのものじゃないよ!)
新しいオモチャを使い倒せるのは、若い子達の発想力や遊びゴコロなんだろうなー…

全ての若い子にそういう行動力があるわけじゃないにしても、こうして新しいサービスを使いこなして、自分たちのフィールドに取り入れていってる姿はとても新鮮だし、打てば響くのはとても楽しいなと感じました。

逆に、今まで確固たる基盤のあった業界が苦境にたっていて、免罪符のように
『若者の⚪︎⚪︎離れ』をうたっていたりもしますが、価値観や世界観が根本的に違うことを心の底から感じて変わろうとしないと、どんどん差が広がってしまうように思えてなりません。

反面、スマホがあればなんでもできるわけじゃなく、まだまだ、不便なことはたくさんあります。
彼らのようなスマホネイティブ世代を熱中させられるサービスをどんどん作っていきたいと改めて強く思いました!!