image


ギークな界隈の人にはとっても有名な村上総裁が主宰する「ふくゆき会」というのがありまして、こっそり参加しています。

ふくゆき会は総裁と一緒に飲んだりたべたりわーいっていう会だと思っていたのですが、本当はもっと深い趣旨がありそうですが詳しくはまだわかりません。


今回は「マグロ解体ショー」というイベントをされるという事で、先週の日曜日に行ってきました。
詳しくはこちらの総裁のブログをご覧ください。
ふくゆき会でマグロを解体して寿司にして食べる会、152名来て頂き有難うございました!

会場は表参道の素敵な感じのイベント会場でした。
こんなところで鮪さばくの?と一瞬帰りたくなりました。

最終的に参加された方は150人を越したという事で総裁の集客力すごいなと思いました。
受付はA8.ネットの綺麗な方と渋谷界隈で知らない人はいないんじゃないかっていう位顔が広くてかわいいミヤちゃんがやっていました。

総裁とまぐろ
image


一番盛り上がっていた、胴体のところから赤身が出てきたときでしょうか。
人だかりができていたのであまり見えなかったけど…
奥の方まで参加者の方がスマホを上にあげて撮影されていました。

image


鮪の解体について説明してくれた職人の方。
今回は35㎏のクロマグロだったそうです。


image


歓談している間にも、どんどん解体されて、お寿司とお刺身がふるまわれました。
職人さんの早業で切り身になっていきます。
すごく盛況で解体してから1時間もしないうちに完売となったようです。

image

当日はお酒の持ち込み可という事だったので、お祝いも兼ねて2本のロゼワインをもっていきました。
一つは本当に家で転がっていた軽いボルドーのミシェルリンチというロゼです。
カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨンメインでかなり辛口のものでした。
香りが強くなく食前酒向きで、赤身の邪魔にならない感じでした。

もう一本は表参道の紀伊国屋で買っていったスペインのロゼのカヴァです。
本当はブランドノワールのシャンパーニュでも持っていこうと思ったのですが売ってませんでした。
代わりにソムリエさんおすすめの鮪にあうものを見繕っていただきました。
しかしこちらは気づいたらH出さんが美味しくいただいたという事で、元々イベントで用意されていたスパークリングワインを頂きました。
コノスル スパークリング ブリュットだったと思います。
シャルドネメインでリースリングとピノノワールのブレンドということでしたが、トロ部分の鮪によく合ってとてもおいしかったです!
いままでコノスルはあまり飲みませんでしたが、こちらは海鮮によく合います。おすすめです。
多分開栓してから少し時間を置いた方が香りが開いてくる感じでした。
と言う訳で個人的に探していた、気軽に飲めるニューワールド系のスパークリングを見つけることができて気分が良かったです。
image


普段よく会うエンジニア系の方とかが多いかなと思いきや、こういう会に初めて参加した方が多かったようで、
ちょっと新鮮でした!
総裁ご馳走様でした&お疲れ様でした★
また楽しいイベントを企画してくださいね。