P3159716

元旦に、こういうエントリーを書きました。


あれから3ヶ月...

定期的に振り返らないと多分「来年から本気出す!てへぺろ☆」になりそうなので振り返る!!
やー。
ーーー

◆ Suicaを失くさない
失くさないでしょ、普通
という突っ込みはなしでお願いします。

失くしませんでした!!!!!!
ヤッタ!!!!!!!

これなら定期にしても大丈夫かも!?!?
(年末に定期を買った次の日に紛失した)
きっとコリラックマのホッカイロケース(をむりやりスイカケースにしてる)のおかげだ!
でもちょっと人目が恥ずかしいよ???
皮じゃないパスケースがほしぃ。

◆ 自炊
本当にこれが一番難しいような…
うちの近所にスーパーが無いとか帰るの遅いとか色々言い訳をしつつ…
しかし最近は2週に1回位は自炊できている気が。
少なくとも週2位はお家でご飯食べるようになってきました。
すぐに買い足しできないので、乾物と缶詰などのストック食品を組み合わせて使って、
サラダとメインと味噌汁を30分位で
用意できるようになりつつあってちょっと上達した感じがします。
最近お気に入りなのは高野豆腐とお麩。美味しい。京都の人になりたい。
やっぱりガスコンロが2口あると大分違う...
あとはルクエ万歳。リゾットもつくれちゃうし魔法みたい。
4月からは食品を冷凍して解凍して作れるようになりたい。
先日パナソニックさんがこんなサイト↓をオープンさせていたけど、
ウィークック(WeekCook)ナビ
これすごく楽しみにしてます!
めざせストック職人←

◆ お酒の質をあげる、そして量を減らす

量→減った気がする!でも毎日飲んでる!
質→相変わらず氷結スミノフおいしいです^q^
母親から休肝日を作って週2くらいに控えろと言われましたがそんなの無理だ
まずは週5から始めよう。

◆ 仕事に関係のない本を月に1冊は読む
かなり趣味に走ってしまった…

おうち飲みワイン100本勝負 (朝日新書)
山本昭彦
朝日新聞出版
2011-04-13


山本さんのワイン本。シャンパンの本は去年10月頃読んでいてとても面白かったので、
「おうち飲み」の本もかなり期待して読みました。
感想はデイリーワインの評価ってすごい難しいんだなという事。
高価なワイン=良いワイン、と言う訳ではないけど、お手頃ワインでおいしいワイン、の見分けをつけるのはかなり難しい。個人的には2000円〜3000円台ならかなり美味しいのが飲めるっていうのはわかるんだけど、読む人にとっては3000円の価格設定が高いか安いかで印象が変わってくるかもしれません。
とはいえ、1000円台で飲めるワインにまともなものを求めるのはちょっとどうかと…
(国産ワインはそれでも1000円台でもかなり良質のものがあると思ってる)
だって運送料に関税がかかるし、ワインの保存状態を考えたりすると色々怖いと思ってしまう。
それにしてもこの本を読んで改めて赤ワインの選定って本当に難しいような気がしました。
自分用には赤は買わないので誰かと飲んだりするとき用に買うのが一番緊張します。ブルゴーニュの特定産地の作り手のしっかりしたものが手に入れば良いけど、そんなの3000円じゃなかなか買えないし。
100本あっても自分が好きになれるワインはその中の20本位なんじゃないかなぁとか思ったりしつつ、いくつか試してみたいワインがあったので今度買ってみたいです。


ちなみにこちらが先に読んでいたシャンパン本。
著者が自腹で買ったりワイナリーまで出かけて行って確認したもので特におすすめなものを紹介している。そのため信頼性はあれど、お値段がとっても高いものが多くておいそれと買えません。
だって今一番飲みたいジャック・セロスなんて17000えんもするんだよ。やだー。
紹介されていた中でいくつか飲んでみたけれど、やっぱりヴーヴ・クリコは辛口で和食にも合うし好きです。




ベートーヴェンの交響曲第九番という1曲の作品に焦点をあてた本。
こちらは2011年に出版されたのですが、冒頭に震災直後の4月10日に演奏されたズービン・メータ指揮×N響の公演について触れておりました。こちらはテレビでも何度か放送されていたし、私も偶然観ることができたのですが、思わず涙がこぼれてしまいました。
震災直後で自粛ムードが漂っていた東京で、海外のアーティストが公演キャンセルが続く中、外国の著名な指揮者であるメータ氏がチャリティーコンサートに第九を選択したというのが印象的で、心にこみ上げるものがありました。
この時に選ばれた曲のイメージは「追悼」でしたが、かつてはヒトラーの国威掲揚として、また戦後復興の記念曲として、年末の風物詩として、ヨーロッパ融合の曲として世界中で演奏されています。
個人的にもベートーヴェンの交響曲は好きなので、彼がどのような経緯でこの作品を作ったか、またその解釈を過去の作曲家たちがどのように向き合ってきたかなど、非常に興味深く読むことができました。
何度聞いても、その指揮者と演奏家、ソリスト、合唱団によっての表現が全く違うように聞こえるとても面白い作品だと思います。それだけ魅力的であり魔物のような作品なのかもしれません。


◆ お店の運営とかやってみたい
→こちらは全く手つかず。Stores.jpのドメインだけ取って放置しています。
まとまった時間を作ってアクセサリー作りをしたい...

◆ 資格を取る
→資格というか勉強するという方が近いかもしれません。ひとまずやることにしました。
家だと集中できないので渋谷の中央図書館にいっているのですが、受験シーズンが終わったからか、勉強机のコーナーががら空きになってました。わかりやすいw
かなりの蔵書数で、図書館にいくと読んでみたい本が沢山あります。
しかし勉強しに行ったのに本を読み始めてしまうという悪循環に陥っています。

次の振り返りは7月くらいにするぞー。