あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。

 


 f:id:amer_sucre:20130504161152j:plain


5月の話になりますが、東京国際フォーラムで行われていた


ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2013のコンサートにいってきました。


申し込んだ公演はラムルー管弦楽団/フェイサル・カルイ指揮/ピアノソロ小山 実稚恵の


ラヴェル縛り。亡き王女のためのパヴァーヌ、ピアノ協奏曲 ト長調、ラ ヴァルス。


 


クラシックのコンサートに行くのは2011年12月25日に大阪のシンフォニーホールで行われた大阪フィル・井上道義さんの第九以来なのでかなり久しぶりになってしまいました。


本当はもっと頻繁に行きたいのですが平日18時半開場19時開演に間に合わせるのは難しいので、やっぱり中々行けないです。


22時くらいからミッドナイトコンサートとかやればいいのに…


そういう意味でLFJはゴールデンウィーク中に一日中開催するお祭りなのでとても気軽に参加できます。


今回申し込んだのは佐渡さんが昔在籍していたラムルー管の公演を聴いてみたかったことと、ピアコント長調を久しぶりに聴きたかったからです。


ほかにもいろいろ聴いてみたい公演が沢山ありましたが、あいにくすでに完売。


19時からの公演だったので夕方に出かけていきました。


混雑していましたが、屋台が出ていて野外コンサートも行われていて、かなり楽しい雰囲気。


今年はパリ、至福の時というテーマで、フランス系の作曲家がメインで取り上げられていました。


f:id:amer_sucre:20130504163418j:plain


スパークリングワイン!


テンションあがりますね。ほかにもビールやサングリアなんかもあって昼下がりに飲みながら音楽を楽しめるなんて最高じゃないか。てな感じです。


 


このイベントは有楽町・丸の内界隈で街をあげてのイベントになるので、期間中こんな催しもしていたようです。↓有楽町駅前でフラッシュ・モブ



 フラッシュモブって海外ではかなり流行ってますが日本ではあまり見かけない...これ見たかったなぁ。

19時からの開演に間に合わせて東京国際フォーラムのホールAへ。


5000人収容でほぼ満席って相当ですね。チケットが破格なんですが改めて集客力の高さを感じました。


パヴァーヌは甘美でただただ美しくて涙腺がゆるみそうになりました。
ピアコンはのだめでも使われていたしかなり有名だと思いますが出だしのピアノの音が美しすぎて鳥肌。小山さんのピアノとても心躍る素敵な演奏でした。


個人的にも軽快でジャズの空気が感じられるこの作品がとても好きです。


La Valseは初めて知ったのですが原曲はラムルー管がかつて初演した曲だったのですね。


退廃的に変化していきながら、とても華やかな演奏で心地よかったです。


 


演奏終了後、客電がつかないなと思っていたら主宰のルネ・マルタン氏が登場。
『ラムルー管はLFJ東京では初の登場ですが、日本とはとても深い縁があります。
17年間、長い間日本人の指揮者とともに歩んできました。皆さんもご存知でしょう、ユタカ・サドさんです。』


えっ!まじで!


ホールにいた観客が全員奇声をあげていました。「えー!!!ぎゃー!!」みたいな。


クラシックのコンサートでこんなサプライズ、あり!?


佐渡さんの指揮、いままで見たことないし、しかもオケのメンバー増えてるということは演奏するんですか!
挨拶も程々におもむろに指揮台の上に。


そして流れ出したスネア。
ボレロだー!!!!


まさか佐渡さんとラムルー管で聴けるなんて、信じられない!!多分もう一生ない!!


アドレナリンが高まり過ぎてやばい!


佐渡さんが両手でオケを煽る度に熱がこもっていきました。とにかく熱い。


脳内ではこの前フィギュアで踊られてたコストナー姐さまのお姿とジョルジュ・ドンのバレエが再生されていました。


ラストはブラボーの嵐。


そういえばオケのメンバーも感極まったのか泣いていました。


1度のコンサートで、同じオケで、新旧の首席指揮者の演奏が2回楽しめるなんてことは通常では考えられないだけに、終わってからもずっと余韻が残っていました。


うまくいえないんですけど、やっぱり指揮者の価値観や音楽性によってオケの音ってこんなに違うんだなということが初心者でもはっきりわかりました。


 クラシックって結構敷居が高い雰囲気があってコンサートとかも中高年のお客様が多いし未就学児は入場不可だったりしますが、そんなに堅苦しくない感じで聴きに来れるのはとてもいい試みだと思います。 海外の有名指揮者の名演をCDで聴くのも素敵ですが、やっぱり生演奏ってライブなので、 演奏者の息づかいが直接感じられるのは躍動感があって、興奮します。 このイベントでは子供のためのコンサートもあって、情操教育にはぴったりだと思います。


  


公式のレポートはこちらをご覧ください。http://www.lfj.jp/lfj_report/2013/05/post-991.php


 


 


 


 今回も長いよ。 

f:id:amer_sucre:20130512003748j:plain


2013年にKRAFTWERKのコンサートが9年ぶりに日本で行われています。 
先行予約で購入できた2公演分をずっと楽しみにしていました。
でも、やっぱりどうしても見たい...先行予約でもすぐに売り切れになってしまった


THE MAN MACHINE.


当日券売ってないだろうな
でも赤坂近いから散歩ついでに雰囲気を味わってこようかな
なんて思ってたら、Twitterで当日券販売の情報が!!!Wirklich!?
思わず忘れかけたドイツ語が出てきてしまうくらい驚いたので速攻家をでました。


当日券に並んでいる方は3名、グッズに並んでいる方はすでに50名(!
信仰心の厚い方々が沢山いらっしゃいました。バッグを購入したい方は午前中から並ばないとだめなのかも...


無事に当日券を購入できました。ウドーさんありがとう。これで参拝できるよっ



f:id:amer_sucre:20130512004251j:plain


16時開場で、沢山の人が集まっていました。
全体的に赤とか黒とか青とかな服を着た人が多かった!
昔のTシャツを着てきてる人とかもいて、気合いはいってる感じでした。
みんなすごいうれしそうだった。


緞帳にはいつものグラフィックが浮かび上がっています。
今回は3−Dコンサートということでメガネを渡されます。
また、通常のコンサートと違うのは、8枚のアルバムの楽曲をテーマに毎回選曲が微妙に違うということです。
スマートフォンでの写真撮影はOKということで撮影した写真を掲載しています)


f:id:amer_sucre:20130512004318j:plain

 

そして、参拝...もとい
開演。

イントロのTHE〜で声援と拍手。
1曲目は THE MAN MACHINE

初めて見たときに感じた衝撃をまだ覚えてるくらい

VJが凄かった。

今はDJが後ろでVJ流すのは当たり前だけど、当時は凄いなって思った。


f:id:amer_sucre:20130512004340j:plain

 

後半。

AUTOBAHN,RADIOACTIVITY,TRANS-EUROPE EXPRESS

と定番曲が続きます。

RADIOACTIVITYは日本語歌詞で歌っていました。
5/12 追記:RADIOACTIVITYの日本語版歌詞は日本でだけ歌っていた訳ではなく、
ロンドンのTATE MODERNでも日本語版で歌われてたのですね。


(神の深い怒りと悲しみを感じました…思わず泣きそうになってしまった)
TEEはライブ向きの曲だと思います。
というか今回かなり重低音がゴリゴリいうようなアレンジをしていて身体が勝手に動きました。

 

そして、

NUMBERS

からの


この業界に入った理由の半分はこの曲です。

というのは嘘です。

でもこの曲を聴きながら作業するとすごく集中できるのでおすすめです。

 

 

f:id:amer_sucre:20130512004412j:plain

 

そして

一番好きな曲

COMPUTER LOVE

 

原曲もComputerliebeもTHE MIXバージョンも好きだけど
今回のもすごくすごく素敵だった〜

この曲はCOLDPLAYTALKという曲でサンプリングとして使われています。


 

f:id:amer_sucre:20130512004429j:plain

 

TOUR DE FRANCE は1983と2003の両方。

繋ぎの部分がかっこ良かったです。

 

今回とても嬉しかったのはEXPO2000(PLANET OF VISION)を演奏してくれたこと。このアレンジも凄い良かった〜クラブでかかってたら普通に踊れるよ。

 

 

f:id:amer_sucre:20130512004448j:plain

一番綺麗に撮れたHerr Ralf Hütter.

 

楽しい時間はあっという間ですね。

でも、正直また日本に来てくれるとは思っていなかったから

今回とても嬉しかったです。


大学生の時に初めて「THE MIX」を聴いて以来、ずっと彼らの音楽を愛しています。2002年はずっと「COMPUTER WORLD」を聴いていました。その年の9月に初めてコンサートに行きました。Cité de la Musiqueというコンサートホールで、既にチケットはソールドアウトで、さらにその頃は全くお金がなかったけど、どうしても見てみたくて現地に行ってアラブ系の人から70ユーロでチケットを買いました。最初100ユーロっていわれたけど、超絶悲しい顔をしたら70まで負けてくれた(それでも正規の2倍だった)。


すでに開演していたので、慌ててホールの中に入ったとたん、その世界に引き込まれました。音と映像のシンクロがすごくて、まだまだ若造だった自分は、とても衝撃をうけました。


あの頃はSONYのVAIO4台でプレイしていました。


そして2004年3月に渋谷AXで行われたコンサートにも運良く行くことができました。新譜のTOUR DE FRANCEのツアーということでアルバムの曲をメインで演奏していました。スペーシーな感じに仕上がっていてとても感動しました。


あの頃は、まだYoutubeもSoundcloudもなくて、ライブの余韻に浸ることなんてできなくて、いわゆる新宿西口の怪しいCDショップでブート盤を買っちゃおうかな~なんてかなり本気で悩んでいたこともありました(でも結局お金なかったのでトリビュート盤買うくらいしかできなかった)


10年近く時が流れて、ようやく「COMPUTER WORLD」な世界観が現実なものになってきたなぁと思いました。


そして、今回の曲のアレンジがかなり今っぽい感じになっていたのも驚きの一つでした。さすがでした。音源欲しいなぁ。


ストーンズのミックジャガーみたいに、まだまだ現役で、長生きしてほしいです。

ちなみに、KRAFTWERKファンの多くが良く「神」とか「参拝」とか「詣で」とかいうことを言っているのですが、これはかつて日本にあった有名なファンサイト「KRAFTWERK神社」から来ているものです。サイトは閉鎖されてしまったのですが、情報量が多くて本当に参考になりました。
ありがとうございました。



 

 


f:id:amer_sucre:20130504184754j:plain


 雲丹が好きだ。


 


某キュレーションサービスでおいしい雲丹が食べられるまとめを作って、
(「うに」「都内」でぐーぐる検索するとトップにでます。)
会社の有志で「雲丹会」として月に1回程度、おいしいウニを食べに行く(ついでにおいしい日本酒やらを飲んだりする)活動をしています。

この前みんなで飲んでいるときに、銚子においしいウニを食べられる店がある、という話がでて、

じゃあいつ行くのか?

「今でしょ!」

ということで、春の遠足に行ってきました。

せっかくなので、春っぽいことをしたい、という希望でイチゴ狩りもすることに。

当日は雨だったんですが、雨天決行〜!
途中、幕張のPAに立ち寄り、柏餅をぱくつきつつ


川口イチゴ園さんへ。
「アイベリー」という品種がまいうー!ということで、そのイチゴ畑につれてってもらいます。


f:id:amer_sucre:20130421115043j:plain


どーん。
ハウスの中なので雨も関係なかった☆
一面のいちごちゃん。甘〜い香りが広がる乙女空間☆
しかもこの天気でイチゴ狩りに来る人もいないので貸し切りでした。


f:id:amer_sucre:20130421114307j:plain


いちごかわうぃぃよいちご。
30分で1500円位だったかな?

○○狩りにくると半分以上写真撮るのに時間を使ってしまう。
食べろとおこられたのでちょっと食べた。甘くて酸っぱかった。


f:id:amer_sucre:20130421115252j:plain



イチゴの白い花と赤い実ってウェッジウッドの茶器を彷彿とさせますね。
ちなみにお土産も購入できます。家に帰ってまた食べられるのもいいですね。

そして…
話題のウニが食べられる本日のお昼はこちらで!
魚料理 常陸


f:id:amer_sucre:20130421144736j:plain


銚子まで東京から2時間半くらいかかったような..


志村けんさんや有名な人たちもロケなどで訪れているようでした。
お店の中はお昼も過ぎているのに人がいっぱい。
お座敷に通してもらって、今回はお昼の丼ではなくお刺身メインで注文しました。


f:id:amer_sucre:20130421133804j:plain


お刺身の盛り合わせ。白身魚が多めでうれしい


f:id:amer_sucre:20130421134514j:plain


 


ぼたん海老
頭は外してあります。


f:id:amer_sucre:20130421134622j:plain



金目鯛。甘くておいしかった
ほんでもって


f:id:amer_sucre:20130421133809j:plain


ウニです。どーん。
2人前頼みました。これは1人前分。

甘くておいしかった〜!!



今までいろいろウニを食べてみて、種類とか、保存の方法とか、いろいろ味が変わることがだんだんわかってきました。


北海道から直送でおくってもらったウニはとろけたし、おいしいお寿司屋さんのウニは上品なお味でした。イタリアのカプリ島で食べたウニは塩辛かった。
千葉で食べたウニは格別に甘くておいしかった!


きっといちごのせいかな。


 


帰りに銚子のウオッセというところでお土産に銚子のぬれせんべいとヒゲタ醤油を買いました。
銚子は醤油が有名なので、今度は工場見学に行ってみたいな。


今回日帰りの12時間の小旅行だったけど、車でみんなでわいわいいいながら
お出かけできてとっても良かった。


 


会社で知り合った仲間と、たまにおいしいウニを食べて、おいしいお酒を飲んだりして、
っていうのはまぁよくあることだけど、土日にみんなでどこかにいく機会っていうのはあんまりない。
だから、沢山写真を撮ったり、PAのたこ焼きで笑い転げたりっていうのが、すごく楽しかった


また近いうちにどこかに行きましょう。
つぎはさくらんぼ狩りからのウニで!


 


 


 


 


 


 

 

 

f:id:amer_sucre:20130425012441j:plain

 

 

 

4/23に五反田のゲンロンカフェで行われた「enchantMOON」のタッチ&トライ会に
いきました。
20時頃の時点でかなりの人がいて、カフェに入るまでに1時間位。静岡から来たという方もいらっしゃって、注目されているデバイスなんだなぁ〜と思いました。

先日行われたABC2013SpringでもUEIの清水さんが講演されてましたが、
「enchantMOONはプロダクトというよりプロジェクトである」

というお話をされていたことと、プレゼンテーションの資料がとても美しかったのが印象的でした。

文字の羅列ではなく、視覚的なキーワードに特化した形で、人の感情を揺さぶるようなお話をされていて、会場の皆さんも熱心に聞き入っていたことが記憶に残っています。

 

 


f:id:amer_sucre:20130425012509j:plain


 

 

ゲンロンカフェ、初めて行きましたが、ライブ会場みたいになっていました。
この日は一日中イベントをされていたそうですが、この製品の「コンセプト」に

ついて夜遅くまで熱のこもったお話をされていました。

 

 


f:id:amer_sucre:20130425012533j:plain


 

 

 

実機を少し触らせていただきました。
本当に少しだけだったので、まだあまり使い方がわかっていませんが、画面上に円を描いて、その中にコマンドを書くと機能が立ち上がるという面白い動きをします。

写真はcameraと書いてカメラを立ち上げた状態です。

「子供に触らせたくなるようなものにしたい」というのがとてもよくわかりました。

手書き入力に特化したデバイスということで、私みたいになんでも付箋に書くけど付箋のノリがつかなくなって気づいたら付箋がどこかいってる、みたいな人間にはとても良いんじゃないかという気がしています。(後ろ向き)

 

 

 


f:id:amer_sucre:20130425012544j:plain

 

 

 

せっかくなので記念に撮らせてもらいました。実際にはこんな使い方はしちゃだめですよっていわれましたが...

もう予約済みなので、実際に到着したらまたいろいろ試してみたいです!

 


 

 

 



 


 

 

f:id:amer_sucre:20130417232409j:plain


 


 


 AKBの31弾シングルのタイトルが「さよならクロール」に決定したということで水着なら優子さんがセンターなのかしらとかちょっと思った今日の16時です。


AKBは全く詳しくないんですが、去年の「GIVE ME FIVE!」あたりからちょっと興味を持ち始めてカラオケで振りコピしたのも結構大きくて、さいきんでは映画に行っちゃったりぐぐたすフォローしちゃうくらい気になってます。
まだライブとかは見てないんですけど、ともちんが卒業する前に一回くらいは劇場公演に行ってみたい。
好きなメンバーは大島さんとまりこさまとさえちゃんとあきちゃとじゅりなと島田さんです。
たぶん元気なキャラのこが好きです。
完全にSPEEDとか、Britney Spearsの世代なので、完璧に歌って踊れる子たちじゃないAKBはそんなに好きじゃなかったんだけど、最近はあっちゃんもやめちゃったし、将来について悩んでそうなメンバーも多そうで、曲が好きっていうより人が好きなのかもしれない…。



タイトルと関係ないですが、Posterousがもうすぐクローズしちゃうということで、インポート先どこにしようかと迷っているうちに終了しそうな予感が満載です。
といっても3回しか書いたことがないから別にいいんです。
良くないのは買収されてクローズされちゃうサービスの子たちの事です。

買ったらそっ閉じが常套手段なFacebook様によって愛用してたサービスがじゃかじゃかなくなってた
2012年。【最新版】Facebookがこれまでに買収してきた企業まとめ

使っててつぶされた系→


Sharegrove


Gowalla


Beluga


Spool


Gowallaとかめっちゃよくできてたし、UIデザインもかわいかった
Belugaはかわいらしくて、Pushの音も面白くて、あんま好きじゃなかったけどアイコンかわいかったからいれてたの
なんで、買っておいてつぶしちゃうのか
そして、つぶしといて自分のサービスにうまく還元してくれないのか


謎い。


Facebookのデザインがかわいくないって言っているわけではないけど
今日のアップデートの部分的な変更を見たときに、(使っているうちになれるのだろうけど)
既存のスクエアからラウンドのサムネイルに一部変更になっていたところが、
ノイズな感じに思ってしまって、あとテキストフォントの色がブラックに変わっていて
それでいいのかと思ってしまった


instagramがつぶされた系になっちゃったらほんとうにつらたんです


Posterousが終了することで、私はあんまり使ってないけど連携できる外部サービスが結構あったのでアカウント持ってた程度でしたが普通にガッツリ使っていたら結構悲しい
いちおうOverblogで移行できそうな感じなので今月中に試してみよう。

Webサービスもアイドルグループも桜のようなもので
栄枯盛衰が激しいし一瞬で散ってしまうことも多々あるシビアな世界

がんばろうっていうとボスは嫌がるけど
がんばろう。


 


 


↑このページのトップヘ