あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。



人にはあまり公言してませんが、チョコレートが好きです。

きっかけは大学一年の時に、今は亡きプランタン銀座にテナントで入っていた某パティスリーでバイトしたことに端を発します。


本当になんも考えてなかった自分は、そこで出会った製菓の専門学校生と知り合い、ゼネラリストよかスペシャリストこそ世界に必要となるべき!と思い知らされたのでありました。

そして自分の興味に没頭した結果フランス語とフランス語訳の師匠に出会い、廃棄になるフランス菓子を友達や教授に配りまくり恩を売りまくり単位を取ってました。

閑話休題。

その時代に一生分の生クリームと戯れた所為で、未だに生クリーム恐怖症ではありますが、茶色の誘惑には勝てません。

茶色マニア御用達のサロンデュショコラには、かなり毎年行ってましたが、伊勢丹も相当な鬼具合で、ここ最近はNSビルや国際フォーラムというガチな場所になったので行かなくなりました。

かわりにインターネットの利便性を最大限に活かし、パリのショコラをネットでポチクラしてましたが、







アルノーラエール!

日本に配送不可とか舐めとんのか!

2017年やぞ!ガチギレ


悔しすぎるので高島屋オンラインでポチりましたぜ。


今年はあとパトリックロジェ先生をネットでオーダーして、
マリベルを京都で買う予定。


あとはビーントゥーバー系を幾つか。

バレンタインは幾つになっても楽しみ!


手作りチョコレート🍫したい人はカカオ豆をもぎに行って、どうぞ

よくある、論調…
若い世代は「金が無い」
だから
「服を買わない」
「海外行かない」
「車買わない」
「音楽にお金かけない」
という、聞き飽きた話。

本当にそーかなー。
と思うことがあります。

アパレルが瀕死の状態なのは若者がファストファッションばかり買うからとかフリマアプリで古着の売買が定着したからとか聞きますが、それだけが理由だとは思いません。


確かにもしかしたら
バブル世代みたいに羽振り良くない時代だし、
コギャル世代みたいにブランド武装しなくても良い時代。
雑誌やテレビなどのメディアによる一方的な発信が通用しない世代は、
もっと狭いコミュニティ上での流行を重視しています。

原宿には今日も若者が溢れ、
竹下通りの混雑は阿鼻叫喚もの。
ガラクタしか売ってないような街だけど、ものすごく賑わっています。
別に何を買うわけでも無いのに、週末になると竹下通りを通るだけで1時間はかかります。
クレープ、とか、パンケーキ、とか、ロブスター、とか、餃子、には未だに行列していたり… 

若者がお金が無いのはいつの時代だってそうだけど、
今の子達は自分にとって本当に必要なものかどうかのジャッジが非常にシビア。

皆が持ってるから欲しい

テレビで流行ってると言ってたから行きたい

という価値観より、
自分にとってそれはお金を払うほど大事なものなのかどうか?
に重きを置いているように見えます。
それが例えば好きな海外アイドルのプロデュースするアパレルなら、オンラインストアから輸入して買うし
好きなアニメのガチャだったらお目当てがでるまで回すし
クラブイベントがしたかったら、高校生でも箱を借りて必死で告知したりしています。  

限られたお金の中で自分がどうしたら楽しめるかだけ考えてるように見えます。

消費するチャネルが増えたぶん、どこで何を買えば自分にとってメリットがあるかを冷静に判断しています。

逆に買わなくてもいいものはシェアリングエコノミー、という発想がこれから益々進化していきそう。

それは自分にとってはチープシック、パリジャンの生活に通じるところがあって、なんの違和感もなくて、寧ろ賢い生き方なのではないでしょうか。

その考えはとてもミニマルで良いと感じる一方、ただ良い製品を作るだけでは売れないから、心理戦に走ったり、人の恐怖や不安を煽ったり、インパクトや理由づけ、ストーリーセットをしないと見向きもされなくなるのかなぁ…と思うととても怖い。

良いものを作る人が良いマーケティングができる訳ではないから、お金を払う必要が無いとジャッジされたらその業界は廃れてしまうのかと…。

ナノ・ユニバースやローズバッド閉鎖の話を聞いて、色々考えてしまった夜でした。
TSI、「ナノ・ユニバース」10店前後を閉鎖 https://www.wwdjapan.com/card/369553/?taxonomy=8751

PC310292

年末年始になると行きたくなる街、浅草。
観光客が多いのでストリートスナップを撮りやすいためしばしば遊びに行きますが
年の瀬の全体的に高揚感のある風情が好きで毎年大晦日に訪れています。

毎年行くことはほぼルーティンで、
まず年越し蕎麦をランチに食べ、
浅草演芸ホールから公会堂の前を通り傳法院通を歩き、
仲見世通りから浅草寺に参拝に行っておみくじを引くのが決まりです。
今年は大吉を引きました。やったー。

おみくじを引いたら待望の人形焼き巡りです。

いつもは亀屋さんの人形焼を食べています。
亀屋
 http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=74
伝法院の手前にあるお店です。
こちらの人形焼は皮が非常に薄くて餡がびっしり入ってるところ!
焼きたては少し香ばしくて大好きです。あと袋が可愛い。
人気があるのでいつも並んでます。並んでいると甘い香りが漂ってきてたまりません。
日が経つとしっとりとしてきます。

今回は冒険して他のお店の人形焼を食べてみました。

ハトのマークの木村家人形焼本舗
http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=79
亀屋さんの少し先、浅草寺よりにあるお店です。
PC310324

こちらはややしっとり系の柔らかい人形焼でした。
鳩・五重塔・提灯・雷様の4種類の焼き機で焼いています。
あんなしのカステラ焼きもあります。
撮影している間、フランス人の男の子が窓にへばりついて、
「食べたい!食べたいよパパ〜〜」と泣いていました。泣くほど食べたかったのね・・・

木村家本店
http://www.asakusa-nakamise.jp/store/pop.php?sid=92
浅草寺から一番近いところにあるお店です。
帰りに行くとすごい誘惑で食べたくなります。
 PC310314

こちらの人形焼が一番カリッカリでした〜!
私はカリカリ系が好きなので好み〜〜。
1日おくとしっとりしてきます。
あんなしの人形焼も用意できるみたいです。
http://www.kimura-ya.co.jp/  
唯一HPがありましたので紹介します。

人形焼を食べ歩き、なんてとっても楽しかったです。
ちなみに仲見世通り商店街には他にも揚げ饅頭、雷おこしのお店がたくさんあって、
こちらも食べ比べしてみても楽しそうだな〜と思いました。

近々また行ってこようと思います。 



今年の目標。
フィルムで写真撮る。

自分が写真に興味を持ったのは、やはり祖父の影響が大きい。
自分の祖父はカメラが大好きだった。
亡くなって遺産整理でかなり早い段階でコレクションされたカメラは売却されてしまい、ショックが大きかった。
失意の中、たまたま開けた引き出しの中に
(絶対にそんなところにカメラがあるはずないのに)
見つけ出したOLYMPUS 35 RC。
不思議に思って、こっそり持ち出した。

そのカメラを手にしたまま、ずっと使っていなかったのだけど、
一昨年赤城耕一さんから、
「せっかくだからそのカメラで撮ってみなよ。」
と言われ、
去年MOTOKOさんから、
「あなたにはフィルムが合っているのかもしれない。」
と言われ。

奇しくも去年はプレビューによる恐怖を味わい続けていたので、
その場で確認できないことは、自分にとっては気楽に思えたのだった。

前に書いた恵比寿の大沢カメラでフィルムを買って、少し見てもらったら
電池で動く部分はもうだめらしく、絞りもF8以上は開かなくなってしまっているらしい。
そこで新宿のオリンパスサロンでこのカメラが実際に動くのか見てもらった。

シャッターは切れそうだったけれど、フィルムの入れ方もよくわからないので、
教えてもらおう、と思った。

45年前位のカメラを持って行って、動きますかね?
なんて、よく考えたらおかしい話だけれど、
オリンパスの社員の方はとても真面目に見てくださった。

マニュアル撮影ができるカメラなので、
多少いろいろいかれてしまっていてもなんとか撮影はできるようだった。
 
自分にとってはF8だと暗いな〜。。。って少しがっかりしたけど、
逆にシャッタースピードやISOでなんとか調整すれば、曇りや晴天なら撮れるような気がした。
そして色々覚えるいいチャンスになるだろうと考え直した。

実際にシャッターを押してみると、
もうそこにはいない祖父が、
カメラと一緒に側にいてくれるような、不思議な感覚に陥った。

自分が求めていたことは、こういうことなのかもしれないと思った。

2017年の目標は、
フィルムで写真を撮ること。
そして、今まで絵空事で終わらせていた「夢」に一歩でも近づくこと。
いつか、日本のいろんなところに住んでいる、たった一人で生活している、年老いた人々にとって、一瞬でもいいので、これがあって良かったねって思ってもらえるものを作りたい。
それはサービスでなくてもいい。
この5年ずっと同じことを考えていた。
それはなんとなく今のウェブサービスの主流の概念とは少し違うのかもしれないとも思う。
でもやってみたい。
できるかどうかは全く分からないけど
言葉にしていくことで、どこかの誰かが拾ってくれることを、何となく分かっているから。
そういう風に思えたのも、写真を撮るようになって、色々気づかせてくれたから。

これはやはり、祖父のおかげだと思う。
 


いつも楽しく拝見している
弐代目・青い日記帳 
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4579
さんの
2016年 展覧会ベスト10を拝見し、
自分もとても心に残った展覧会について、
書き記しておこうと思います。 

とはいえ、順位をつけられるような審美眼は持っていないので、
また見に行きたい展覧会だった、という観点で
考えてみました。
個人的に思い入れがある埼玉県立近代美術館の企画展と、写真展が多いです。 


・「カマキン」最後の展覧会 鎌倉近代美術館 鎌倉館
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/museum/exhibitions/2015/kamakura_part3/

DSC_0233

閉館前のラストの展覧会。
日本で最初の公立近代美術館として、意欲的な展示と収集・保存を行ってきたことが、
コレクションから浮かび上がるような、本当に素晴らしい展示でした。
研究・収集・展示・保存…美術館の原理原則について、熱意のある活動を行ってこられたことが、
浅い自分でも理解できました。

・原田直次郎展-西洋画は益々奨励すべし 埼玉県立近代美術館
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=327
1ヶ月強の会期の短い展示でしたが、とても話題になっていました。
そして、36歳という若さでこの世を去った作家の、意欲的な作品の数々に、
100年ぶりの個展という事実に、胸を打たれました。

・ジャック=アンリ・ラルティーグ 幸せの瞬間をつかまえて 埼玉県立近代美術館
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/?page_id=330

ラルティーグの160点のプリント。
1/3は本当に幼少の頃の、ドキドキするようなワクワク感のある記憶の瞬間の連続。
それは彼の個人的な体験のはずなのに、
なぜかとても普遍的な子供時代の記憶のように自分ごとの映像として
追体験できるのが何故なんだろうと思いました。
いつまで見ていても飽きない、とても楽しい時間でした。

・ライアン・マッギンレー BODY LOUD !  東京オペラシティ アートギャラリー
http://www.operacity.jp/ag/exh187/
日本の美術館では初の個展だったそうです。
オペラシティのギャラリーのとても広々とした透明な空間の中で、沢山の人々の裸を見ました。 
とても不思議な体験でした。
極限状態の中に置かれた裸体は「人間」のそれではなく、
時に単なる物質的なものに見え、
時に神や妖精のような神々しさもありました。
洪水のような裸のポートレートは、「人間であることの肯定」
という真逆の印象を受けました。

・木村伊兵衛 パリ残像 美術館「えき」KYOTO
http://www.kyotodeasobo.com/art/search/museum/isetan/kimuraihee-paris#.WGf1wraLTHc

IMG_2213

木村伊兵衛がブレッソンやドアノーらと一緒にパリを歩いて撮影した130点の写真群。
撮影時期は1954年、55年。
フランス特有の言葉で「フラヌール(遊歩者)」という概念がありますが、
とてもシンプルな目線でパリの日常を切り取っています。
自分は、自分には、多分撮れない。本当にそう思いました。
今から70年位前の人が、しかも東洋人が、こんな風に街並みを、
人々を透明な心で撮れるものなんだろうか…。
そんな風に思いながら見ました。

・KYOTOGRAPHIE 2016 Circle of Life|いのちの環
http://www.kyotographie.jp/2016portal/outline
IMG_2313
KYOTOGRAPHIEは正しくはKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2016 という名称であり、
写真がお好きな方は時間があればぜひお勧めしたいイベントです。
個人的には、アルノ・ラファエル・ミンキネン氏の
YKSI: Mouth of the River, Snake in the Water, Bones of the Earth
が非常に印象に残りました。
マッギンレーの表現するヌードとはまた異なる表現のヌード。
そして建仁寺 両足院を舞台にした展示が死生観をより一層際立たせ、
とても神秘的な印象をもたらしていました。

・ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉 東京都庭園美術館
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/160116-0410_galle.html
エミール・ガレの展覧会は毎年なんらかの形で開催されているかと思いますが、
今回はオルセー美術館蔵のガレのデザイン画も同時に公開されるとあって、
貴重な展示が多数ありました。
また、庭園美術館のアールデコ建築にぴたりと合致する作品たちは、
白い展示室に置かれる以上に、見事な調和をもたらしていて、
贅沢な時間を過ごすことができました。

・PERFORMING FOR THE CAMERA TATE MODERN
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/performing-camera
IMG_2517
前回も書きましたが非常に見応えのある展示でした。
カメラのために演じるということ、パフォーマンスするということは、どのような効果をもたらすのか?
翻って、撮影者と被写体と鑑賞者という三者にどのような影響をもたらすのか、どういう影響をもたらしたいのか、ということを深く考えるきっかけになりました。
写真には現実でありながら、虚構の世界を作ることができるということ、
簡単に自分以外の誰かになれるということ、
自分の中の何かを引き出すことができる装置だということ、
そんなことを考えることができるようになりました。

・ トーマス・ルフ展 東京国立近代美術館
http://thomasruff.jp/
image

こちらもこの前書いたけど、やっぱり後からじわじわくるというか、
またもう一度みたい展示でした。
来年金沢21世紀美術館で再度展示されるということで、また展示室の作りも異なる空間で
(円形になっているあの空間で)
どのように作品の印象が変わるのか、自分で見てみたいな、という気持ちになりました。
わかりやすいテクノロジーとの融合という観点とは少し異なる視点で、
こじらせている感じの雰囲気、好きです。

・ 杉本博司 ロスト・ヒューマン展 TOP MUSEUM
https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-2565.html
杉本さんのインタビューを見つけたのでご紹介します。
http://www.topmuseum.jp/contents/images/eyes/eyes87.pdf
メディアに対する考え方について、今年は様々な形で、アーティストや美術館の展覧会側が
こういう道筋なのではないか…ということを提示していたような気持ちになります。
或いは、自分が知らず知らずのうちにそのような展示を求めていたのかもしれません。
今まで普遍的にあったものが或る日突然消えてしまうことは特別なことではなく、
日常の延長線上に可能性として存在していること。
そして自分たちもまた消滅する運命にあること。
その時にただ、メディアだけは、ゆらゆらと残り続けていくんだな…
そんなことを考えました。

振り返ってみると本当に写真展ばかりでした。
というか写真展がとても良かったと思ったのです!

行列になる人気の展覧会にも足を運んだのですが、より印象が深く残ったのは上記でした。
2017年も空き時間を見つけてちょこちょこ来訪してみようと思います。 

↑このページのトップヘ