あいたむblog

ワインと音楽とアートと写真が好きなあいたむの日常。 たまたま見つけた誰かのために残しておくメモ。

京都国立博物館で開催中の開館120周年記念 特別展覧会「国宝」最終日に滑り込みで行って来ました。

http://kyoto-kokuhou2017.jp/

不肖ながら美術鑑賞に興味関心を持ち続けている身として、
国の宝と指定され、後世に残し続けるということを改めて尊いと感じました。


もともと伝源頼朝像が見たかったのですが、個人的に関心を寄せている仏画、特に十二天像の見比べが出来て感無量でした。
また孔雀明王像の表現が平安時代(日本)と北宋時代(中国)で全然違うことを改めて見比べることが出来て、尊い…!と口に出してしまうほど泣きそうになりながら見ました。

正直言って、こんなに感動したのはいつぶりだろうと思うくらいでした。
これまでそんなに日本の美術に興味が無かったのに。

国宝の公開基準は文化庁が厳しく定めており、公開回数は年間2回以内、公開日数は述べ60日以内なのだそうです。
そのため今回も4期に分けられて公開されていました。

尾形光琳「燕子花図屏風」は根津美術館にて定期的に鑑賞できるのですが、京都で見るという、
またすぐ隣に円山応挙「雪松図屏風」が並ぶという、U2の隣でオアシスが歌ってる的な、やばい感じの取り合わせで、尊い…!と口に出してしまいながら見てました(2回目)

なかでも一番衝撃を受けたのは東寺が保存している「国宝 両界曼荼羅図(伝真言院曼荼羅)」です。
仏像による世界観の表現のスケールに圧倒されてしまいました。
とても混雑していたのですが、じっくりと見させていただき、改めてアジアの哲学の深さについて勉強したいと思いました。

全国の国宝が集結する機会はなかなかないのですが、東京には東京国立博物館という日本で初めての総合博物館があり、
定期的に国宝や重要文化財を展示されているので、本当に多くの人に行ってほしいと思います。
私も久しぶりに行きたくなりました。







MERYは、だから支持された 一流編集者が語る“しがらみなき”メディアの破壊力
コンテンツの信頼性を高めるために小学館と組んで新しいMERYを作っていくというのは、答えとしてアリじゃないかな、と思っています。リスペクトを持って、今後MERYが作っていくものを見ていきたいですね。」

編集者のバイアスがかかった時点でそれは制作物でしかなくて、「押しつけ」になってしまうのではないのかな。 「正しいプロセスに基づいた」情報発信という文脈であれば、2013年~14年頃に自分がたどり着きたかった方向性の、専門家による完全検閲情報発信モデルになるんだろうけど、コンテンツとしての魅力があるかはまた別の問題であることも事実だ。
カモフラージュのためのインフルエンサービジネスなんかもあるんだろうけど、結局それって一方的な情報発信でしかない。
半径5メートルを歩いてそうな女子大生が「これいいかも♡」という気づきを同年代同士が消費できてたという事実。
それは編集モデルでは実現しない、鮮烈な美しさだったのだと思う。

「コンテンツの信頼性」の最高位が紙メディアだという論調で、「Zipper」の休刊と
「コンテンツの信頼性」の底辺がWebメディアだという論調で、「MERY」の復活が重なった。
2017/11/21という日は歴史的な日になると思う。



個人的な興味関心から、対話型鑑賞のワークショップに細々と参加をしている。

対話型鑑賞で大事なのは、ファシリテーターが作品理解をどれほど続けているかなんだと思う。
その場に集まる人は不特定多数で、言わばアドリブのパフォーマンスアートみたいに、どんな言葉が出てくるかわからない。
だからこそうまくコントロールしキャッチアップするスキルが必要。

今日は誘導の部分からオーディエンスの興味関心をうまく引きつけ、それを言葉にして引き出し、作品を鑑賞する時にいかに言葉を当てはめていくか、また世界観をどう理解させるか、がとても良くて、感動してしまった。

美術は、作品制作だけがアートではなくて、自分をどう表現するか、ということの一つの引き出しを作る手段だ。
そして、作るだけじゃなくて、他者の表現を見たり聞いたり話したりして、幅を広げていく行為だと思う。

子供達があんな風に無邪気な笑顔で、自由に、好きなように表現しているのを見て、自分の器の小ささに恥ずかしくなったり、その自由さが羨ましいと思ったり、した。

それはとてもキラキラと輝いていて、美しいと感じた。

そして、誰かが命をかけて制作したものを、見る意味があると理解して、いかに見せるかを考えて、人に伝えていくという一連の行為は、知れば知るほど魅力的に写るし、関わり続けたいと思ってしまう。

したい事とできることは違うと理解はしてもどこかで期待してしまうのはただの悪あがきかもしれない。

それでもあんなに美しい光景を見つけてしまうと、またその瞬間を目にしたいと欲張りになってしまう。

いつかこのことをちゃんとまとめてみたい。



2002年の大統領選。
人々は皆シラクとジョスパンの大統領、首相決選投票と思ってた。
しかし二次選挙に残ったのは、ジャンマリールペンだった。
あの時の衝撃は忘れられない。
奇しくも2001年の9.11テロで世間は連帯を強く意識していたときだ。
至る所でデモが起きて、壁の落書きがあった。

フランスの恥

そんな言葉が至る所にあった

中道左派から中道右派に変わりゆく中で、移民の影響から難民の影響が加算され、今回のジャンヌマリールペンの当選はある意味既定路線だった。
しかしまさかフィヨン、メランションを抑え、39歳の若造であるマクロンが当選するとは思わず、エマニュエルトッドがどちらにも投票しないと発言するなど、困惑の極みであることが判明した。

パリは思ってたより落ち着いてた。
しかし至る所で、まさかルペンには入れないよね、と囁くような声が聞こえた。

それくらい、隣の人が何を考えてるのか、わからなくなっているような、気がした。

今回の選挙は、これからのフランスの在り方を問う選挙だ。
それはつまり、今後のヨーロッパの行方を意味する。
果たしてドゴールとアデナウアーが結んだ条約は、100年持たずに終わってしまうのか。
多様性を否定する社会が、自由の国を飲み込むのか。
これまで静かにヨーロッパのことを見ていた自分も、今回は分からない。
ただ、信頼を置くしかないと思う。



美女と野獣は
子供の頃から大好きな映画で、
特にヒロインが待ってるだけのお姫様じゃなく、自分の道を選んでいるところがかっこよくて憧れていた。

昔ディズニーオンアイスで美女と野獣やってた時も見に行って素晴らしかったし
今回の映画は大好きなハーマイオニーグレンジャー、もといエマ ワトソンが出てるというので、予告を観ただけで涙腺崩壊レベルだったので、いつ観に行こうかと思っていた。

たまたまゴールデンウイークでパリに来てるので、久しぶりに映画でも見るか👀と思い突撃。
フランスの話だし、良い記念になった。

オリジナル版でフランス語字幕の3D。
美女と野獣はDVDも持ってたし繰り返し見ていたので台詞をそらで言えるほど覚えていた。
BELLEのテーマが映像化されたところで、エマワトソンが完全にベルで、泣きそうになった。

ここは静かな街いつも同じ朝
みんな目を覚まして呼びかける
Bonjour!Bonjour!

完コピ!!
プロの犯行並みにガチで、すごい。

強いぞガストンのテーマも凄いかっこよくてダサいとこが最高だし、

Be Our Guestといったら!!
思わず歌い出してしまいそうになるのをこらえた。
もし歌唱OK鑑賞会があったら、絶対行きたい。

これだけで見に行って良かったと思いました。

内容は美女と野獣ファンなら絶対満足すると思う。

更にアランメンケンの新作が映画に含まれていて、90年代のディズニー映画ファンとしては非常に感激してしまった。

野獣の優しさ、悔しさ、切なさが伝わってきて、ありがとうございます!!という気持ちになった。

そして、とにかく歌も上手いし、これまでずっとハーたんを演じてきたエマだから出来た演技で、所々ハーたんだったけどそこも良くて、今映像化してくれて本当にありがとうございますという気持ち。

とにかく映像が本当に素敵で、もう一度劇場でゆっくり見たいです。

↑このページのトップヘ